諦めずに考えることが大事なのではないか?(苦笑)

時々、片方の目だけが、二重まぶたになる日があって、

何でだろう?と思うんだけど、何でだかなんて分からなくて(笑)、

自分のそんなことすらよく分からんのに、世の中の色んなことが、分かるんかといったら分かるわけなんてねーよな、と思うわけで、

たかが自分一人のものの見方だけで、物事を断定的に「◯◯に決まっている。」などと言うのは、傲慢極まりないといえるとも言えて、

でも、せめて考えることくらいはした方がいいかな?と思うので、

諦めずに、何で時々片方だけ二重まぶたになるのか、よく考えるようにします(苦笑)。

どーせ分からんだろうけどな(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

この5年の講演前と講演後に思う変わらない気持ち

広島でタイヤメーカーさんの販社様向けの講演でした。

ちょうど2年前に、私の話を聞いて頂いて今回二度目という方が2/3、初めての方が1/3という参加者の皆さんで、

それが分かったのが直前で(笑)、およそ90分の講演内容の構成をどうしようかとギリギリまで悩みながら、本番に入りました。

 

2度目の方には新鮮な切り口で、初めての方には本質をブラすことなくお伝えしたいという、自らの無茶は気持ちに抗うことができず(苦笑)、

エクササイズ連発も含め、初めてお伝えするパートも盛り込みながらの時間でしたが、

参加者の皆さんの参加意識と聴く力に助けられ、懇親会でのお声で好評を頂きホッとしています。

 

2年前にお会いした皆さんも、私のことも、当時の講演のことも、よく憶えて下さっていて、とても嬉しく、

 

一週間前も広島での講演でしたが、途中でレザージャケットを脱がねばならない暑さでしたが、

今日は終始着用したままでいられて、やった、そういう時期になってきたんだな、とそれもとても嬉しく思うのでした(笑)。

 

2年前に続き、こうして、再度の講演のご依頼を頂くこともとても光栄で、

主催の皆さん、ご参加される方々の人柄や意識の高さにも恵まれて、

そして、大好きなレザージャケットもお仕事で着続けられて(笑)、

 

今回の講演に限らず、一つの講演を終える度に、よくよく考えなくとも、私はとてもとても恵まれているということを、心の底から実感しています。

本当に有難いことだと思っています。

 

毎度ながら、講演前直前まで内容を考えながら、どうなるかヒヤヒヤするのは嫌だけど(苦笑)、

ヒヤヒヤするほどに良くしなきゃという気持ちから逃げなかった自分で良かったというか、

こんなに恵まれているのだから、それくらいで当然で、終わってからクタクタになって当然だと、

(内容は毎度のことながらグダグダではありますが(苦笑))、

それが当然のマナーであり、最低限の礼であると、終わってからいつも思うのです。

 

今のお仕事になって5年が経ち、いまだ、「無職」という肩書きのまま、講演や経営支援、業績アップご支援のご依頼を頂き、

時に、先生、先生、ともてはやされる場面もある程に、私なんて、単なる無職のプータローである現実を変えずに、奢ることなど絶対にせず、

いつまでご依頼を頂けるかなんて分からないけれど、でも、頂けるのであれば、

今のこの気持ちだけは絶対に忘れることはなく、全力でお応えしようと心に決めています。

 

今日も本当にありがとうございました。

 

決意の割には内容は無茶苦茶だけど(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

仕事か遊びかは実績でしか証明できんだろ

外は随分と過ごしやすくなって、私にとぁてはデニムジャケットを羽織るくらいがちょうどいい季節です。

 

せっかくの久しぶりの街に降りてみたけど、そぼ降る雨で残念でしたが、

薄暗くなった時の、新しくなった街並みは、雨のせいか、外を歩いている人が少なくて、

こうして写真を撮ると、雨に濡れて光る路上が、海外のどこかみたいで、なんかカッコよくていいです(笑)。

 

無理すれば日帰りできる距離のお仕事でも、できるだけ脳天気遠足気分になりたいので(笑)、

日頃は徘徊できない街を、できれば歩くようにしています。

 

でも、そんなことやってるから、寄ったお店で、デニムジャケット置き忘れて、大慌てで閉店間際に取りにダッシュする羽目になるんだけどな(苦笑)。

 

旅行だったり、研修だっり、セミナーだったり、遊びの集まりだったり、

「遊んでるように見えて、これでもお仕事なんです。」

と、どっちでもいいようなことを、わざわざ言う人もいるし、

一昔前は、経営者勉強会の知り合いで、ゴルフばかり行ってる人は、

「いやぁ、ゴルフは仕事だから。」

と言っていたし、キャバクラばかり行ってる人は、

「まぁ、キャバクラ行くのは仕事だからね。」

と言う人はいて、そんなもんは聞いてる側からしたら、何でもいいし、どっちでもいいわけで(笑)、

こっちからしたら、恐ろしく厳しい研修でも、仕事の息抜きに遊び感覚でいられる人もいるだろうし、

バカ丸出しで遊んでるようにしか見えないようなことでも、一つ一つの要素を天才的に社業に置き換えて、実績を上げる人もいて、

 

行動の対象が、遊んでいるだけのことをいかにも学んでいるように主張しようと、

真面目な勉強を、実は楽しんで遊んでいようと、

 

結局のところ、遊んでいるのか、学んでいるのかの境目は実績で証明するしか手がないのです。

 

結局のところ、それだけのようなものだと思うのです。

 

何を学んでいても、ダメな奴は結局ダメだし、

どこで遊んでようと、できる奴ってのは結局できてしまうから恐いよなぁ、と思ったりします。

 

成果を出さなければ、

後継者は金持ちのボンボンの道楽と言われるし、創業者は誰からもとやかく言われないのをいいことに遊んでるだけと影で言われるし、

誰もが認めざるを得ないような圧倒的な成果を上げれば、

独創的だ、センスがいい、頑張ってるね、さすが違うね、やっぱり勉強してるこらね、行動してるもんね、と賞賛されるわけで、

まぁ、世の中なんて、人の言ってることは無責任極まりない、そんなもんだと思うわけです。

 

よって、こんなことやってたら、他人からどう見られるかに、いちいち先手を打とうとする前に、

やってることがどう思われようと、愚直に自らの設定する成果へと勝手に向かえばいいわけで、

楽しそうに好き勝手やってる発信をしてる人ほど、それしかないと言えばそれしかないのだと思います。

 

まぁ、私は、どうせ同じ仕事するなら、少しでも楽しめるように自分で工夫して楽しんでればいいと思うわけで、

要するに、楽しいことを楽しむよりは、仕事を楽しむというスタンスの発信の方が、後々のリスクが少なくて、面倒くさくなくて、いいと思うわけです(笑)。

 

というわけで、いかにも仕事に向かうふりをして、

今日も遠足気分を満喫して、どうやったら成果に繋げて誤魔化せるのかを、

今日も今日とて真剣に考えているところです(苦笑)。

 

いや、もう、そんなことえぇから、明日の新ネタのスライドはやくやれよ、俺は(苦笑)。

 

デニムジャケットが嬉しいからまぁいいや(笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを見る

ページの先頭へ