成長定義の違いに触れることに成長がある

新年が始まって、1月6日から、

個別の経営相談や、経営者グループコンサルで、毎日のように多くの方達とお会いできて、

ヘロヘロになりながらも、とても楽しく勉強させて頂いています。

 

中小企業の社長も、個人事業のオーナーも、大手企業のマネージャーの方も、

それぞれの業種業態や立場においての、

① 営業(顧客創造の力)

② 商品・サービス

③ 人事(採用・育成・モチベーション)

④ 財務

における、それぞれの課題を、いかに解決していくかを一緒に考え、目標に向かっていく生の姿というのは、

一つの経営は一つの人生とリンクしているということを改めて教えて頂けます。

 

ここに来る方というのは様々ですが、いずれにしても、

わざわざここに来るということは「今よりもより良くなろう」、すなわち「成長」意欲が高いということが共通点なわけで、

成長意欲など皆無なグダグダな私にとって(苦笑)、そういう方達と関われることそのものが、とても恵まれていることなのだろうと感謝しています。

 

そんな中、スーツ着用の日だったわけで、いつも通り「スーツは面倒だなぁ」と思いつつ、

それでも、私なんかはちょっとでもカッコ良く魅せたいという不遜なことを考えるわけですが(苦笑)、

 

スーツの日にいつも会う同い年の友人(長屋幸二・今年55歳)がいて、

この人もまた、さらに成長している姿を見ると(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

いかに自分がどうでもいいことに囚われているのか?と反省させられるわけです(笑)。

心身共に「太っ腹」とはこのこのでしょう(笑)。

 

時々、このブログに登場してくれる彼(長屋幸二・今年55歳)ですが、

お会いする度に、同い年にして、それぞれの人生の過程において、それぞれの違いが現れることを学ばせて頂けます(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

ちなみに2012年当時(笑)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ちなみに2013年当時(笑)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ちなみに2019年当時(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

そんな彼(長屋 幸二・今年55歳)も、近況報告をしながら、

55歳にして、昨年末に今までのステージから飛び出し、今年から新たなステージで、新たな挑戦をしていくとのこと。

大きな変化と共に、さらなる進化を感じさせられました。

(お腹の成長は共感できないにせよ(苦笑)。)

 

私のように、平々凡々と、安泰で安全圏で生きていこうとする平和ボケ権化のような者(苦笑)とは裏腹で、

人生もお腹も(笑)さらなる成長を諦めないような彼(長屋幸二・今年55歳)の人生観に、大きく影響されるのでした(笑)

(お腹の成長には影響されたくないにせよ(笑)。)

 

成長の定義は違えど(笑)、同い年である彼(長屋幸二・今年55歳)と共に、私も成長していこうと思った日でした。

(お腹の成長は別として(笑)。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人の「成長」定義は様々なれど、

人の成長意欲に関われて、できれば貢献できる自分でいながらにして、関わる人とと共に一緒に、私も私の成長定義なりに成長していければ、

こんなに素敵な人生はないと思います。

 

今年もたくさんの経営に携わる方達と関われる機会を頂きながら、

一人一人の人生と経営活動をリスペクトを実感しながら、一緒に成長させて頂きたいと思っています。

 

成長定義は人それぞれ違う(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2020年・ネズミ年フィギュア年賀状

年始恒例になりつつある、アホアホ干支フィギュア。

今年のネズミ、何とか完成させました(笑)。

やっと、今年の年賀状です(苦笑)。

遅ればせながら(苦笑)、今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

3日までに完成させようと目論みましたが、案の定、オーバーしました(苦笑)。

今年はネズミ年ということで、アメリカマンガに出てくるような、穴だからけのチーズから顔を出しているネズミをイメージしましたが、

何にでも貪欲にカブリつく意図となるのか、

やることなすこと穴だらけになることを予兆しているのか、

定かではありませんが(苦笑)。

 

ちなみに、チーズの穴からネズミ君を出すこともできるので(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

仕事していて飽きたり、イヤんなったり、考え事をしている時に、出したり入れたりして遊ぶことができます(笑)。

 

実は、20年程前に作ったネズミがあって(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

それなら、わざわざ作らなくてもいいとも言えるのでしょうが(笑)、

その年毎に、わざわざ考え事をしながら作るアホさ加減に意味があると思い込んでいるわけで(笑)、

正月早々、自己満足・自己完結満載の時間を満喫するわけです(苦笑)。

 

でも、そのお陰で、こうして、並べて遊ぶことができます(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

当然ながら、特に意味はありません(苦笑)。

 

さらに、20年程前に作ったTOSBOI君フィギュアも一緒に並べて(笑)、

こうして遊ぶこともできますが、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

言うまでもなく、特に意味はありません(苦笑)。

 

まぁ、作っている間に、今年の構想も固まりつつあるので、

(ホントはまるで固まってもいなかったりするけど(苦笑))、

今年一番最初の、考えていることを形にすることはできたわけで(笑)、

まぁ、新年早々、目標の一つは達成したと言えば言えるとしましょう(笑)。

 

っていうか、年賀状なら、去年のうちにやっておけっつーの、って感じですけど(苦笑)。

 

というわけで、今年もこんなこと程度しかやらない可能性は大ですが(苦笑)、

一つ一つの考えていることを、具体的な形にしていけるよう頑張りますので、

何卒、よろしくお願い申し上げます。

一つ、形になりました(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「想像」と「現実」をいかに一致させることができるか?

いつの間にか、というか、ここ数年のお正月行事になっている、

粘土の干支フィギュア作りを今年もやってます。

いかに暇な正月かということを証明していますね(苦笑)。

 

2019年はコレ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2018年はコレ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

というわけで、今年はネズミを作ろうしてるわけですが、

小学校の図画工作レベルで適当に思いつくまま、グニグニと作り始めるものだから、まぁ、どうなるか分かりません(苦笑)。

まぁ、3日までには何とか形にしようかと思ってます。

 

お正月に、初心表明とか、今年のテーマとか、決意発表とか、

そういうのを「書き初め」したりするのはあるかも知れませんが、

そういうギャッとしたやつは私はあんまり好まないのだけど、

なんかは構想しなきゃいかんのだろうな、とも思ってはいて、

その「なんか」をあれこれ考えるのに、このアホ粘土細工をやってる時間が、相当に都合が良いわけで、

そうなると、「正月三が日」が、なんだか、一年の計を年の初めにちゃんと考えれたんじゃないか?と言い訳できて、

大変都合が良いわけです(笑)。

 

一年の構想や想定というものを考えるのはとても大事だとは思うものの、

こうして、頭の中にあるものを現実の形にしていこうとすると、

いかに「想像」と「現実」の間にギャップがあるのかが、リアルに思い知らされます。

① 「想像」は、いかに途中を都合良くかっ飛ばしていて、

② 「現実」は、いかに一つ一つの連続である

ことを思い知らされます。

 

「想像」と「現実」を一致させるということは、すなわち、

「いかに飛ばさず考えられるか」

であるかということに気づかされたりしますね。

 

「知識だけの人」と、「実際にやったことのある人」の言うことが、

聞いている側にとってまるで違うのは、こういうことから生まれてくるのだろうな、と思うわけです。

 

てなことを、時に考えながら、時に無心になって、ほとんどをグダグダで(笑)、

この正月に考えていることが、ただ考えているだけのことにならないように、

そして、そうなる為には、いくつかの「まだ見ぬ現実の連続」を越えねばならぬだろうことを思いながら、

そんなに数多くのことはできないのだろうから、できる限り絞り込んだ構想にした方がいいんだろうな、

とか何とか考えながら、アホフィギュアを必死で作っています(笑)。

 

というわけで、今は、まずは、明日までに、コレを完成させることで、

「想像」と「現実」を一致させる一つ目にしたいと頑張ります(笑)。

 

まぁ、出来上がりがどんなんになるのか楽しみなのは、私だけなんでしょうけどね(苦笑)。

 

どうでもいいけどネズミになるんかい?(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ