ツヴォイのYouTube動画配信再開します

長く更新していなかったYouTubeを再開しました。

 

2020年4月6日から、Facebookライブで動画配信を続けてきて、

2021年5月19日で、連続配信500日になりました。

 

そもそもの意図は、

①コロナ禍におけるビジネス環境において、自らが「新たな価値を生み出す」ことでした。

②「新たな価値」は、私の過去の経験上、「新しい人達との出会い」によって生まれていました。

③「新しい人達との出会い」は、自らの「情報発信」がその前提だという仮説に至りました。

 

まずは、名前と顔が担保されていて安心できるFacebookの「友達」に、動画を見てもらい、

きたんのない意見を伺おうと思いました。

 

このFacebookライブ実験配信は、たくさんの素敵な方達に恵まれて、

私の予想以上に、様々で多くの成果と共に、かけがえのない気づきと学びを頂くことができました。

 

結果として、この実験は、まるで予想してなかった「ツヴォイ式ビジネス実験室」オンラインサロンのスタートはじめ、

今日に至るまでに、いくつかのビジネスモデル構築の可能性を生み出しています。

当初の意図を良い意味で裏切り、現在の連続500日を更新し続けるに至っています。

 

この自らの実験モルモットとしての活動を鑑みると、恐らく、上記①~③の仮説は合っているだろうと思います。

 

同時に、500回のFacebookライブ配信における、私の実力の限界ラインも見えてきました。

約2,000人という母集団で、何をどれだけすると、どうなるか?という私の確率は、現段階でここまでだろうというラインが見えてきました。

となると、さらなる「新たな出会い」のきっかけをどこで創りに行くか?

になります。

その課題に対する、次の一つとして、

いくつかある候補の中から、久しぶりにYouTubeの動画配信に向かってみることにしました。

 

情報発信を二つの軸で分けてみると、

①「発信者という個人の軸」と

②「コンテンツ(中身・内容・ネタ・商品・サービス)の軸」の

2つになります。

 

①は「誰が言っているか」

②は「何を言っているか」

とも言えるでしょう。

 

「坪井個人」という軸で成立しているFacebookの世界は、

友達同士という意味で、何を言っても一旦は聞いてくれるわけでアドバンテージがあります。

それは、言ってみればとても有利な場でもあり、優しい場でもあるとも言えます。

 

逆に、YouTubeの世界は、②の要素からのアプローチが近いわけで、

私のようなまだ何者でもない者のコンテンツ程度では、

すでに群雄割拠・実力者や有名人が、ひしめき合っている中で何がどうなるかなど全く分かりません。

 

ただ、これもまた、やってみないことには何も分からないことや、やらないことには可能性すらないことも経験上分かっているわけで、

実験としては、とても面白く興味深い対象と思うわけです。

 

これが、Facebookの友達を、自ら強引に増やしに行くことよりも優先した理由ですね。

効率よりも面白そうな方へ行きたい性とも言えるわけで、こればっかりは仕方ない(苦笑)。

仮に、成果を出しても、ズタボロになっても、どっちにしても、まだ見ぬ自分に出会えそうで、

これこそが「新たな価値」への扉だと思うので、どっちに転んでも目的達成するという、

これは、いわばノーリスクの選択とも言えるわけです(笑)。

 

これらを総称して「次の実験」という定義をし、

次の実験へと向かいたいと思います。

 

で、肝心の配信内容ですが、

本来であれば、YouTubeはYouTube用の動画撮影して配信する方がいいとは思いますが、

まずは、圧倒的に配信数を上げていきたいので、大きく2つの柱で行こうと考えています。

 

①YouTube用の新たな動画

②ストックしてきたFacebookライブを編集した動画

に2つです。

 

私の場合、発信が止まる大きな理由は、「ネタ切れ」と「時間」です。

(ホントは最も大きい根本的な理由は「面倒くさい」ですが、これは根本的過ぎるので除外(苦笑))

現在は、新しい何かを撮影し、アップロードし続けるには、時間的に厳しいことが予測されるので、

せっかく貯め込んできた500日分のFacebookライブのストックから、

内容を凝縮したり、切り取ったりと、見やすく編集をして、出していこうということです。

 

無論、質は落ちることになるでしょうが、まずは量を優先していこうということで、

果たして、こんな姑息な方法が通用するかどうかは、自分でも見ものです(笑)。

 

短時間から長時間まで、または色んな編集バリエーションと、

一本の完成度にこだわらずに、できるだけ多くアップロードしていくつもりです。

 

編集も、数名の方にお願いして、色んなパターンを出していって、何がどうなるかも含めて実験していく予定で、

これはこれで楽しみにしています。

 

 

というわけで、さっそく、最近のFacebookライブの中から、短めのやつをサンプル的にあげてみましたので、

良かったら覗いてみて下さい(笑)。

「成果を上げる最も効率的な方法はコレです」です。

ビジネスであれ、何であれ、成果を上げたいのであれば、最強の方法をお伝えしています。

我ながら、適当ながら、なかなかイイこと言っています(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

これから、編集ができ次第、どんどんアップしていきますので、

良かったら是非チャンネル登録もお願いしますね。

ツヴォイの「YouTube」チャンネルはコチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.youtube.com/channel/UC8RU94tics3YYhtpOos9Gsg

または、このブログのメニューボタンの「YouTube」からお入り下さい。

 

2013年の始めたばかりの恥ずかしい自己紹介動画も観れます(笑)。

 

 

では、では、56歳のオッサンの新たなチャレンジは果たしてどうなるか、どうかご期待下さい(笑)。

 

どうなるか分からんけどな(笑)。よろしくお願いいたします。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

身悶える経験(笑)「大腸ポリープ切除」無事完了報告

大腸ポリープを切除してきました。

 

胃ガン発覚後、手術前の合併症検査で、一か月かけて全身チェックした際に、

大腸に3センチ大のポリープが見つかったのだけど、緊急性はないことから、

 

胃ガンの手術後に胃の経緯が順調なら、

ピロリ菌と、この大腸ポリープをやっつけましょう、ということで、

大腸ポリープは今日に至る、です。

 

大腸ポリープの切除の方法は大きく3つあるようなのですが、今回は一番簡単で一日で終わるパターン。

ただ、胃を2/3切っている関係上、大腸の位置が変わっていることと、ポリープが3センチ大ということで、

もし、今日の検査で、内視鏡を入れてみて、施術が難しいようなら、後日改めて一週間入院パターンになるということでしたが、

主治医の内視鏡最強先生が自ら施術して頂いて、完璧に切除して取り除いてくれました。

 

麻酔も何もなしで、お尻の穴から内視鏡を入れて、カメラで内部を一緒に見ながらの施術は、なかなか経験することができないわけで(苦笑)、

(果たして、そもそも経験すべきことかどうかは分かりませんが(苦笑))、

その時間は、なかなかに刺激的で楽しくて、良い経験ができました(笑)。

 

結果的に、当初の3センチ大のポリープと、近くに発見した1センチ大のポリープの2つを、完璧に切除してもらいました。

排出したポリープを見せてもらいましたが、なかなかのものでした(苦笑)。

 

もはや、先生の中では、

ツヴォイ=「胃潰瘍Tシャツ」「ガンTシャツ」

と認知されており(笑)、施術室に入るや否や、

「ツヴォイさん、今日はガンTで来てくれましたかぁ?」

との挨拶からスタートして頂いたので(笑)、

「当然、着てきました。」

と、診察台に寝ころびながら、お見せしたら、周りの看護師さんや助手の先生をわざわざ呼んで説明してくれました(笑)。

当然、皆さんに好評でした(笑)。

 

術中はとても気を使っていただいて、私がリラックスできるように話をしてくれて、

「大丈夫ですか?」

と聞いてくれるので、

「あまりに最高で癖になりそうです。」

と答えておきました(笑)。

看護師さんが吹き出していましたが(苦笑)。

 

私が時間がないということで、無理を言って、1日施術を試みて頂いたわけですが、

完璧にやって頂いて、術後には、

「次は『大腸ポリープT』の新デザインですねぇ。」

とのお言葉を頂きましたので(笑)、当然、次のデザインに取り掛かります(笑)。

 

という訳で、

ご心配をおかけした皆様、ご心配おかけしました。

無事に1日で大腸ポリープは切除してきました。

切除したポリープを検査してもらって、また後日、結果と経過の診察に行ってきますが、

今のところ、問題なしで、全然大丈夫です。

 

とりあえず、「ピロリ菌T」と「大腸ポリープT」のデザインを頑張りますね(笑)。

 

面倒くさいながらも、なかなかに楽しい経験でした(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最も大事なのは選択肢をいかに増やせるかである

選択肢はできるだけ増やした方がいいと思っています。

 

未来のことを考えるのは人間だけらしいですね。

未来をより良くしたいと思うし、豊かになりたいと思う反面、

だから、同時に未来に対する不安も感じるだけに、

だから、様々なストックをしようとするらしい。

 

まぁ、代表的なのはお金なのでしょうけどね。

いざという時の為に・・・、という、いつ「いざ」が起きるか分からない時のことを考えては、

お金を予めストックしておこうとするわけですね。

 

溢れるほどにお金のストックがあればいいのでしょうが、残念ながら私にはないので、

経済活動をしながら、できれば目標金額までは増やしていきたいわけで、

となると、私が今最も欲しいストックは、目的に対する選択肢のストックが一番欲しいですね。

 

特にビジネスにおいては、コロナ禍に象徴されるように、明日がどうなるかまるで分からないような状況だし、

そもそも人口減少が確定しているし、価値観の多様化や、人工知能の台頭や、膨大な情報量からの選択など、

現代の環境に合わせながら、かつ、各階層における課題解決の選択肢はたくさん持っておきたいと思っています。

 

その為の知識や情報はどこからやってくるか?を考えると、

①自分で本やSNSやセミナーの情報を取りに行って勉強する

②より良い未来を創ろうとしている人とできるだけ多く会う

という大きく二つになると思っています。

 

特に②は、リアルな具体事例があるだけに、とても大事だと思うわけで、そうなると、

どのコミュニティに参加するか、あるいは自分で理想のコミュティをいかに創るか、というのがとても大事になってくると思っています。

 

そうなると、問題や課題を解決する為の方法の選択肢を増やすということは、

どんな人達と出会い、日頃から関係するかということに関わってくると思うわけで、

 

それを実現する為には、日頃からの自分の情報発信が大きく関わってくると思うわけで、

そうなると、自分の情報発信の選択肢を増やしていくということが、

選択肢を増やすという意味では最も重要なのだろうと思っています。

 

このブログのように文字情報もあれば、今後は動画情報や、音声情報が大きく影響すると予測されるわけで、

私もFacebookライブを毎日配信をしてはこそいますが、落ち着いてきた今、今後はバリエーションを広げ、

情報発信の選択肢を増やしていかねばならないと思っているところです。

 

そんなことを考えながら、思ってばかりじゃいかんと、

たくさんのプリンセスという選択肢の多さを前にアプローチするというイメージのアホ写真を撮っていたら、

見ている若い女性2人から

「わぁ、カッコいい~♡」

と言う声が聞こえてきて、

 

やはり、どうあれ、選択肢を増やすという行為は、何らかの成果が宿ると確信する、

単なるアホなオッサンなのでした(苦笑)。

 

こういうことを一緒に研究してくれる方をオンラインサロンで募集中です(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

オンラインサロン「ツヴォイ式ビジネス実験室」月額11,000円(税込)

 

結局アホなことしかやれてねぇじゃねぇか(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ