ツヴォイ式お絵描き087「スティーブ・マックイーン」25

名だたる映画スターには、時に異色作というのがあるのだと思いますが、

「スティーブ・マックイーン」においては、私の中では、この

「華麗なる週末」(原題:The Reivers・1969年・アメリカ映画)

が最も異色作として認識されています。

アンチヒーロー、男くささ、本格的アクション俳優としてのキャラクターが最も確立されていますが、

後年には演技派俳優としての道筋を明らかに意図していたと言われていて、確かにその通りと思います。

ただ、この映画は数少ないドタバタコメディ映画として評論されている作品で、

あまりにメジャーではなく(笑)、代表作ではないにしても、あまりに表にでることはなかった故、

私の中では興味が深まっていった映画です。

マックイーンにのめり込んでいく過程の中で、後年になって、やっと見つけて観れた映画の一つです。

抱いていたマックイーン像とは全く違う役どころで驚きました(笑)。

確かに数あるマックイーン作品の中でも不評で、ヒットしなかったのも頷けます(笑)。

しかしながら、そこはそれ、もうマックイーンなら何でもいい、という盲目的ファンになってしまっている私にとっては(笑)、

そうか、こんな役どころもサラリとこなしてしまうあたり、やっぱりプロ中のプロなんだな、とか(笑)、

撮影された70年代近いヘアスタイルに新鮮さを覚えたり(笑)、

柄物のピンクのシャツがやけに素敵に記憶に残ってしまって、古着で似たようなのはないかと探したり、と(笑)、

そうか、ファンビジネスというのは、ここまで魅了してこそファンビジネスと言えるのだな、と、

文字通り、その人が好きなら何でもあり、という基準もまたマックイーンから勝手に学んだと納得するわけです(笑)。

私の中では、正しく、その人が好きなら何でもあり、を象徴するマックイーンの映画ですね。

しかしながら、物語は内容はとっても良くて、

舞台は1905年のミシシッピー。自動車が発明された当時。

11歳になる少年が、四日間の旅の経験で、現実の厳しさや大人の裏側を突きつけられる中、

マックイーン演じる「ブーン」始め、優しい大人達に牽引されながら、大人へと旅立っていくという素敵な物語です。

やっぱり、こうして素敵になってしまうわけですね(笑)。

 

応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ツヴォイ式お絵描き086「スティーブ・マックイーン」24

「スティーブ・マックイーン」のプライベートフォト写真集は何冊か所有していて、時折開いては、

穏やかで優しい笑顔の中にも、目の奥の寂しさも感じたりして、

絵になってしまう人は、何気ない瞬間でも、絵になってしまうのだなぁ、と、

気づけば、長時間過ぎ去ってしまっています。

そういう時間は幸せな時間なのだと思います。

絵になる瞬間をプロが撮っているから絵になるのか、

どの瞬間を切り取っても、絵になる人だから絵になるのかは分かりませんが、

いちいち意図して、自分をより良く撮ろうとする私などとは、雲泥なわけで(苦笑)、

まぁ、そうやって比較することそのものが、そもそも不遜とも言えるのですが(苦笑)。

本人が意図していない領域に、他人から見たら大きな魅力や価値があるというのは、

ビジネスシーンにおいても、また人の新規事業を考察する時にも、必ず見ていこうとするわけで、

だとしたら、もしかしたら私にも、マックイーン並みの、意図していない魅力や価値があるのかも知れないと、

思いを馳せる時間が幸せなのかもしれません(笑)。

そして、見え透いた自分のあざとさを稚拙に思いもします(苦笑)。

 

応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ツヴォイ式お絵描き085「スティーブ・マックイーン」23

もともと寒がりな私としては、こうも寒くなるとムートンジャケットが無性に着たくなるのが楽しみで、

結局、寒いのは嫌いではなく、好きということになるわけですが(笑)、

ムートンジャケットと言えば、そこはもうそれ、「スティーブ・マックイーン」なわけです(笑)。

もともと嫌いな対象であっても、それを凌駕するほどの好きの対象があると、丸まって「好き」という単純な塊になるというのは、

そもそもが面倒くさい連続でしかない業績アップの手法一つ一つをも凌駕するほどの得たい何かがあれば、

どんなに面倒くさいことでも嬉々としてこなす、ということも同義かと思うと、

ビジョンやモチベーションというのが、前提としていかに大切かということが良く理解できます(笑)。

マックイーンのムートンジャケットスタイル(B-3)が、ふんだんに登場する映画は、

「戦う翼」(原題:The War Lover・1962年・アメリカ・イギリス映画)

で、冒頭シーンから当時のフライトジャケットの名品の数々が、マックイーンはじめ共演者や大勢のエキストラの人達が着ていて、たくさん出てきます。

作品的には、私はあまり好きではありませんが、見所はマックイーンのレザージャケットスタイルと、狂気に満ちた役どころの見事な演技で、

それがやはりカッコいいので、結局好きな映画の一つになっているという(苦笑)、

まぁ、同じ論法で「丸まって好き」ということで(笑)、

マックーインなら何でもかんでも、こうして経営論に強引後付けで学びへと昇華させてしまうわけです(笑)。

今のうちに、引きこもっていても、オーバースペックだろうと、ムートンジャケットを着ておくことにします(笑)。

応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ