本物でない誰かが本物になる条件

外は寒いと思って出てみたら、予想外に暖かくて、レザージャケットを脱いで、

暖かいなと思って車内に入ったら、寒いと感じてレザージャケットを羽織って、

予想していたことや、普通は外が寒くて中は暖かいという自分の中の普通は、

予想に対してまるで反対のことはよくあります。

車中が予想以上に寒くて、脱いだレザージャケットを身体にかけました。

 

未来のことなど、0.1秒後から、10年後に至るまで、まるで分からないわけで、

未来に対してあるのは予測だけです。

 

未来予測はどこまでいっても予測ですが、

予測のバリエーションの数に対しては、人によって違います。

その数は、今この瞬間までの、リアルな体験や経験に比例するでしょう。

私はこのリアルな数の多さこそが力だと思っています。

 

体験や経験は、時に傷がつくことも多々あるわけで、良いことばかりではありません。

むしろ辛いことや、苦渋の選択をしたとしても、誰からも理解されなかったり、

誰かからは誤解されたり、誰かから嫌われ、さらには恨まれたりと、そんなことの方が多いとも言えます。

それは、体験・経験が進むリスクと言えます。

しかしながら、傷つくことを避け、そのリスクを取らずに時が経ってしまうリスクは、

取り返しのつかないリスクとなり、それこそが人生最大のリスクと言えると私は思っています。

 

そうやって傷つきながら、経年変化と共に、まるで別物のような魅力が、自分だけのものになっていくレザージャケットが、

いつまでも私は好きで、いつまで着続け、

まだ見ぬ明日の、より傷と皺が増しながら、

圧倒的なオリジナルの艶と色気を実感する度に、

私もそうなりたいと、ずっと明日のまだ見ぬ自分に憧れ続けているのだと思います。

 

経営において、キリがないことが分かっていながらも、起こるであろうことに対する予測は、

それまでの全ての体験・経験をブチ込み、

それでも、性懲りも無くまた違った予想外のことを受け止めながら、

新たな傷や皺が増え続けながら、

そうやって少しづつ少しづつ、そして気づけば、本物の魅力たる力が付いていくのだろうと、

まるでペラペラの私にも、こんな私とも関わってくれるまだペラペラの他人にも、

長年のレザージャケットの経年変化の魅力を信じている私は、

必ず本物となっていくことと信じています。

 

応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

何をしていても時間は過ぎ去っていくのだから

寝ていないので、眠ろうと思い、目をつむっていたら、

考え事をしてしまい、寝れなくて、あぁ、どうせ眠れないなら、そろそろかな?と思って、

車窓のカーテンを開けたら、思い切り目の前に完璧な富士山で、

慌ててスマホのシャッターを押しました。

寝ていたら時間は過ぎるし、考えていても時間は過ぎて、

気がつけばラッキーでそこにいたり、後になって悔やんでも手遅れになったり、

時間というのは、こちらの都合などおかまいなしに、まるで新幹線の車窓のように、

容赦なく過ぎ去って行ってしまうのだろうな、と思っている新幹線の車中です。

寝て時間が過ぎていくのか、

考えて時間が過ぎていくのか、

何かを意思決定して時間が過ぎていくのか、

何かを動いて時間が過ぎていくのか、

どの時間の過ぎ去り方が良いのか悪いのかは、私は知りませんが、

どの時間の過ぎ去り方を選ぶのかは自分で決められるのだから、

それくらいは自分の意思で決めればいいのだろうな、と、

そんなことを思っています。

皆さんも私も素敵な時間の過ぎ去り方をしていることを祈っておきました。

自分で決めれば良い。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ツヴォイ式お絵描き071「ビル・ロビンソン」08

「ビル・ロビンソン」が「ジャンボ鶴田・試練の十番勝負・第4戦」(1976年7月17日・北九州市三萩野体育館)の

一本目先取のフォールで魅せたのが、この「欧州式足折りエビ固め」でした。

鶴田のバックを取って、「足を取ってくれよと言わんばかり」(実況ゲストの馬場談(笑))に、誘い水のように片足を出し、

まんまと取りに来た鶴田の両手を掴んで、ひっくり返し、肩と腕を決め、

さらに反射的に両足を上げて逃れようとあげた両足を、そのままロックして、身動きできない状態にするまで、

まさしくあっと間の瞬く間に、華麗に綺麗にエビ固めに固めて、スリーカウントのピンフォール。

ダブルアーム・スープレックスやワンハンド・バックブリーカーの大技もさることながら、

猪木からフォールを奪った「逆さ抑え込み」や、この流れるようなフォール技しかり、

それまで見たこともないような科学的・論理的・心理的な要素も含めたテクニシャンぶりに、私の脳はロビンソン最強へと導かれていきました。

以来、ロビンソン始め、カール・ゴッチ、ホースト・ホフマン、ステイーブ・ライトといった「欧州レスラー」というのは、

この技に、「欧州式」ととう名が付いていることも相まって、皆、頭がいい人達だと思い込んでいきます(笑)。

当時のテレビ中継では、倉持アナがロビンソンのこれ系のエビ固めが出る度に、

「回転地獄エビ固め」と呼んでいて、何が「地獄」なのかよく分らんけど、一度はまったら二度と抜け出せないというくらいの意味なんだろうと思っていました(笑)。

いまだに、倉持アナの勝手なイメージ造語なのか、正式名称なのか、私は分かりません(笑)。

どうあれ、この初対決以来、ロビンソンが何度も戦う鶴田戦の中でも、最高名場面の一つがコレです。

応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ