市場規模の仮想2倍はあり得るのか?

コロナによる自粛が緩む傾向の中、

仕事の進め方も、お相手のご意向によって、リアルとリモートが混在するようになってきました。

これまでの3ヶ月近く、リモートワークに没頭してきただけに、改めてリアルを経験することで、

リモートワークへの価値観が当初とは違う認識が生まれてきています。

 リアルは五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)・リモートは2感(視覚・聴覚)という前提から、

仕事の上でのリモートはリアルの廉価版という意識があって、

当初は、いかにリモートの価値をリアルに近づけることができるのか?が課題だと思っていました。

 

しかし、リモートに慣れてから、改めてリアルを経験することで見えてきたのは、

リアルとリモートは縦順列の関係ではなく、

双璧とも言える別物の価値があるという可能性です。

 

 考えてみれば、それは新たな発見というわけではなく、

すでに、一つの作品が、映画で表現されたり、舞台で表現されたりするわけで、

私は実際に、その両方をお金を払って観に行ったことがあります。

あるいは、一つの世界観やキャラクターが、すでに、 リアル・映画・舞台・絵本・フィギュア・アパレルと、様々なコンテンツとして成立して、 そのファンは全てに対して消費しています。

 

すでにある当たり前のビジネスモデルと言えば当たり前なのですが、私は実際に自分で経験するまで、分かりませんでした。

 

今の私のビジネススタイルは、リアルとリモートの2つがありますが、

リアルにはリアルの顧客、リモートにはリモートの顧客、リアルとリモートの両方で関わる顧客の3つがパターンがあります。

そのどれもが、同じコンテンツではなく、例えば、映画と舞台が違う価値や魅力があるように、

それぞれに、それぞれの特性を活かしたり、機能を駆使した、オリジナルの内容になってきている現実があります。

 

そういう実感を持ち始めると、

「リモートはリアルのような成果が得られないからやらない。」

とか、

「リモートの方が時代の流れからすると主流になるから正しい。」

といった主張や議論というものは、

 

「映画の方が好きだ、舞台は嫌いだ。」

「テレビの方が好きだ、マンガは嫌いだ。」

というような、単なる個人的な好き・嫌いを主張しているに過ぎないということのような気がします。

 

キャラクターのファンは、そのキャラクターの原作マンガも買うし、テレビも観るし、フィギュアも小物も買うでしょう。

 

そう考えると、新しい試みの連続で、ドタバタと過ぎ去った3ヶ月でしたが、

気がつけば、 コロナで顧客が減少していくという前提にも関わらず、

市場は単純に2倍になったという仮説はあり得ると思うわけです。

というか、そう思うに至りました。

 

中小・零細・個人と、スモールビジネスになる程に、 技術開発や価格による優位性は持てないことが前提である以上、

本来、学ばねばならないビジネスモデルは、同業の大手からではなく、

異業種の同タイプからの置き換えになると、私は思っています。

個人に帰属する圧倒的ファンを、生涯で何人創れるか?というのは、命題となると思います。

人口減少が前提となる果たして市場は2倍になるのか?

経済がシュリンクしていく中、果たして自分のフィールドや立ち位置をどこに置くのか?

という仮説と実験を、 自分がモルモットとなることで面白がりながら進めて行きたいと思っています。

 

とか何とか偉そうなこと言いながら、リアルでやっているのは、せいぜい熊のぬいぐるみと戯れている程度ですが(苦笑)。

 

理屈上は成立する。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「無能に関わらず貢献欲は高い」のだから

企業や社会の、「こと生産性」において、

「無能に関わらず、貢献欲が高い人」

がいることが一番面倒です。

 

人は、ともかく、とやかく、やれ、

「人というものはね、・・・・」

「人間とはね、・・・・」

「社会というものはね、・・・・」

「人生とはね、・・・・・」

「経営とはね、・・・・・」

「世の中はね、・・・・・・」

というような大論じみた、自論極まりないことを、他人に言いたがります。

共感してもらいたがります。

 

あるいは、

「僕はこんなに頑張ったんだよ。」

「私はこんなにスゴイことやったんだよ。」

「ねぇねぇ、見て見て、知ってる?知ってる?あのね・・・・、」

「あのね、私は生きているにふさわしい、価値のある人なんだよ。」

と、自分のことを誰かに承認してもらいたがったり、是認して欲しいと、

何しろそのことで頭がいっぱいです。

 

人としての、「大脳新皮質」に関わる本能だけに、どうしようもないと言えばどうしようもなく、

それに加えて、自分の少々の生活や、少々の社会経験や、ゴマンといる程度の成果程度を出していく過程で、

それなりに、何か大切なことに気づいたことや、心が感動したことや、

あるいは、喜怒哀楽の感情が芽生えるものだから、

それらもまた、他人に共感して欲しいという本能を加速させます。

 

時代のスピードは速くなる一方という前提は、この本能たる欲求に、時に残酷な現実を突き付けます。

 

例えば・・・・・、

昨日まで、ある一定の生産性に対する能力が高く実績を上げた人がいます。

誰から見ても目に見える状態は、それ自体に貢献欲は満たされます。

さらには、実績があるが故に、表彰されたり、人前でスピーチしたり講演したり、

他の実績を上げたい人から、聞かれたり、依頼されたり、頼まれたりして、

要するに、他人からチヤホヤされたり、一人だけスポットライトを浴びる出来事に、

貢献欲はさらに満たされていきます。

そうやって覚えた快感は、脳に刻まれます。

 

ところが、昨日まで環境に対して有能だった価値は、スピードが速い故に変わる今日の環境に対して、有能かとなると、それは分かりません。

直近の事例で言うなら、コロナ騒動でしょう。

昨日までの有能は、今日一気に無能になります。

 

これが、最たる

「無能に関わらず、貢献欲が高い人」

の実態事例です。

 

人としての価値や尊厳は別として、こと生産性に関しては、それこそが圧倒的な不効率を生む権化となります。

とても辛く残酷な事実ではあるけど、でも事実は事実です。

時代のスピードが速くなることや、情報が増え続けること、価値観の多様化といった市場環境は、

その残酷な現実を次々と生み出していきます。

一つの成果やお手柄は、瞬く間に、何の価値もないお荷物となり果ててしまうのです。

そういう領域に入ってしまう人の数がどんどん増えるわけで、それでいいならそうやって生きていくのも一つの選択肢でしょうが、

それが嫌なら、真正面から、時代に合わせた有能な人になるべく努力するしかありません。

 

過去の成果という経験があるならまだしも、ただ生きてきただけで、何の実績も努力もなしに、サボりにサボり続けてきたに関わらず、

しかし、ただただ社会において、必要以上に是認して欲しい人など、吐いて捨てるほどいることでしょう。

 

私など、その人類代表のようなものです(苦笑)。

そもそも「コンサルタント」などという者は、誰からも頼まれもしないのに、

「私は◯◯について分かっているのだから、私が◯◯について教えてあげますよ。」

と、自分から人様に何かを教えてあげるなどと、

ほとんどの他人からしてみれば迷惑甚しいことをイケシャシャアと自ら言っているような人です。

 

その根拠と言えば、せいぜい、

「個人的な主張」か、「過去の実績・お手柄」か、「経験値」か、「人を動機付けさせるに値する感動やパフォーマンス」か、「統計値」か、「読んだ本や受けたセミナーからパクった知識の絶対量の多さ」か、「宗教」か、あるいは「宇宙と繋がっている」とか、「私には見えないものが見える」とか、

そういった根拠たるバリエーションがあるだけで、煎じ詰めれば客観的で科学的な証明など誰にもできないようなことを伝えて、集客して、情報を伝えて、お金と交換しているようなものです。

 

要は、いかに

「その根拠に共感しそうな人に、いかにそう思わせるか?」

ということを、(それを意図しているか、本能や天然でやっているかの違いはあれど)、伝えて、集客して、時間当たりのお金を頂く、ということをやっているに過ぎません。

幾多の反論はあるかも知れませんが、私はそう思っています。

どこからどう考えても、「未来を当てることが分かる」などということには、そうとしか思えないのです。

 

逆に、そーだ、そーだ、と思う人はいるかと思いますが、

でも、「そーだそーだと思う人」のお仕事も、厳密に考えてみれば、コンサルタントに限らず、それはほとんど全ての職業にも当てはまるのではないか?と私は仮説を立てています。

「この服を買って下さい。さすれば、あなたはこんな風に幸せになります。」

「髪の毛を切って下さい。さすれば、あなたはこんな生活が手に入ります。」

「私が作ったケーキを買って下さい。そしたらあなたは・・・・。」

「私の店で日用品を買って下さい。なぜなら・・・・。」

「私の仕入れた花を買って下さい。だって・・・・・・。」

全ての職業は、もうすでにどこにでもあるような、同じようなモノか、あるいはもっと安くて、あるいは代替えも効くような商品やサービスを、

「自分が売っているのだから」、という理由だけで、

「買ってくれ、買ってくれたら、あなたは、買った直後から未来に渡って、幸せになれたり、豊かになれたり、便利になったり、素晴らしい人生がおくれるのですよ。」

ということを、何の正確で客観性と科学性もないようなことを、根拠もなくただ言っているのです。

 

そう言う個人的極まりない主張に対して、顧客と想定される他人の集団は、

「なんで、あんたにそんなこと言うだけの根拠があるんですか?」

「なんで、私が、あんたを、わざわざ選んで買わなきゃいかんのですか?」

と、市場たる赤の他人達は思い、そして時に、ごく稀に、口に出して、

心の奥底か、健在たる言葉のどちらかで問うているのです。

 

そういう問いに、いかに、嘘なく、でも魅力的に、本当に自分を信じられる自分が、伝えられるかだけではないでしょうか?

 

となると、中小零細個人企業のスモールビジネスになればなるほど、いかに、

「他人に気に入られる自分」

「他人から魅力的だと思ってもらえる自分」

になることでしか、具体的に実績を上げることはできない、

すなわち、それしか道はないと言うことになります。

自分のことを信じてくれたり、気に入ってくれたり、任意の客数から支持されるに耐えうる自分になる為には、どうしたらいいのか?

人とどう関わり、繋がり、人の話を聞き、自分を伝えたら、そうなれるのか?

 

そこに愚直に真摯にひたすらに進めばいいに関わらず、

私達は、途中で、他人にとってはどうでもいい講釈を垂れたがります。

やれ、

「私の人生観は、仕事観は、これこれこうです・・・・」

「私の方がスゴくて偉いはずなのに、苦労してきたのだから、・・・・」

「私だってこうしてやってきたんだから・・・・」

「もうこの歳になって、若い人達に大事なことを伝えていきたいようになってきた・・・・」

 

それを聞いて、他人は思います。

「大きなお世話だよ。」

「知らんがな。」

「聞いてねーよ。」

「私の時間を奪わないで下さい。」

「もういいから、何もせずにじっとしてて下さい。その方が私は幸せです。」

そう言われています。

 

言葉では言われなくても、誰も認めてくれない自分と言う存在は、何となく感じることくらいはできるから不思議です。

それは、現実の評価である売上金額だったり、誰かも何も聞かれなかったり、相手されなかったり、誘われなかったり、

様々な場面で感じ、そしてストレスや鬱憤を溜め込みます。

 

溜め込んだ結果、何らかの形で、その感情を表そうとします。

時に、他人を攻撃することによって、

時に、誰かに聞いて欲しいと依存することによって、

時に、役立とうとして、

時に、部下という生き物の命を使い、

時に、キャバクラでお金を使って覚醒させ・・・・、

様々な手を講じて、自分の貢献欲を満たし続けます。

ただし、現実は現実です。

虚像から目が覚めれば、残酷な現実は変わることなく、変わらないどころか、さらに人を遠ざけるさらなる現実に至り、

こうなるともうアリ地獄とも、底なし沼とも、ブラックホール状態とも、形容のし難い状況に陥り、もう抜け出すことができません。

 

「終わり」です。

「終了」です。

 

終了だけど、ただし、一旦ではあります。

だから、諦めなくて良いと、私は思っています。

 

本当の終わりかと言うと、私はそうは思いません。

ここがやっと現実の認識であり、ここからがやっとスタートなのではないかと思うわけです。

クソだったり、クソ以下の自分を嫌と言うほど認識したとして、

だから、諦めるか、それでもあがくくらいはあがいてみるかは、それは本人の意思次第です。

だから、そのままで嫌なら、あがけばいいのです。

それくらいの選択肢と意思決定くらいは自分でしてもいいでしょう。

 

そこからでしか、他人様に貢献できる程の能力や実績を培う努力に向かう意思決定などできないのです。

 

恐らくは、「能力と実績と貢献欲」は比例します。

何がどうという論理は私の中で解明されていませんが、恐らくは比例すると思います。

貢献できるかどうかは、他人に聞かれたり、依頼されたり、任意の望む人数に至るまで、

淡々と粛々と実績を積み上げるのが、結果的には最も効率的です。

 

私事で言うなら、家業廃業時と、株式上場時と、ほとんど言っていることは変わらないはずなのに、

株式上場へと向かう過程と、株式上場してからの依頼の数は圧倒的に増えました。

どれくらいかと言うと、少なくともこの7年間に渡り、生活に困ることはなく、子供2人を私立の大学に行かせて、それなりに楽しい毎日とウソなく言いながら生きれる程度には、仕事の依頼が途切れることなく増え続ける程度に増えています。

人は、崖っぷちから、いかに立ち直っていったのかの過程にこそ、自分が学ぶ興味を持つのだと思います。

ということは、クソ以下である今というのは、スタートとしては絶好のチャンスとも言えるわけです。

 

だから、貢献が欲しければ、先に実績なのです。

身の丈に合わない「実績なき貢献欲」は、他人の迷惑を生み出し、泥沼に陥っていきます。

「実績に基づく貢献」は、そのままさらにスパイラル上に加速しながら上昇していきます。

その違いは、文字通り雲泥の差となります。

そして、何が唯一のキーワードかと言えば、こと実績であり、

実績があると認識できる瞬間こそは、他人から聞かれることであり、依頼となります。

 

ただ、そんなことを言ったら、誰も何も言えなくなるということになります。

にも関わらず、情報発信はしていかねば、何も始まらないという現実もまたあります。

この二律背反とも言える状況に、一つの答えを出していくことこそが、

まだ実績のない私や私達が出すべき、本来の「情報発信」とは何なのか?が見えてくるような気がするのです。

 

実績も、実力も、何もない私が、それでも何かしら貢献したいという、正しく、

「無能に関わらず、貢献欲は高い」

人類代表のような私が、今考えているところです。

 

これからどの実績を持ってして、他人様の人生に貢献していくか、

昔の人が言う、「愚直に勤勉に謙虚に真摯に、ただひたすらに働きなさい。」というようなお言葉は、

もしかしたら合っているのかもしれませんね。

それが正しいかも知れない、実験たる仮説と検証は、まだまだ続けないと、分からないのだろうなと思っています。

 

私は私で努力します。 

一緒にやれる人は一緒にやりましょう。

 

違うという人は、あなたはあなたで勝手に頑張って下さい。

たくさんの人類がまだいるのだから、それでいいと私は思っています。

 

私は目標に対してかなり無能(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

通信環境の改善はどんな本質理解を運んでくれるんでしょうね

TOSBOI STUDIO の通信環境がやっと整いました~。

昨日、業者さんに、入れ替わり立ち代わり来て頂いて、やっと「光」通信の環境が整いました。

ってか、遅ぇよ、って感じなんですけどね(苦笑)。

この7年近く、事務所以外・名古屋以外のお仕事が中心でしたが、

ここ数か月の環境変化により、引きこもり率が圧倒的に増えることで、私のビジネススタイルもライフスタイルも、短期間に劇的に変わってきています。

私も私達も、いかに、「環境に活かされているか」を実感させて頂いているこの期間です。

同時に、過去に、成功法則だと思い込んでいたことや、普遍的だと思い込んでいたビジネスの方法論も、

全て一旦捨てきることから考え直す期間だと言えます。

たかが新種のウィルスが一種増えただけで、私もビジネス社会も、これだけビビッて、打つ手もないまま、右往左往するわけですから、

今までが間違っていたと一旦は決め切ってしまうことからでしか、

次のステージにも行けないし、本当のことも分からないのではないかと思うのです。

この3か月と、これからの意識と意図というのは、存在そのものに大きな影響を及ぼすと仮説しているので、

せめて、まぁ、もがくだけはもがき続けたいと、それだけは決めています。

 

1日経って、今のところ、通信環境が快適になったことで変わったと思うことと、今までとあんまり変わんねぇなぁと思うことと、両方あって、

ということは、まだ未経験だし、知らないことばっかりなんだろうな、と実感しているところです。

最新の技術に感謝しながら、変わらぬ本質への探求という2つの軸を、経験しながら進んでいければ、面白いだろうな、と、

時代に遅れているオッサン(苦笑)は思っているところです。

 

これ書いてる時点でとっても快適(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ