鮮明に甦る記憶に幸せを願っています

リニア開発計画に基づいてなのか、事務所の周りがどんどんと変わっていっています。

ご近所のあちこちが、みるみる解体されていっては、新しい駐車場や建物に変わっていっています。

 

この辺りは商店街で、駅西銀座商店街の道路側はお店が立ち並んでいて、

その裏側にお住まいがある建物が多く、かくいう私の実家でもあるこの事務所も、そういう長屋の一軒です。

 

当時からずっと残る、築60年とか70年とかの民家も珍しくなく、

一部が解体されて、その跡が剥き出しになったままの建物が稀に出てきたりします。

 

写真の建物は、私がまだ幼稚園の頃に、仲良しだった「あけみ」ちゃんという女の子が住んでいて、

よくこのお家の中でも遊んだりしました。

 

表のお店(何屋さんだったのか覚えていない)を通り過ぎて、

この建物の2階にあがって、あけみちゃんの生まれたばかりの弟が寝ている姿を一緒に見ながら、

「赤ちゃんはまだ目が見えないんだよ。」

「赤ちゃんのうちはまだ息ができないから頭で息を吸ってるから頭を触っちゃダメなんだよ。」

と、ホントかウソかよく分からないことを教えてもらいながら、一緒に赤ちゃんを大切そうに見ていた場面が、何故か鮮明に記憶に残っていて、

前を歩く度に、いつも思い出したりします。

 

顔のまん丸い、よく笑う、元気でハツラツとした女の子で、

一緒駄菓子屋さんに行った時に、カチューシャのオモチャを買って、頭につけていたのを見て、

自分とは全く違う、女の子らしいオモチャを喜ぶ彼女に、その時、おそらく初めて異性であることを実感して、とても可愛く思えました。

少し照れて走る出す私を、声を出して笑いながら走って着いてくる姿が忘れられません。

 

その時の記憶を最後に、その後、あけみちゃんのことは全く分かりません。

今も元気でいてくれたらいいな、と一人で時に願っています。

 

スピードが速くなったり、新しくなったり、住みやすくなったり、豊かになったり、便利になったり、

それはとっても素晴らしいことで、喜ばしいことなんだけど、

時に、自身が形成された出来事や、切ない思い出に馳せることで、何か大切なことを思い出せたり、

そういう機会はあったらいいな、と一人思ったりします。

 

子供の頃の周りにいたお友達は、今考えれば、色んな子達がいて、

わざわざ、もう一度会ってまで会いたいと思うことはないけれど、

皆、それぞれ、元気で幸せでいてくれたらいいな、と思っています。

 

あけみちゃん、元気だといいな。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

終わった情報に何を思ふ

フと見つけた施設のエントランスディスプレイに、

「あぁ、そうか、もう『子供の日』の時期か・・・」

と一瞬思ったけど、5月5日はもうとっくに終わってるじゃんね、という日だった(笑)。

 

5月5日は、私は入院中で、

「今日は子供の日ですね。」

なんてことを、Facebookライブで、自分の口で言ってたに関わらず、そんなことすっかり脳から消えているわけです(笑)。

 

現代社会でよく言われる情報スピードが早いということは、一定時間内の情報量が多いということでもあるわけで、

ビジネスの有効情報という側面からすれば、うかうかしてると、さっきの情報がもう古くなってしまって、

どんどん新しい情報を取得したり、限られた人生時間内に体験・経験しておかないと置いていかれる、

という強迫観念に追われて、要するに落ち着かなく余裕なく動いている間に疲れてしまって、

そもそも何の為に生きてるんかい?ということを感じてしまうこともあるのだろうし、

 

反面、まぁまぁ、そんなに慌てずに、ゆっくり、じっくり、一つ一つのことをしっかり堪能しながら、生きてればいいじゃん、

自分の人生なんだから、自分が一番しっくりきて、楽しめる時間を重ねていけば、という考え方もあって、

それはそれで一つの考え方と生き方でもあるのだから、おおいにアリなのだろうと思います。

 

人というのは不思議なもので、同一人格でありながら、

ある時は、情報スピードが速いのだから◯◯しよう、という時も有れば、

周りの情報に惑わされずに自分のペースを大事にしよう、という時もあるわけで、

 

その都度、刹那的に感じる感情だけで、ただ喋ったり、主張したりしているだけなのかも知れなくて、

他人の言うことに、自分の正解を求めようとすると、

益々何をどうしたらいいのかよく分からななくなってしまうのでしょうね。

 

かくいう私は、どっちなのか?と言うと、

んなこたぁ、どぉでも良くて(笑)、

せっかく時期を越えて、アホ画像が撮れるチャンスが巡ってきたのだから、

撮ってもらって、こうしてアップすることに必死になっている、

というだけのことだったりして、

あとは、都合のいい時に、都合のいいことを言っていられれば、そんでいいや、程度ということになります(苦笑)。

 

良かった、退院後に街中で子供の日を実感できて(笑)。

 

応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

時に歪んでいる自分を自覚しておく(苦笑)

自分では普通で当たり前だと思っていることも、

別の視点で見てみると、フィルターがかかって歪んでいるようなことはあって、

要するに「自分の普通』は「他人の変」なわけです。

 

「変」と言ってしまえばそれまでなんだろうけど、

別の見方をすれば、「価値」とも言えるわけで、

 

自分では当たり前で何の変哲もないと思っていることや、

ただ環境に流されて生きてきただけと思ったりていることや、

意に反してやらされてきたことや、

何でこんなことばっかり自分の身に降りかかるのだろう?とか、

 

まるで自分では「価値」などと自覚できていないことの中に、

他人から見たら凄まじい「固有の価値」が宿っているというようなことは珍しくありません。

 

それは、自分を客観視してみないと分からないわけだけど、

自分を客観視するというのは、

①自分で自分を客観視する

②他人からの自分という客観視

という大きく2つの客観視があるわけです。

 

ところが、両方ともに限界はあって、

自分で自分を客観視するというのは、どこまで行っても、元は自分なので、結局ら自分という基準を越えられなかったりして、

結局、独りよがりに終わってしまうことはよくあるし、

 

他人からの客観視というのは、その相手の心が歪んでいたり、アホだったりすれば、まともに取り合わない方がいいし、

あるいは、いいことばかり言ってくる人というのも、単なる都合の良い相手というだけのことになるので、

これまた難しい。

 

そういうことって、実績で証明されない限りは、できていると言えないわけだから、

自分と、自分の周りの人が素晴らしいという説得力は、なんだかんだいって、実績が一番分かりやすいのでしょう。

 

客観視というのは、口で言うほど簡単ではなかったりしますね。

 

となると、自分が行きたい何かがあったとして、そこに向かっていく過程の中で、

本気で自分のことを見てくれたり、考えたり、大切に思ってくれたり、感情と論理を分けて物事を見てくれてフィードバックしてくれる人の存在というのは、とても大きくて、

その数は多いに越したことはないけれど、もし、一人でもいてくれたら、それはもう何よりもの財産ということになるのでしょうね。

 

私も、もちろん、そういう人が欲しいとは思いますが、

ということは、他人もきっと欲しいだろうという前提に立って、

自分が他人にそうでいられたら素敵なわけだから、

時にこうして、必死で、ガラスコップを通して、歪んだ自分を客観視する訓練をしているとも言えます(笑)。

 

って、結局、アホ画像の肯定後付けかい(苦笑)。

 

 

そりゃ歪んでるよな(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ