少々の決意では人は変われない(苦笑)

新幹線であれ、飛行機であれ、

出際にドタバタして、搭乗に滑り込むのが通例なので、

今日こそは、全然余裕もって、のんびり駅まで向かって、

へっへ〜ん、余裕だぜ〜、

と思おうとして、名古屋駅の改札に着いて、チケット出して時間の確認したら、

7時31分発だとばっかり思ってた新幹線が、

7時23分発だとそこで気づいて、

時計見たら、7時21分で、結局大慌てで階段ダッシュで登りました(苦笑)。

 

人間はそう簡単には「変わらない」のか、

「変われない」ように歯車が回っているのか、

よく分からないけど、

(要するに私がアホなだけだけどな)

とりあえず無事に乗れたので、

行ってきます。

 

へっへ〜ん、案の定、全然余裕なかったぜ(苦笑)。

 

 

ガチ時間間違えてて、ガチヤバかった(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「新しい」の効率的な生み出し方

仮に、凡人である私が、今のビジネスの延長戦上には未来がない、と思って、

何か新しい商品・サービスを作ろうとしたとします。

 

新しい商品・サービスを作ろうとする時というのは、「新しい」というキーワード故に、

「新しい」に思考が働いてしまいます。

 

ところが、もう片方で、

何もないところから、新しい商品やサービスをつくったとしても、

「そもそも、まだ何者でもないあなたから、誰も買いませんよ。」

という、残酷な現実にも、目を背けてはいけないというジレンマが発生します。

 

となると、

他の人よりも精通していたり、時間とお金をかけてやってきた結果である、

「今やっていること」「今までやってきた」

ことから、発生する「新しい」をいかに見つけていくか?ということが、

最も早くて成功確率の高い「新しい」になる可能性が高いということになります。

 

「新しい」というのは、「新しくないところから生まれる」という、

境目がよく分からない禅問答のようなグラデーションの中から生まれるものだと私は思っています。

 

それが、仮に、これまでの自分のやってきたこと、

仕事で努力してきたことはもちろんでしょうが、

プライベートや趣味や、

喜びや、解決しようと全力を尽くしている何か、

あるいは、涙が溢れるような感動体験・・・・・、

 

すなわち、人生そのものに対して、

誰かが勝手に価値を見出してくれることにこそ、

自分では気づいていない「新しい」があるとしたら、

 

それは、新たな商品・サービスの開発コストも、新たな顧客開拓コストも、かからない、

最も効率の良い「新しい」ものが生まれるということになります。

 

ここをよくよく考えた方がいいと私は考えています。

情報発信に対して何を意図すべきか?

の根幹にあたるところだと思っています。

 

 

 

失敗確率が低く、効率的な方がいい。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

先に事実を伝えることが抽象論を伝えるに至る

もし、抽象論を語りたいなら、先に実績を言うことです。

 

ここでいう、

抽象論とは、心の中にある価値観や概念です。

人によって価値観が変わることでもあり、「定性的」表現とも言えます。

「頑張ろう」とか、「皆で楽しもう」とか、「努力しよう」とか、「全力を尽くせ」とか、「挑戦こそ我が人生」とか、「愛を届ける」とか、「真心で接しよう」とか、そういう類の表現ですね。

 

実績とは、数字や単位で表すことができるものです。

人によって価値観が変わらない「定量的」な表現とも言えます。

「1,000回はやれ」とか、「100は集めろ」とか、「あと4時間は続けろ」とか、「前年比135%アップ」とか、「一日で1,000人集客」とか、

「廃業から10年で株式上場」はこれに当たるでしょう。

 

このブログを読んで頂いている方は、私のことはご存知の方が多いかと思いますが、

講演やセミナーでお呼び頂いた場では、主催者の方以外は、私のことは全く知りません。

 

ほとんどの人が、私の話など聴きたくて集まったわけではなく、別の主たる目的で集まった訳で、

仕方なくその場にいるだけ、という人しかいないという場もたくさんあります。

 

要するに、どこの誰だかも分からないオッサンの話を聴きたくて、わざわざその場にいる人など一人もいないわけです。

まぁ、完全アウェイというやつですね。

 

そんな場に私が出て行って、何か喋ろうとしても、

例えば、

「皆さんは、自分の人生に誇りを持っているでしょうか?

いかなる人生にも必ず価値があります。

自信を持っていきましょう。

それこそが業績アップの秘訣なのです。」

とか、

「結局最後に見られるのは人間性の問題なのです。」

「タイムイズマネー。そう、時間こそが・・・」

「皆さん、全ては意識の問題です。いまこの場で何を意識しましたか?」

とか何とか、誰でも言えそうな自明の理を言ったところで、

「うるせぇな、偉そうに。ほんで、あんた、そもそも一体誰やねん。そんなもん俺でも言えるわ、ボケ。あんたのどうでもいい話なんて、聞かせて下さいなんて一言でも頼んだ覚えないわい。はよ、終わらんかい。」

となって当然です。

 

先に、

「家業の廃業後、10年で、30店舗・スタッフ数700名・売上50億円・経常利益2.5億円・のリサイクルショップの実績で株式上場を果たしました。」

という、一つの実績であり、定量化された情報を伝えて、

初めて、

「なんかすげぇな、どうしたらそんなことできたんか聞いてみたい。」

と、興味を持ったり、

「だから?だから何なんだよ、そんなこと俺には関係者ねぇし。」

と、興味を持たなかったり、

そこで初めて、聴きたい人が、聴く動機を持ったり、

聴きたくないもない人の両方が、やっと発生します。

 

実績を伝えて、

「どうしたらそれができたのですか?」

と興味を持たれない限り、

どんな美麗語句も、大義も、ご立派な教えも、強い想いも、

聞くに絶えない無駄な言葉の数々と、傲慢にも近い残酷な時間の経過に過ぎません。

 

誰も、何の得もメリットもない他人の話など聞きたくありません。

ところが、人は自分の話は聞いて欲しくて聞いて欲しくて仕方ありません。

是認されたくて是認されたくて、どうしようもなくウズウズしています。

 

大事だと思っている抽象論で、聞いて欲しいことがあるなら、

そもそも自分の聞きたい人を目の前に集めない限りは、聞いてもらうことはできません。

 

どうしたら集めることができるのか?

何もない私の唯一は、定量化された実績を先に伝えることのみです。

そこに興味を持った人を相手にすることでしか、

私の抽象論などという、どうでもいい戯言は、

価値がある言葉にはなり得ません。

 

「ピンチをチャンスに変える方法」

と言っても、ピンチをチャンスに変えたことがない人が、どうしてそれを言えるのか?という疑問を持たれるのが普通でしょう。

でも、その言葉は誰でも言えます。

 

「誰でも簡単集客術セミナー」

と言っても、そのセミナーの募集そのまのがうまくいっていない人に、信憑性を感じるか?と言えば、直感的に信じないでしょう。

でも、誰でもそのネーミングを書くことができます。

残酷な現実とは、そういうものでしょう。

 

有名な伝え手である、ある人が言っていた強烈な一言は、

「実績のない奴は、語るな」

でした。

 

では、「興味を持たれる実績」とは何か?です。

私は、

『「それ」がまだできていない人にとって、

「それ」をすでに実現している事実全て』

だと定義しています。

 

自覚が、立派であろうとなかろうと、御大層であろうとなかろうと、

その事実を伝えた結果、その事実に行きたいと思っていて、でもまだ行けていない人にとっては、貴重な実績となります。

 

ということは、自分の自覚がどうあれ、事実を伝えさえすれば、それは誰かにとっての、貴重な実績となる可能性はあるということです。

 

もし、誰かに役立つ伝えたい何かがあるのなら、

先に、事実をただただ伝えればいい、という仮説が成り立ちます。

 

自分では、聞いて欲しいと思っていた通りの「それ」を聞きたい人が来るかもしれないし、

自分では、全く価値だと思っていなかったことに、価値を感じて依頼が来るかもしれません。

 

それは、情報を発信し続けてみることでしか分かりません。

できるだけ多く、できるだけ多方面へ。

その方が、「それ」を聴きたい人に伝わる確率が増えます。

 

その中から、

「お金を払ってでも聞きたい」

という人が一人でも現れ、そこに、新しい事業の芽や、起業の瞬間があるとするなら、

何より確実ではやい、

伝えたい場が生まれるということになります。

 

廃業して、上場して、無職になって、

さて、どうしようか?と考えていた最中に、

何の商品もサービスもないに関わらず、知らぬ間に年間売上が出来始めました。

 

私がやってきたことは、日々の出来事や、事実や、それに対する感情や価値観を情報発信しただけです。

それで、次の起業や事業を始めるに当たる、お金や時間というコストは一切かからずに、

言いたいことを聞いてくれる人の場ができました。

 

さらにその後の、この10年近く、それをただ続けているだけです。

 

もし、一定期間、情報を出し続けて、それでも何の問い合わせもなければ、

何かが違うということが分かって、

別の手を取ればいいし、

もし何かが生まれたら、それを加速させれば良いわけで、

どっちにせよ、結果と事例だけは手に入ります。

 

実績の定義は人それぞれあるでしょうが、

私は、

「実績=事実の連続=日常の連続=人生」

だと思っています。

 

何か大論とも言える抽象論が言いたいのなら、

実績のを先に出して、興味のある人に伝える方が、

互いに価値ある時間であり、互いに有益である、最高の仕事と人生を生み出す一つの方法だと思っています。

 

最も費用対効果が良い投資は日常の情報発信。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ