今の表層だけでは系譜は分からない(笑)

初夏に相応しい気候で、テレビで今日は真夏日になるというので、

今年初のショートパンツの方がいいかな、と履いてみんだけど、

 

外ではショートパンツでも暑いくらいなのに、

暑いが故に、冷房をしっかり効かせてくれた店内では、Tシャツ+ショートパンツでは、寒くて寒くて、

 

冬場に着るようなレザージャケットを羽織ると、ちょうど良い感じになったので、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

これいいとばかりに、そのまま外に出たら、

やっぱりレザージャケットなんて着てられないくらいに暑いもんだから、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

そもそも、ショートパンツに、レザージャケット姿なんてのは、

どう考えてもおかしいだろ、と思いながら、

じゃあ、どうしたらいいんだよ、と悩みながら、打ち合わせ場所で、プラプラしてたら、

 

どっかで会ったことある、オッさんとパッタリ出会って、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

さすが、経営者を専門にしている有名オーダーメードスーツ屋さんの代表らしく、

初夏に相応しい、オフホワイトのピンストライプのスリーピースをバリッと着こなしていて、

「そうか、この時期はこういう爽やかで素敵な格好すればいいのか。」

と思ったものの、

俺には絶対無理だと思って(笑)、

せっかくだから、一緒に写真撮ってもらったんだけど、

 

片方は、レザージャケットにショートパンツのオッさんと、

片方は、ピンストライプのオフホワイトスリーピースのオッさんで、

一体何なんだよ状態の異様な画像になってて(笑)、

 

しかしながら、この2人は元々は同じアパレルメーカーの先輩・後輩社員同士だったりする因縁があるわけで(笑)、

同じアパレル会社にいながらにして、その後の系譜は全く違うことは、

その外見からも明白なわけで(笑)、

 

人の人生なんてものは、ちょっとやそっと同じような経験をしたり、同じような知識を得たりしたところで、

同じようにはならんのだな、ということを、

この暑いのか寒いのかよく分からない時期に教えてもらったような気になるのでした(笑)。

 

外と室内とどうすりゃいいんだよ(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

言いたいのはきっとそういう意味じゃねぇんだろうけどね(苦笑)

「ビジネスにおける独自性を創る為には、いつも自分が行く場所と違う場所に行ってみよう、自分とは価値観が違う人とも会ってたくさん話をしてみよう。」

と他人様に言っている手前、

自分でもやらなきゃな、と思って、

自分からは滅多に行かないようなファッション・ハイ・ブランドの前で待ち合わせしてみたのだけど、

客観的に見たら、あまりにも滑稽で似合っていないことが分かっただけでした(苦笑)。

さらに、滅多に会わない人達が、たくさん前を通りましたが、誰もが訝しげな顔をするだけで、とても話かけられる状況ではありませんでした(苦笑)。

 

自分には不釣合いで似合わないと知っていたことが、

やってみたことで、さらに不釣合いで似合わないことに確信が持てた場合、

それは、やってみることで改めて分かったこととして認識していいのか、

やってみる前から分かっていたことが、単に増幅されただけなのだから、やってみる意味などなかったことなのか、

どう捉えればいいのだろう?と自問自答しながら、

 

いやいや、違う、私が言いたいのはそういうことじゃなくて、

と自らに言い聞かせて、キチンと人にも伝えられるようになりたいと思っているところです(苦笑)。

 

そういうこと言ってんじゃないんだよな(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ただそこに存在しているだけで本当は素敵なのにね

昨日の夜、上空の飛行機の窓から見たお月様が、やけに大きくて綺麗だな、と思ってたら、

今日のお月様は満月で「ストロベリームーン」っていうんですね。

 

Facebookの友達の投稿を見てて知っただけで、なんで「ストロベリームーン」っていうのかは知らんのですけどね(苦笑)。

SNSの繋がりは、知らないことをたくさん教えてもらえますね。

 

私も自分の投稿が誰かのお役に立てればいいと思ってはいますが、

所詮、私の投稿は、私の投稿程度なので(苦笑)、

まず、読んでもらえるか?から始まって、

読んでもらったところで、私が一方的にお役に立ちたいと思っている情報は、私が「お役に立ちたい」と願っているだけで、

実際に役立つかどうかは、読んでくれた人が決めることなわけで、

誰からも頼まれもしないのに、こうして自分が勝手に書いていることを、

他人様のお役に立ちたいだの、お役立ち情報などと、

自分から言うのは、おこがましかったり、不遜極まりないとも言えるわけで、

 

子供のように無邪気でありのままで、心が動いたことを素直に書ければ素敵なんだろうな、

と思ったりします。

 

余計なことなど考えなくとも、ただひたすらに輝いてそこにいるお月様を見ながら、

そんなことを勝手に感じたりする夜です。

 

どうしてストロベリーって言うんだろ?
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ