似たような言葉の境界線は明確にしておきたい(笑)

東京→新潟→新潟→新潟→東京と移動して、名古屋に戻ってる新幹線の中からです。

明日はヒマかな?と思ってたら、大阪に行くことになってたから、やっぱり移動です(笑)。

まぁ、いいや、ピクニック気分だから(笑)。

 

遠征に出かける前に、ヒゲも剃らずにボーーーーーっとしてて数日して気がついたら、ヒゲが伸び始めてました(笑)。

そのままにしてたら、お会いする人、お会いする人に、

「ヒゲ生やすんですか?」

「ヒゲ生やしてるんですか?」

「似合いそうですよね。」

「生やさない方がいいです。」

と反応されました。

 

過去、何度か、ヒゲを生やしてみようと試みましたが、どうやらヒゲが薄いようで、うまくいかず、大抵断念しているので、生やすつもりはないんです。

 

でも、今回は、別の目的があって、

それは、

 

 

鼻毛とヒゲの境界線って、どこにあるんだろう??

 

 

という疑問に、答えを出すためです(笑)。

 

「境界線」の概念は大事です。

例えば、「知り合い」と「友達」と「親友」と「仲間」の境界線が、私はとても曖昧です。

例えば、「集団」と「組織」と「コミュニティ」の明確な境界線がよく分かっていません。

例えば、「営業」と「売り込み」の境界線はどこで認識すべきなのでしょうか?

例えば、「愛」と「恋」の明確な境界線はどこで発生するのか?

例えば、「欲望」と「欲求」と「煩悩」はどこに境界線があるのか?

例えば、「希望」と「願望」は境界線があるのか?

例えば、「理念」と「志」と「高い目標」の境界線はそもそもあるのか?

例えば、「目的」と「目標」、「方法」と「手段」の境界線を明確に言えるか?

例えば、「参考にする」のと「パクる」の境界線は?

例えば、「レプリカ」と「ニセモノ」の境界線は?

例えば、「独自性」と「個性」なんて、私はどちらもよく使うけど、どこから独自で、どこからが個性なのか、使う時に曖昧になってないか?

例えば、・・・・・・・、しつこいな(笑)。

 

日頃、当たり前のように使っているけど、明確な境界線を認識することなく使ってるから、共有できてないことばかりなんじゃないか?

あるいは、人によって勝手に別々の解釈して動いてるんじゃないか?

 

こういう話すると、ちょっと知識がある人なら、

「それは、こうだし、これはこういうことだよ。」

と言葉の意味程度は言うのですが、

私が言っているのは、「境界線」がどこにあるのか?ですから、意味そものもは答えになっていないのです(苦笑)。

 

そういうことはよくあります。

そこを認識せずに言葉をあれこれ使っているのです。

 

そういうことを気にしながら、フと鏡を見てヒゲに気づくと、「鼻毛とヒゲ」の境界線が、どこにあるのか?がとてもとても気になり出しました(笑)。

 

ですので、ヒゲを伸ばすのではなく、鼻毛がヒゲのあたりまで来るまで、ヒゲを剃っていないだけです(笑)。

 

鼻毛、早く伸びないかなぁ(笑)。

 

しかし、我ながら、ムチャクチャな論法だな(笑)。

 

 

きっと、適当なとこで飽きると思います(苦笑)。

 

お会いする方、ムサい顔面、ご容赦下さい(苦笑)。

 

物事の境界線はどこにある?(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ