過去に試みた「未来」の仮説を今に検証してみる恥ずかしい動画(苦笑)

未来というものをより良くしたいとは思うものの、

未来のことは何がどうなるか?なんてのは誰にも分かりません。

(占い師とか超能力者とか、そういう特殊能力を持っているという人は別)

 

1秒後に良いことが起きれば良いと、願い、思い、計画するのだろうけど、

本当に何が起こるかは、その時になってみないと分からないわけで、

もしかしたら、何もしなくても思い描く幸せが舞い降りるかもしれないし、

火星人が攻めてきて人類が滅亡するかもしれません。

 

分からないのだったら、何も考えなくてもいいようなものなのだろうけど、

無駄だと分かっていても、できる範囲で何とかしようと試みるか、何もしないかというところに、

人として、どっちが人間らしいか、カッコいいかという、それは、個人としての好みや美学の問題かと思っています。

 

どうやら、人の脳の大脳新皮質という部位は、

未来をより良くしたい、より豊かにしたいという本能を持っているらしく、

だから未来のことを思い、

そして、故に、思い通りにならなかったらどうしようと不安になり、

よって、その不安を思い悩むという特性がある、

という話を聞いたことがあって、私はその話に合点しています。

 

放っておけば、単に不安になるだけなので、

だから、その不安を打ち消して、素敵な未来を何とか作ろうとして、

構想とか、設計とか、シナリオとか、方向性とか、何とか、

あれこれ考えて、何とかしようと試みます。

 

それが「考える」ということの一つなのだろうと思っています。

 

ただですら不安なところに、コロナ蔓延になってからは、さらに不安になることが身の回りにリアルに起き始めたわけで、

まだ見ぬ未来に想いをはせて、いつもいつも何かを考え続ける日々が続いています。

 

今考えていることは、即座に過去になってしまうのですが、

過去に考えた今という未来は、果たしてどれくらいの精度で合ってきているのか?

を、見ておく必要は、その思考力を鍛える意味でとても重要であり、

それを「検証」ということなのだろうと思うわけです。

 

昨年の4月、私は大きな不安に包まれて、

ビビリな私は、これは何とかしなきゃ本当にヤバいとケツに火が着き、

未来に向かって何ができるのだろう?何をすべきかを考えました。

 

その過去は、未来となった今、果たしてどうだったのか?

それを確認して検証しながら、次の考え方の精度が上がればと、

さらに、まだ起こってもいない未来をつくろうとしています。

 

当たるかどうかなどはどうでもよく、

どうやって未来を組み立てるかの思考法が大事ではないかと思っています。

 

「仮説」→「実験」→「検証」

を繰り返すことは大事で、それはすなわち、

「検証なき実験はしない」

ということになるのでしょう。

 

そういう意味で、

ビビりまくった去年の4月、ない頭を捻りながら、何とか考えていたことは何か?を自分で見てみようと、

当時の独り言とラクガキをYouTubeにアップしてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

改めて見てみると、

どうでもいい独り言を、恥ずかしげもなく延々と喋っているだけでした(苦笑)。

こういうのを赤裸々に出すことは、きっと誰かの参考になるかもしれないと思いはしましたが、

自分でも見るのが耐えられない現実に、とても検証まで行きつかないことがよく分かりました(笑)。

とてもおススメできないことは、お伝えしておきます(苦笑)。

 

検証に至らない悪い事例(苦笑)。
ろ応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「自分の強みを知る最適な方法」を考えてみた

「自分のことが一番分からない」

とよく聞きます。

かくいう私もその一人で、果たして自分とはいったい何者であるのか?

という問いに対する答えは、きっと死ぬまで続いて、そして結局分からぬまま死んでいくのだろうと思います。

 

まぁ、私の場合は、答えがでることではなくて、考えることそのものに意味があると思い込んでいるので、

それは悩みでも苦痛でもなく、言ってみれば趣味みたいなもので、

それをカッコよく人に言いたいときは「探求」だの「研究」だの、そういう言葉ほ使って、自分の権威欲を高めている程度ですが(苦笑)。

 

人は、自分で自分のことがなかなか分からないのだろうと思います。

 

よく、

「私って変な奴なんで、あんまりいないタイプなんです。」

と言う人は、他人からすると、

「そうか?全然普通だしそこいら辺にゴロゴロいるだろ。」

と思うなんてことはよくあるし、

 

逆に、

こちらからすると異常とも思える程に変わり者に、

「お前ってさぁ、変わってるよなぁ。」

と言うと、

「ん~?なんで?俺なんて全然普通でどこにてもいるタイプじゃん。みんなやってるよこんなこと。」

と、本人はいたって自分はまともで普通だと思って、ただ生きているだけと自覚している、

なんてことも多々あります。

 

そういう人生で巻き起こる様々な場面で、コミュニケーションをとってるだけなら、まぁ好きにやってればいいと思いますが、

これがビジネスや経営の現場となると別だと思っていて、

自分や自社の、社会や市場に対する「強み」や「弱み」を自覚したり、仮説をもって、

戦略やシナリオを思考したり、実際に行動するか、しないのかは、死活問題にまで至ると思っています。

 

ただ、この自覚こそがまた、なかなかに難しいわけで、

そういう意味では、「自分を客観視」する思考性はとても大事で、

「自分とは何者であるか?」

という同義たる思考は、経営者にはとても大事だと思っています。

 

「どうせ分からないというのなら、分かろうとすること自体無駄じゃん」

という論法は、片方で論理的とも効率的とも言えますが、

言い換えれば、

「どうせ死ぬのだから、生まれてこなくていいじゃん。」

という言葉にも置き換えれてしまうわけで、

でも、じゃあ、今死ぬか?というと、これが死なないわけで(笑)、

 

経営や業績アップに対して必須する思考なら、私はその思考力は鍛え続けた方がいいと思っているという感じです。

 

 

だからと言って、考えたところで、「自分や自社」の「社会や市場」における、「強み」や「弱み」が分かるのか?と言えば、

やっぱりなかなか分からないのです。

 

何でかっていうと、自分だけではなく、他人の集団である社会や市場という存在があって、この双方があることに要因があって、

双方向の一致がないと、そもそもビジネスそのものが成立しないという面倒な特性があるからです。

 

よって自分だけで考えるのには限界があるというのが前提となります。

かと言って、他人からの評価だけが全てとなるのか?となると、

そもそも自分のやりたいことがあるからリスクを張って経営しているのだから、

自分という存在がないというのもまた意味を感じない、というジレンマに陥ります。

 

じゃあ、どうすりゃいいんだよ、ということなのでしょうが、

今のところの私の結論は、

結局のところ、自分でもよく考えて、他人からも評価してもらって、

その一致を探り続けるということしかないと思っています。

そういうコミュニティに属していたり、主催できていてたくさんの人がいてくれたら、

それはその時点で相当に恵まれた状態にあると思うわけですね。

 

そういうことを喋りたいな、と思って動画配信してみたら、何を言ってんのかよく分からんじゃないか?

と自分を客観視させられたYottube動画はコチラです(苦笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まったくの別物としての価値が宿っているかもしれません(苦笑)。

恐らくは、反面教師としてご参照頂ければ嬉しいです(苦笑)。

 

というわけで、せめて双方向で伝えられる人がいてくれたら嬉しいので、

オンラインサロン「ツヴォイ式ビジネス実験室」

メンバー募集中(笑)。

ご参加お待ちしてます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://tosboi.com/seminars/event-10466/

結局よく分からんじゃないか(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

新たな価値を生み出すことを阻害するものはコレです

何かを始めるにあたり、

その思考や行動を阻害するものはいくつかあって、

私の場合は、その中の一つとして上位にランキングされるのは、

「恥ずかしい」

という感情です。

 

ということは、こうして情報発信している画像や文章は、

「恥ずかしい中でも、まだ恥ずかしくない方。」

を出しているとも言えます。

自分の中では恥ずかしくない方を選んでいるわけです。

 

でも、いませんかね?

「よくもまぁ、あんなことを、恥ずかしげもなく出してるな。」

と思う人(笑)。

いると思うのです。

 

挙句、情報を出したばっかりに、

「ツヴォイさんって最低。バカなんじゃないの?見ているだけでムシズが走る。大っ嫌い。見たくもない。」

と思う人(苦笑)。

いると思うのです。

 

その反対も言えるわけで、

恐らくは、誰もが、自分が出してもよいと判断している情報を出しているわけで、

ただし、その情報は、私にとってどうなのかは、私の判断や価値観に委ねられます。

 

正直に言ってしまえば、

「よくもまぁ、こんな恥ずかしい自分を露呈しまくって平気で生きてられんな、この人。」

と思う人は、私からすれば、何人も、いくらでもいます(苦笑)。

 

でも、その人は、

「まだ恥ずかしくなくてアウトプットできる範囲の自分」

を出していると予測できるので、それはすなわち、

「恥ずかしくない自分」

選んでいるわけだから、本人は「恥ずかしくない」。

でも私から見たら、とても「恥ずかしい」ことを平気でやっているとなってしまいます(苦笑)。

 

ということは、

「自分は恥ずかしくない」=「相手からしたら恥ずかしい」

という強引な公式が成り立つとも言えます。

 

公に対するアウトプットや情報発信というものは、ある意味、自分の「恥ずかしさ」を露呈することが前提とも言えるでしょう。

良かれと思ってただ生きているだけなのに、実は恥ずかしさを露呈して生きているとも言えます。

 

そう考えると、「人ひとりひとり」という個体は、そもそもが生まれつき恥ずかしい個体とも言え、

だから、もはや、今更、「恥ずかしい」などと思うこと自体が、

そんなこといちいち気にして、生きたいように生きられない不自由な選択をしていること自体、

「あいつはなんてどうでもいいことに縛られる恥ずかしい生き方をしているんだ!」

ということにもなってしまいます(笑)。

 

こうなると、もう何をやっても、自分は誰かからは「恥ずかしい」(笑)。

どうあがこうが、自分は生きている限り、存在している限り、誰かからの「恥ずかしい」存在から抜け出ることはできない(笑)。

生まれつき「恥ずかしい」のだから、もうどうすることもできない(笑)。

 

ところが、どうやら、

人は、他人の承認や是認、良い評価が欲しいという本能がある生き物とも言えるらしい。

こんな私でも、やっぱり、他人からの是認も承認も欲しいわけで、

だから、「恥ずかしさ」と「是認」を秤にかけて、

こうして、言葉の一つ一つを選びに選んで情報発信しているわけですね(笑)。

 

これが、ビジネスともなると、一定数の共感者たる顧客やファンの数が必要になるのだから、

もう、ややこしい、ややこしい(笑)。

 

まぁ、こればっかりは、生まれてから今日までの個人の経験の多さや、

伴う価値観というものがどこまで行ってもキリがないのでしょうが、

 

でもたった一つ言えることは、

どうせ200年後には、誰もかれもが恐らく死んでいるわけで、

人類で自分のことなど覚えている人などいるか?と言えば、ほとんどの人は誰からも忘れ去れているのだと思います。

 

だとすると、こんな、自分にも他人にも「恥ずかしい」という感情など、どうでもいいことなのではないか?と思うわけですね。

それが、思考や行動を、アウトプットしようかどうか迷った時に、私が開き直る方法です(笑)。

 

「恥ずかしい」という感情が優先されるあまり、「やってみたい」という動機を潰した時の方が、

なんとなく死ぬ直前に後悔しそうな気がします。

まぁ、これも、その時になってみないと分かりませんがね(笑)。

 

ここまで言っといて、まだ「恥ずかしい」という感情や価値観が残っているわけだから、

私の「恥ずかしい」思いをしたくないという一方的な感情は、相当に根深いのではないか?と思うわけです(苦笑)。

 

というわけで、

「どうせ恥ずかしいのだからやればよい」

と開き直って、そんなようなことをダラダラ喋っているYouTube動画はコチラです(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

私は良かれと心から思っていても、誰かからは「恥ずかしい」かも知れないという、

自分の価値観を認識してみたい方はどうぞ(笑)。

 

チャンネル登録お待ちしてます(笑)。

 

人はそもそも恥ずかしい。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ