果たしてダメな奴はどこまでダメなのか?(苦笑)

白×ブルー基調の爽やかなマリン基調の店舗がありました。

 

まるで80年代の、大瀧詠一さんのレコードジャケットや、

「わたせせいぞう」さんのイラストレーションに代表されるような、

当時に青春時代を送ったアホ丸出し世代にとっては憧れの世界観だったりして、

写真を撮ったらどんな感じになるんかなぁ?と思って撮ってみたら、

まるで似合わないオッさんが突っ立っているだけ状態に、いささかのショックを隠せませんでした(苦笑)。

 

今更ながら、似合わないものは、どうあがいたところで似合わないというわけですね(苦笑)。

 

まぁ、そもそも「似合う」とか「似合わない」とかの基準はどこにあるか?というと、極めて曖昧で無責任なものだったりしますからね。

 

例えば、同じ服を着ても、誰かは「似合う」と言うけど、誰かは「似合わない」と言うことはあるわけで、

① 自分に似合う服を着たいと思っている人は、他人からの「似合う」「似合わない」の評価は少なからず必要なのでしょうが、

でも、誰かに「似合う」とおススメしてもらって、その気でいたところで、他の誰かから「似合わない」と評されることはあるわけだし、

 

② 自分の着たいものを勝手に着ていたい人にとっては、他人からの「似合う」「似合わない」などという助言などは大きなお世話なわけで、

でも、他人からの評価などどうでもいいと思っていても、他人が「似合う」と言えば、意図せず似合う人になったりもするわけです。

 

そうなると、「似合う」「似合わない」などというのは、極めて個々人における属人的な感覚で、明確な基準などないとなりますね。

評する側が、好き勝手・無責任に言いたいことだけ言っている、ということなのでしょう。

 

強いて言うなら、「似合う」と言われたい人から、「似合う」と言われれば、それでいいということなのでしょうね(笑)。

まぁ、恋人とか、憧れの人とか、プロとして信頼しきっている人とか、そういう対象が「似合うね」と言ってれば、

本当のところがどうなのかはどうでもいいことだったりするとも言えるのでしょう(笑)。

 

自分個人のキャラクターを明確に自覚できるかどうかというのは、極めて重要なれど、

口で言うほど簡単ではなく、それはとても難しいことなのだろうなと思います。

 

あ、そうか、女性から人気を得たいと思うのなら、

髪型だろうと、服装だろうと、なんでもかんでも、どうでもいいから「可愛いね」「似合うね」「綺麗だね」とだけ言ってりゃいいのか(笑)。

素直に本音の感想なんて言わなきゃいいんだな(笑)。

という無茶苦茶な論法が成り立っちゃうな(苦笑)。

 

個人のキャラクターに合った服装かどうか程度なら、まぁどうでもいいことかもしれませんが、

その服装も含めたトータルイメージをキャラクターと称することはあるわけで、

そうなると、それはそれで無視はできなく、一つ一つの要素の組み合わせを意図するかどうかはとても大事なのだろうと思います。

 

キャラクターに合った仕事、キャラクターに合った発言、キャラクターに合った発信、キャラクターに合ったライフスタイル・・・・。

など、ぴったりと当てはまっていると感じる人というのは、とても輝いて見えるし、やはり素敵です。

 

「その顔で、その髪型かよ?」

から始まり、そんなのはどぉでもいいとしながらも、

「その顔とその髪型で、その服装かよ?」

「その顔とその髪型とその服装で、その背景かよ?」

「その顔とその髪型とその服装とその背景で、その発言かよ?」

「その顔とその髪型とその服装とその背景とその発言で、その仕事かよ?」

「その顔とその髪型とその服装とその背景とその発言とその仕事で、その◯◯かよ?」

と、積み重なっていくことで、ドンドン膨らむキャラクターというのは、キリなく続いていったりします(笑)。

 

人はどこかで、自分のことをより良く魅せようとするだろうし、

より良く見られたいという欲求を持っているのだと思います。

誰より私なんてのは、その塊みたいなもんなわけで(苦笑)、

それ自体は決していけないことではなく、むしろ適度に欲求していないと社会適合はできないと思ってはいます。

 

ただ、しかし、誰もがその欲求は持っているとして、

誰もが持っているのに、それが

「無理なく似合っている」と感じる人と、

「ちょっとでも良く魅せようとしている」と透けて見えて滑稽な人、

に分かれるのだろう?その差や違いはどこから来るのだろう?と思うわけです。

 

と、まぁここまで書いてきて分かってきたのですが、

今の身の丈・実力以上に魅せようと意図したり、評価されたいと透けて見える時に、

不快や滑稽さや「おぞましさ」をもよおしたり、哀れな感傷に包まれるのでしょうね(苦笑)。

 

不細工は不細工通りにしていれば気楽でいいものを、

もしかしたら、それでもまだ「自分らしく」よく似合う自分がいるのではないか?と、探し続けるわけですが(笑)、

 

じゃあ、「古びた石畳の街角」っぽかったら似合うのか?というと、

やっぱり、単なるオッさんは、単なるオッさんでしかなく(苦笑)、

 

じゃあ、アメコミ調の壁紙なら、少年のような魅力を持った大人の男性に見えるか?というと、

どう見ても、「調子ブっこいて、いったい何やってんだ、このオッさん」としか見えない程度のオッさんでしかなく(苦笑)、

 

結局、努力したところで、似合わない奴は、何やっても似合わなくて、

要するに、ダメな奴は、何やってもダメってことにしかならないなんていう、

身も蓋もないという結論にしかならないわけで(苦笑)、

だから、それくらい、「自分という存在」をいかに自覚するか?というのは難しいと思うわけです(苦笑)。

 

こうなると、もう、やりたいことを勝手にやって、自分は似合っていると勘違いでもしながら生き続けて、

そんな中から、もし見つかればとてもラッキーで、

見つからぬまま勘違いして死んでいく人の方が圧倒的に多いのでしょうね。

そういうものなのかもしれんな、と割り切ってしまえば、幾分かは楽に生きられるってもんでしょう(笑)。

 

「自己承認」と「他人から是認」の狭間でもがきながら、

そのバランスを、行ったり来たりしながらも取りながら、

それすらも含めて自分というものを「客観視」できる自分でいたいと願うばかりです(笑)。

 

ダメな奴はやっぱり何やってもダメ(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

両方あるから成立しているのだから

移動中の車窓から、

「今日は晴天じゃないなぁ。」

と思ってたら、虹がビョーンって出てて、

「あぁ、晴天じゃなくて良かったなぁ。」と思った(笑)。

 

「嬉しい」と「悲しい」は行ったり来たりしながら両方が成立してるから、どっちもいるんだな。

 

ちょっと嬉しいからといって、聞いて聞いてとギャアギャア騒いだり、

ちょっと悲しいことがあったかといって、ギャアギャアと地球の終わりみたいにわめいたり、

行ったり来たりしているごく当たり前のことは当たり前なのに、

何でもかんでも大騒ぎしては、

自分の感情を一方的にぶつけては、相手に理解してもらおうとするのは、

相手の穏やかな心の中を、強引に自分に向けさせようとさせてるようなもんだから、

自分はそんなことやめておこう、クールに行こうぜ、と思ったものの、

 

その数時間後には、そんなこと忘れて、

冬の街のイルミネーションに心踊っては、キャッキャと自撮りしている自分は、

いかに滑稽なのかを思い知らされる、ステキな冬の街でした(苦笑)。

 

いちいちうるせぇよな(苦笑)。

 

クールに行こうぜ(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「ビジネスの独自化」で絶対に外してはいけない優先順位(苦笑)

久しぶりの車での長距離遠征です。

空が広いところに来ると何だか嬉しくなる「もやしっ子」です(苦笑)。

 

午前中に到着したく、4時間の長時間移動になるので、高速道路の渋滞を避けようと、真夜中に出ました。

運転しながらの長時間移動は特に好きなわけでもありませんが、運転しなければ到着はしないわけで、

でも、一人の移動というのは、色んなことを好きなだけ考えることができるわけで、

さらに、それが一人の車となると、考えてることを口に出して言える(要は独り言好き放題状態(笑))という、

電車や新幹線ではできないメリットがあるわけで、

よって、

「ねばならない」ことに、「趣味」や「好き」を組み合わせるという編集をもってして「楽しくする」という、

仕事や経営を楽しくするという本質と同じであるという理屈を成立させることができます。

 

と言うわけで、今日も、気がつくと一人でブツブツ独り言を満喫していたと思うのですが、

気がついたら、独り言そのものに夢中になっていて、

高速道路の途中の分岐点を越えてしまって(苦笑)、下道に降りる羽目になって、大阪の朝の大渋滞に巻き込まれるのでした(苦笑)。

お陰様でアホ丸出し脳天気満開です(笑)。

 

ビジネスにおいて、

本来のビジネスを成立させる為の「論理」だけでは、標準化することによる飽和状態に巻き込まれ過当競争に巻き込まれたり、

効率化を意図すればするほど、それは大手企業の得意分野になのだから不利になるという、

中小零細個人企業の現況は変わらないわけで、

 

だったら我々はどうするのか?という対策の一つとして、

「好き・得意・趣味」を組み合わせて、「独自の価値」を生み出していくという、「編集」があります。

私は、ほとんどの中小零細個人は、この方法でしか向かえないと思っています。

 

しかし、その前提は、あくまでビジネスのおける成果であり、業績アップであることを忘れてはならないと思っています。

ビジネスにおける業績アップの基本はどこまでいっても「最大効率化」です。

まずは「最大効率化」こそが業績アップの前提であると言えます。

社員一人当たりの技術や能力を上げるのは、最大効率化の視点から言えば、単に時間当たりの生産性を上げるという以外に目的はありません。

 

同じモノを生産するなら、コストが安い方が利益は上がるし、

同じコストなら、時間当たりの生産性が上がる方へ行くということです。

だから、企業は機械化したり、AIが社会を大きく変えると言われたりするわけですね。

 

なぜなら、「効率化」こそが利益を生むからで、当然なのです。

それが、冷たいとか、大変とか、何だかんだ言ったところで、それがビジネスなのだから、そういうものだというだけのことなのです。

 

それが前提である以上、まず考えるべきは、ビジネスモデルとして、今この時代に成立するかどうか、

仮に、現有の「資産」や「人材」をもってして最大効率化した場合に、利益が出るビジネスモデルなのかどうかは、

何よりまず先に考えるべきです。

 

私はそう考えているので、業績アップのご相談や、コンサルティングのご依頼を頂いた時は、まずはそこを徹底的にシュミレーションします。

大雑把でもいいので、この論理上の数値で、利益が出るかどうかを判断しておかないと、

その後の「独自性」に向かう「好き・得意・趣味」といった属人的な部分をどんなに組み合わせても、業績は上がりません。

 

何が言いたいか?というと、前提がビジネスである以上、

「組み合わせ」の初動は、

① そもそも、今の時流における利益が出るビジネスモデルとして論理上成立するかどうか?

であるということです。

次に、

② 需要と供給のバランスにおいて、競争優位性がないとしたら、「好き・得意・趣味」という「無駄」をあえて組み合わせることによる「独自化」ができるか?

という順番になるということです。

 

なぜ順番かというと、「好き・得意・趣味」が先に来ると、それは、そもそもビジネスではない可能性が高いからです。

ごく稀に天才的な人もいるだろうし、まぐれ当たりのホームランもあるかも知れませんが、

我々凡人には、その確率はかなり低いと共に、さらにその後の継続が無理でしょう。

 

この順番をそもそも間違えている人は、思ったよりも多いのではないか?と思っている昨今です。

 

楽しくて好きなことばっかりやってて、それを何でもかんでも「独自化」とか言っても、

それは、ただ単に遊んでいることを、あたかも勉強とか研究とか、都合良く言葉を使って、周りの人への正当性を試みているだけで、

本当に「独自化」を目論んでいるかどうかは、その前提となる「ビジネス」の側面で、費用対効果の妥当性があるかどうかでしか測れないのです。

 

ここを間違えると、絶対に利益は出ないし、業績も上がりません。

そもそも業績を上げている中小零細個人の経営者に、

「遊びましょう。一見無駄なことに新たな独自の価値のヒントがあります。」

というのは全く問題ないでしょうが、

そもそもビジネスモデルが破綻して困っている経営者に、

同じ言葉を果たして適応できるんかい?ということです。

そんなことしたら、「破綻と無駄」が組み合わさって、「破綻しても遊んでる」という人になってしまいます(苦笑)。

 

その分別がつかないのが、ブログやSNSの限界のような気がします。

 

だって、ただ遊んでることを、勉強だ学びだと言ってるのか、

本当に遊びとビジネスをリンクさせているのか、

その実態を見なければ全く分かりませんから。

私は、これからの情報発信というのは、そこがとても大事になってくるような気がしています。

 

というような、どうでもいいようなことを何故熱くなって書いているか?と言うと、

そこまで偉そうに言っておきながら、

当の本人は、

① 目的地への移動時間を最も速くする

という前提に対して、

② 独り言を思い切り堪能して楽しむ

と言う組み合わせでモチベーションを上げたはいいけど、

 

気がついたら、②に夢中になって、①が得られなくて、

さらには、高速料金まで余計にかかってしまいました、という、

それが、どれだけアホで間抜けで脳みそお花畑で、ものを語る資格などないんだよ、ボケっ!

ということを自覚しなさい、と目の当たりにしとかないと、また同じことやらかすんじゃないかと不安になって、

こうして客観視しておく必要があるということなわけです(苦笑)。

 

「独自化の編集」は、順番を強く意識するように、自分が一番気をつけます(苦笑)。

ごめんなさい、自分(苦笑)。

絶対アホだ(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ