時に歪んでいる自分を自覚しておく(苦笑)

自分では普通で当たり前だと思っていることも、

別の視点で見てみると、フィルターがかかって歪んでいるようなことはあって、

要するに「自分の普通』は「他人の変」なわけです。

 

「変」と言ってしまえばそれまでなんだろうけど、

別の見方をすれば、「価値」とも言えるわけで、

 

自分では当たり前で何の変哲もないと思っていることや、

ただ環境に流されて生きてきただけと思ったりていることや、

意に反してやらされてきたことや、

何でこんなことばっかり自分の身に降りかかるのだろう?とか、

 

まるで自分では「価値」などと自覚できていないことの中に、

他人から見たら凄まじい「固有の価値」が宿っているというようなことは珍しくありません。

 

それは、自分を客観視してみないと分からないわけだけど、

自分を客観視するというのは、

①自分で自分を客観視する

②他人からの自分という客観視

という大きく2つの客観視があるわけです。

 

ところが、両方ともに限界はあって、

自分で自分を客観視するというのは、どこまで行っても、元は自分なので、結局ら自分という基準を越えられなかったりして、

結局、独りよがりに終わってしまうことはよくあるし、

 

他人からの客観視というのは、その相手の心が歪んでいたり、アホだったりすれば、まともに取り合わない方がいいし、

あるいは、いいことばかり言ってくる人というのも、単なる都合の良い相手というだけのことになるので、

これまた難しい。

 

そういうことって、実績で証明されない限りは、できていると言えないわけだから、

自分と、自分の周りの人が素晴らしいという説得力は、なんだかんだいって、実績が一番分かりやすいのでしょう。

 

客観視というのは、口で言うほど簡単ではなかったりしますね。

 

となると、自分が行きたい何かがあったとして、そこに向かっていく過程の中で、

本気で自分のことを見てくれたり、考えたり、大切に思ってくれたり、感情と論理を分けて物事を見てくれてフィードバックしてくれる人の存在というのは、とても大きくて、

その数は多いに越したことはないけれど、もし、一人でもいてくれたら、それはもう何よりもの財産ということになるのでしょうね。

 

私も、もちろん、そういう人が欲しいとは思いますが、

ということは、他人もきっと欲しいだろうという前提に立って、

自分が他人にそうでいられたら素敵なわけだから、

時にこうして、必死で、ガラスコップを通して、歪んだ自分を客観視する訓練をしているとも言えます(笑)。

 

って、結局、アホ画像の肯定後付けかい(苦笑)。

 

 

そりゃ歪んでるよな(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お陰様での退院報告

無事退院させて頂きました。

期中、ご心配・応援・激励頂いた皆様、ありがとうございました。

お陰様で、術後は順調に推移し、予定より早くの退院となりました。

 

手術を終わった直後には、予測していたとはいえ、麻酔が切れるにつれて悶絶する患部の痛みに、

完全に舐め切っていたことを反省しながら、

 

ここまでして生きる意味など果たしてあるんかい?などと思ったり、

 

「何もしたくない」、というのは、何もしなければ解決するのではなく、

何もしないことそのものすらしたくない、という新たな感情と価値観を知りながら、

 

いっそ、全身麻酔のまま、そのまま気持ちよく死んでいければどれほど楽な人生なのだろう?と不謹慎なことを考えつつ、

 

それでも、数日経つうちに、体調が戻ると共に、いつものように脳天気全開になっていく経験によって、

心と身体は繋がっているという実感を初めて味わい、なるほどこういうことなのか、と感心ながら、

 

病院内で高校時代の卓球部の同級生に37年ぶりに出会ってしまい、やたら感激してしまい、

あぁ、生きていて良かった、何も大きな感動だけが大事なのではなく、

こういう日常の些細な出来事に生きる幸せを感じられることを忘れていたかも、と反省しながらも、

やっぱり生きてて良かった、と思えたことは、

今回のことは、これからの人生に対して、とても大きな経験と意味を与えてくれたのかも知れないな、

と思うに至っています。

 

 

 

とはいえ、今回は胃を2/3ブった切っている(苦笑)だけに、

本調子とは程遠い実感もあるわけで、

ゆっくりじっくりと本腰を入れながら完璧に近づいていくつもりです。

 

とは言え、まぁ、私なだけに、不謹慎かつ脳天気なことを起こす可能性は十分にございまして(苦笑)、

何かとご迷惑おかけすることもあろうかと思いますが、

変わらず、よろしくお願いいたします。

 

というわけで、まずは皆様に、退院のご報告です。

ちゃんとします(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「胃癌手術は無事に終わっております」報告

【胃癌の手術は無事に終わっています。】

 

胃癌発覚の3月以降、ご心配頂いております皆様、

お陰様で、胃癌の手術は無事終了しております。

 

3月の手術前検査の全てを終えて、状況確認と共に、医師との相談で手術計画を固めてまいりました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

①早期発見につき、レベルは「1」予測

②手術日は4/28(入院は4/27)

③手術方法は手術支援ロボット最先端医療機器「ダヴィンチ」にて

④ 期間は術後に順調なら一週間程度

⑤胃は2/3取ります。

 

てなわけで、予定通り、

4月27日入院の、4月28日手術ということで、行ってまいりました。

 

全身麻酔によって、文字通りあっという間の出来事でしたが、

6時間の手術だったとのことです。

 

気がつけば、病室に戻って、鼻から、患部から、アチコチから、チューブが訳もわからず出ている状態で(笑)、

まぁ、術後2日間は、術後の激痛に、寝ても覚めても悶絶することもありましたが(苦笑)、

その後は至って順調で、食事も通常食へと向かい、

5月5日現在、全てのチューブも点滴も取れ、

一週間ぶりにシャワーも浴びて着替えております(笑)。

動く度に感じる患部の痛みも、やわらいで来ています。

 

病院内は、運動がてら自由に動いており、

地下1階の病院内コンビニがお気に入りです(笑)。

 

というわけで、こうして何とかブログも書けておりますので、

何卒ご安心くださいませ。

 

日々の経緯については、詳しくは毎日のFacebookライブで、赤裸々に配信しておりますので、

私の恥部で良かったら、ご覧下さいませ(笑)。

 

このまま順調なら、あと数日で退院予定です。

 

とはいえ、まだ入院中ですので、大人しくしております(苦笑)。

期中、励ましのお言葉を頂いております皆さま、本当にありがとうございます。

 

とりあえず順調です。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ