カッコつけるのはカッコ悪くなる迷宮(苦笑)

映画「バッファロー66」監督・主演のビンセント・ギャロが、作中で着用しているタイト過ぎるレザージャケットがカッコ良くて、

(別に知らなくていいですけど、この映画や俳優さんのことは(苦笑)。)

そのレプリカのレザージャケットを、ギャロになりきってパツパツで着ながら外出していたら、

フと見つけた喫茶店がとても気になって、入ってみたら、

これがまた劇中のイメージに近い場末感タップリの歴史ありそうな純喫茶で(笑)、

これはもう、ビンセント・ギャロになりきって、カッコつけて写真撮ってみたはいいけど、

客観的に見てみたら、案の定、全然カッコ良くなかった(苦笑)。

どころか、何なんだよ、このカッコ悪いオッさんはって感じだよ(苦笑)。

 

カッコつけようとすると、カッコ悪くなるのは誰もが知っているのに、

どうしてカッコつけようとしてしまうのでしょうね?(笑)。

 

カッコ良く見せようとするってのは、カッコ悪いってことです。

はたから見たら、恐ろしく滑稽で、間抜けです(苦笑)。

 

私なんかは、他人に対してそう思うことは当然ながらよくあるにせよ(笑)、

何を隠そう、私は、自分に対して一番そう思うわけで(笑)、その度に何より痛い自分を目の当たりにさせられるわけです(苦笑)。

 

タイトに着てこそカッコいいのに、腹出てるしな(苦笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

他人からどう見られるかということを、あまりに意識しない・意図しないというのは、無神経だと思う反面、

他人からどう見られたいか?ばかりを気にして、身の丈より大きく見せよう、良く見せようとして、無理や意図や強すぎる承認欲求を感じるのは、痛いを通り越して、もう痛々しくて見ていられない。

 

ちょうどいい加減っていうのは、かなり難しいんだろうなぁ、と私は思っています。

 

他者評価より、自己評価が高いのは、その人の勝手だけど、

それを強烈に認めて欲しがったり、他人を評価・評論する側に立ってなんとか実現したがるタイプは、見てて痛いな(苦笑)。

 

そういう人の共通点って、自分が他人から評価して欲しいところと、他人からの評価に値するだけのご本人の実績が比例してねーから、

だから、誰も、自分が評価して欲しいところを言ってくれないから、自分から誰かに言うしかない。

そういう人の話に捕まると、疲れるから、好んで一緒にはいたくないや、となる(苦笑)。

 

個人的には、身の丈とか、自然体とか、肩肘張らないとか、肩の力が抜けているとか、

そういうのってすごくいいと思うし、そうありたいんだけど、

自他共にそういられる状態っていうのは、口で言うほど容易くないと思うのです。

 

だって、ほら、こんなクソカッコ悪くて滑稽で不恰好な写真を、撮るだけならまだしも、公にさらしてる自分がいるわけですからね(苦笑)。

 

と、いうわけで、「お、ビンセント・ギャロみたいじゃねーか?」「ビンセント・ギャロに似てるっていわれません?」と、

自分から言う前に、他人から言われるだけの実績が私にはいるわけで(苦笑)、

どーでもいいから、その腹を引っ込めてから人前に立てよ、おめーは、と自分に叱咤激励、言い聞かせるのでした(苦笑)。

 

やりゃいいんでしょ、やりゃ(笑)。

 

やりゃいいんでしょ、やりゃ(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ