「モチベーション」は上げる対象が明確でないと存在しない

悪くなった業績を上げたかったり、好調をさらに好調にすべく、

「社員の仕事に対するモチベーションを上げたい。」

と思ったとします。

 

そういう時は、漠然と「モチベーションを上げたい。」と思っていないか、もう一度考えてみます。

 

例えば、

「このままではジリ貧になるばかりなので、新たな事業構想が必要だから、新規事業を一緒にやろうとするメンバーのモチベーションを上げたい。」のか、

「事業は決まっているが、年間利益計画ができていないので、一緒に利益計画書をつくるメンバーのモチベーションを上げたい。」のか、

「利益計画書に基づいて、売上計画もできたが、それを実際の行動計画まで落とし込むことへのモチベーションを上げたい。」のか、

「一人一人の目標設定と行動計画まではできているが、メンバーが遂行しきることへのモチベーションを上げたい。」のか、

はたまた、「朝、出社することそのもののモチベーションか低い人のモチベーションを上げるにはどうしたらいいのか?」(笑)なのか、

それぞれにかける時間や、やり方は、私の経験上は変わってきます。

 

「目標」を立てるモチベーションを上げたいのか、

立てた目標をいかに達成するのかの方法を「考える」モチベーションを上げたいのか、

考えたことを「行動」しきるモチベーションを上げたいのか、

その全部を丸投げなのか?(笑)

一度考えてみる必要はあります。

 

 

例えを変えてみます。

 

数字の上がらない営業マンに、「数字を上げろ!」と言えば数字が上がるなら、モチベーションに関して悩む必要はありません(笑)。

上げる人は上げて、上がらない人が上がらないのです。

上げている人は、元々数字を上げるモチベーションが高い人とも言えます。

モチベーションが高く、数字を上げている人が、何をやっているかつぶさに観察・ヒアリング・分析して、

例えば、上げている人は新規開拓を同じところに3回訪問しているのに対して、

上げていない人は一回の訪問で断られたら諦めていることが分かったとします。

じゃあ、営業マン全員、3回は訪問するするようにしようとなったとします。

相手に一回断られたら、もう行きたくない人が多いとしたら、ここで初めて、1回で断られても3回は行こうとするようにモチベーションを上げることになります。

 

欲しい実績に対して、実践することの段階というのは必ずあります。

実績を上げている人というのは、必ず実績を上げるまでの行動をしています。

一つ一つの行動を分解して、一人一人の止まっている行動に対して、いかに行動促進できるかどうかがモチベーションのキモだったりします。

 

そうやってモチベーションを上げたい対象の一つ一つを決めていかないと、

モチベーションを上げることにはなりません。

 

皮肉なことに、他人のモチベーションを上げたいと思っている側が、何に対するモチベーションを上げたいのか不明確なことの方が多いのです。

だから、他人のモチベーションが上がらないとも言えます。

 

案外、単に、自分では何もしなくても、自分のことを分かって欲しい、自分の代わりに自分の望みや願いを他人に叶えて欲しいと、漠然と依存しているケースは珍しくありません。

他人のモチベーションを上げたいならば、何のモチベーションを上げようとしているのか、自分で考えるモチベーションが必要かもしれませんね(苦笑)。

 

ちなみに、私のモチベーションは、アホ画像を撮ることと、

撮ったアホ画像をいかにブログ記事と後付けでもリンクさせることができるか?程度しかありません(苦笑)。

自慢じゃないけど、命賭けていると言っても過言ではない程です(苦笑)。

ね、必要なモチベーションと、必要ないモチベーションとあるでしょ?(苦笑)

業績アップしたいのなら、具体的な業績アップの行動に対してモチベーションを上げるべきなのです(苦笑)。

 

 

上げなくていいモチベーションばかり上げている(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自社の「事業」の要素は明確か?

先日、複数の業種を扱っている経営者の方と話をしながら、

「事業」というものは何か?ということをキチンと定義しておいた方がいいのだろうな、と思いました。

それぞれの事業で磨くべきスキルやノウハウが違っていて当然なことくらいは分かっているのですが、

分かってはいても、何をどう明確にしたらいいのか、明確でない場合があります。

 

自社の売っている商品・サービスとは何か?を見直してみる時には、

① 何を「原材料」として仕入れて

② どんな「道具」を使って

③ どんな「加工・組み合わせ」をして、

④ 誰に売ろうとしているのか?

⑤ その為の資本はどこから集めるのか?

に分けて、一つ一つ明確にして、行動していくことです。

 

例えば、同じアパレルという業種でも、メーカーと小売では、まるで違ってきます。

例えば、

① の原材料は、

メーカーなら、「素材」になりますが、

小売になると、「洋服になった製品」になります。

 

② の道具は、

メーカーなら、「ミシン」等になりますが、

小売店舗なら、「店舗」や「什器」になります。

 

③ の加工や組み合わせなら、

メーカーなら、「デザイン創造」や「着心地の良いパターン」になるのでしょうし、

小売なら、「TPO毎の着こなしアドバイス」だったり、「服のある楽しい日常の提案」だったり、「組み合わせの紹介」「楽しい時間の共有」だったりするのでしょう。

 

同じアパレル業でも、立ち位置によって、専門性と磨くスキルは全く違ってきます。

 

今の時代に、最も重要なのは、③ の加工や組み合わせです。

それが、自社の規定する「労働」そのものだからです。

 

私が、なぜ、そう仮定しているか?は以下の考え方に基づいています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

一つの商品の構成要素は、

A・原材料

B・道具

C・労働力

の3つです。

実は、AとBは、想定した以上の価値は生みません。

10着分の素材からは、11着以上は作れません。

1時間あたりに10着縫えるミシンは、11着以上縫う生産性はありません。

(想定以下の生産性なら別で考える必要がありますが、ここでは省きます。)

 

粗利額が生まれるのは、③の労働力=労働時間であり、時間当たりにどれだけの価値があるかどうかだけです。

 

(ビジネスにおける単価の価値は、需要と供給のバランスで決まりますから、

それは、この後の問題として捉えます。)

 

ちなみに、ここ最近、言われている「楽しい」というキーワードも③に入るでしょう。

社長や従業員が、自社のお客様の「楽しさ」を定義し、「楽しさ」を有形無形の情報で伝えられるかどうかこそが「労働」のキモといえます。

 

経営学や経済学というのは、完璧な正解というものはないとされていて、私もそう思うのですが、

だからこそ、一旦、一つの型に落とし込んで、一つの型として理解しておく必要があります。

これがないと、いい時は良くて、悪い時は何をしていいか分からない、となります。

最悪なのは、いい時を自分の力と過信して、悪くなりかけてから、そのままで走ってしまって取り返しがつかない状態まで行ってしまうことです。

いつも立ち戻れる原型や方程式があるかないかは、スピードがはやく、激変の時代とされる昨今では特に大事だと言えるでしょう。

 

私が、家業の衰退業態である傘屋から、リサイクルショップへ変わったのは、実はこれをヒントに模索したとも言えます。

周りには、まるで、全く違った業界へ好き放題で転身したように見えたかも知れませんが、一応、原理原則の型にはめて考えたことでもあります。

 

ここ数年、私は、様々な業種業態の方々から、業績アップのご相談やご依頼を頂いているので、

双方で、「自社の事業の元素」とはそもそも何か?を理解しておく必要があって、

私は、これに当てはめていったりします。

 

繰り返しますが、経営学や経済学には完璧な正確がないので、この思考法が正解とは限りませんし、ここに答えがあるとは限りませんが、

次の事業や、本来磨くべく自社の力、業績アップなどのヒントになることは十分可能性があります。

もし、見直したいなら、一度、それぞれを書き出してみるといいかも知れません。

思わぬ、自社の価値や、自分の得意分野が見つかるかも知れません。

 

余談ですが、あまりに基本原型に基づかずに経営している人が多いことにも驚いていたりもしていて(苦笑)、

と言うことは、そういう場も必要とされるかもしれないな、と思ったりもしています(笑)。

私の次の事業構想にも役立っていると言えますね(笑)。

 

原理原則は変わらない。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

髪の毛切るのですら「ねばならない」がないとダメなんかい?(苦笑)

気がついたら、髪の毛が伸び伸びで、

このまま来週の講演で人前に出たらいかんかなと思って、カットしてもらってきました。

 

まぁ、そんなこと気にしてるのは当の本人だけで(苦笑)、カットしてもらったところで、

講演を聴いてる側は、そんなことなんて誰も気にもしてねーよ、

自分が良く見られたいなんて意識する前に、もっと為になる講演できるかどうかを意識しろよ、

ってなとこだと思いますけどね(苦笑)。

 

っていうか、講演の前にならないと髪の毛も切らなくてグダグダってことは、

講演かないと、髪の毛切らないってことじゃんね(笑)。

 

だとすると、今年は、特に2月以降に講演のご依頼があるわけじゃないから(苦笑)、

このまま行くと一年間髪の毛切らなくなるってことじゃんね(笑)。

 

それは、いくらなんでもボサボサになってキツイから、自主開催で講演やるしかねーんじゃないか?(笑)

などと、ちょっと考えています(笑)。

 

どーでもいいけど、美容室さん行くと、いつもとは違う感じでセットしてくれるから、新鮮だね。

まぁ、これもどーせ自分だけなんだろうけどな(苦笑)。

 

果たしてもう切らないのか?(笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ