美しさっていうのはどうして切なくなるんだろうね

image

東から戻って西に行って、今日また東に向かう(笑)新幹線の中からです。

桜が咲いてますね。

 

image

「お花見」は好きではありませんが、

「お花を見る」のは好きです(笑)。

 

この一週間で、お仕事に向かうあちこちで、

予期せず素敵な桜が見られて、なんだか嬉しいです。

image

今年もきっと、私達が「のほほん」としている間に、あっと言う間に散っていってしまうのでしょうね。

 

桜を見るとね、あぁ綺麗だなぁ、と思う前に、

始まりがあれば終わりがあるんだよ、みたいな、

嬉しさと常に同居する、儚さ、とか、切なさの刹那を感じるから、

何だか脳天気100%でいられなくなるというのが本音です。

とはいえ、写ってる自分の顔は脳天気100%なんですけどね(苦笑)。

 

散るから美しいのか、美しいから散るのか、

終わりがあるから始まるのか、始まりがあるから終わるのか、

あんた、どう生きて、どう散ってくことが美しいと思ってんのか、

こっちは一年に一回、何があろうとこうして一瞬をまっとうしてて、それ見て綺麗だなんだと言うのはいいけど、ところで、あんたはその命かけて何をまっとうしてんだい?

とかなんとか言われてるような気がする時があって、

そんな答えがあるのかないのか分かんなくて、考える意味なんてないかもしれないことを、

あんた一年に一回くらいはちょっとは考えなさいよ、

と諭されてるような気がして、

だから、大騒ぎの場じゃなくて、一人で見るのが好きなのかも知れません。

 

日頃は脳天気満開なだけに(苦笑)、桜が咲いてる時期くらいはちょっとは考えたいと思っています。

 

美しさは切ないよね。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ