迷ったら一旦決めるまでは考えた方がいいね

人の心の中というのは、きっと、いくつも顔があるわけで、

他人を見ていて分からないのはいいとして、最も分からないのが自分のことだったりするわけで、あっちに行ったりこっちに行ったり迷うんでしょうね。

私のビジネス観においては、

「どっちに行ったら儲かるのか?」っていうのは大いに迷ったりしますが、

「どっちが面白ろそうか?楽しそうか?」というのは迷いませんね。

答えは出やすい。

その上で、ビジネスである以上は、ちゃんと利益が出るかどうか?それはどれくらいの期間で?等を考えたりします。

 

ビジネスである以上は、どっちから入ろうが、どっちも必要なわけで、

ただ、入り口がどっちかというのはとても大きな違いのような気がします。

 

「ビジネスなんだから儲かった方が面白い。」という人もいるでしょうし、

「自分が面白いと思ったことで儲かったら嬉しい。」という人もいるでしょうし、

その二つは、似たような業種業態でも、傍から見たビジネスモデルはまるで違ってきます。

 

私個人としては、零細・個人に与えられた唯一の権利は「自分の好きを追求できる」ことだと思っていて、

属人的になればなるほど、大手の参入障壁は高くなるわけで、個人の「面白い・好き」に行った方がいいと、今のところはそう結論づけています。

 

ただ、まぁ、「個人」に向かえば向かうほど、魅力的な人と、全然ダメな人が現実にはいたりして、その問題はどうすんだ、ってなことになったりもしますが、

それくらいは自分をしっかり見つめて、迷わずに自分で決めなはれよ、と思うわけです(苦笑)。

私の場合は、結局のところ「自分では分からないということが分かっている」(笑)という訳のわからない結論ですから、

迷ったりしたら、よくよく考えて、「一旦は決める」とこまで考えます。

「決める」と言うと、永遠に続くかのような強迫観念にかられますが、「一旦決める」のであれば、その後変わったとしてもいいわけで、

でも「決めている」のだから、一応「決める」という意思決定するとこまでは、それなりに考えるわけです。

伝わってますかね??(笑)

 

私の経験則では、一回一回ちゃんと決めたかどうかというはとても大きいような気がしています。

「こう決めた。なぜならば・・・・。」という理由や根拠・論拠が言えるかどうかまでは考えた方がいい。

ここに来て、人生をどう生きてきたのかは、誰もが問われる時代なんじゃないかなぁ、と思うのですが、

でも、考えてみれば、いつの時代もそれは変わらないことなんだから、今にはじまったことじゃないんでしょうね。

なんてことを、あっち向いたり、こっち向いたりしているアフリカの何とかって国の原住民のアーティストが創った創作物を見ながら思うのでした。

自分のことくらいは考えよう。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

「ダメな自分」を客観視しないと、自分の「好き」は分からない

個別のご相談にのる案件が増えてきていて、そういう時は長時間に渡ってお相手との時間に集中するので、なかなか落ち着いてブログが書けません(苦笑)。

先行きの見えない現代ビジネス環境の中で、様々な業種業態の業績アップのご相談を頂きます。

業績アップをはじめ、社員モチベーションアップや商品開発・情報発信など、その「やり方」はある程度までは決まっていて、その知識は比較的簡単に手に入ります。

しかし、長年に渡って、経営者やビジネスリーダーと関わっていてよく分かるのは、どんなに「やり方」「知識」を手に入れても、やらないものはやらないということは分かってきています。

理由はどうあれ、問題を解決する方法を知っても、やりたくないのだからやらなくていいと思うのです(笑)。

「やる理由」が自分の中にある人は強いです。

それは案外、純朴な欲望や煩悩だったりします。

だから私はそっちの方を捕まえに行きます。

その理由が、有形であれ無形であれ、私から見てどんなにバカバカしかったり、アホくさいと思ったとしても、お相手がどうしてもそれが欲しいと願っているのなら、それは初動段階として十分な動機であり、モチベーションであると思っています。

それは、考えていることよりも、実際に行動してきた中に答えやヒントは隠されています。

口で言っていることは、ほとんど当てにならんなと思えることの方が多いですね。

自分の行く道くらいは自分で決めたいと、多くの人は思ってはいるのだと思います。

また、多くの人と話していると、そもそも「自分の道」とは何かがなかなか分からないということにも気づきます。

 

実際に自分の道を選択しているかどうかは別として、

自分の道を選択してるように見える人というのは、

「どっちに行ったら良いか・悪いか」よりも、

「どっちに行きたいか・行きたくないか」の価値基準で進んでいるように思います。

 

要するに「好き・嫌い」とか「楽しいか・楽しくないか」「面白そうか・面白くなさそうか」とか、そういうことですね。

だから、まずは、自分の「好き」「楽しい」「面白い」を自覚することはとても大事だと思っています。

しかし、これがまたなかなか難しいようです(笑)。

なかなか自覚できない人の多くは、

「自分の好きな事ってなんだろう?」

と頭で考える傾向にあります。

ここに行くと結構泥沼にはまります(苦笑)。

 

それよりも実際に行動してきたこと、すなわち、

「一日24時間の中で自分は何をやっているか?×生きている年数」

の方が本当だと思っているので、「行動の客観視」を前提にしています。

 

例えば、頭の中で、

(社員が大事だ。)

思っていたとして、

でも、一日の時間を、社員と実際に関わる時間よりも、ほとんどパソコンを見ていたとしたら、それは

「私はパソコンを見るのが好きだ。」

と自覚するということです。

「そうか、自分は口では『社員が大事。』と言いながら、ただパソコンを眺めているだけの時間が好きだったんだな。」

と自覚することです。

頭で考えて自覚していることと、実際に自分が行動していることは、乖離していることがとても多いです。

 

「人の話を聞くのが好きだ。」と言っているけど、人といる時は、自分の方が喋っている時間が長い、とか、

「SNSで発信をすべきだ。」と言っているけど、テレビを見ている時間や、ゲームをしている時間が多くて何も発信していない、とか、

「自社の業績を上げたい。」と言ってはいるけど、研修やセミナーばかり出て、具体的には業績アップに関わる具体的一手は何もしていない、とか、

そういうことは案外、というかかなり多い。

それは、自分が喋るのが好きで、テレビを見ているのが好きで、セミナーに出るのが好き、ということです。

自分を客観視するというのは、そういうことです。

 

自分で自分を見るということは、時に、とてもブザマだったり、一番イヤな誰かと同じということだったり、最低だと思っていた誰かと一緒だったりと、実はとても恐かったりします。

「自分を知る。」ということは、ブザマだ嫌でダメな自分もひっくるめて丸ごと全部を見るということです。

だけど、こけがなかなか、ちゃんと見たくありません(苦笑)。恐いですからね。

でも、見ないことには、自分の幸せや豊かさもまた分からないということです。

 

ちなみに、私は、頭で考えていることと、実際に行動していることは、かなり乖離しています(笑)。

やらざるを得ない状態になるか、誰かに強制的にやらされないと、「やるべきこと」はやらないタイプです(苦笑)。

これは、長年に渡って自分を見てきてほぼ確信に近い(笑)。

それが、自分を客観視するということです。

 

その上で、「あぁ、自分はこれが好きだったのか・・・・。」と自覚して、

それを追求するといのが「自分の好き」とは何なのか?ということだと思っています。

「好き」を自覚して「モチベーション」を上げるといのは、そういうことであり、

「知識」を稼働させる最大要因だと思っています。

 

と、いうわけで、今日もなんだかんだでグダグダな一日でした(笑)。

これを維持し続ける為に、今日も頑張るのです(笑)。

 

無茶苦茶やな(苦笑)。

グダグダしたいから、全力で頑張る(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

「顧客接点」の枠組みを考えてみよう

あぶねー。

このサングラス、思わず買いそうになったよ(笑)。

名古屋の友人がやっているレディス・ユーズド「セルーバ」にあった商品で、

私の理性が頑張って高じて(笑)買わなかったので、多分まだあるはずです。

ブランド名、忘れちゃったけど(笑)、こう見えてちゃんとした有名ブランドのです。

 

 

もともと欲しいなんて思ってないどころか、こういうサングラスってのは頭の中に存在すらしていなかったわけで、

置いてあるのがレディスショップだから、そもそも買い物に行くという動機がない。

友人にたまたま用事があって伺って、そこで見つけてしまって、

結果として、思わず買いそうになってしまった(笑)、というわけですね。

 

消費というのは、「欲しい・欲しくない」という「情動」がまず発生して、

次に「買える・買えない」という「理性」が働く、

という順番があって、その2つを越えた時に消費行動が発生するわけで、

この「情動→理性」という順序は、基本、覆ることはありません。

このあたりはもう随分前から研究されているし、本などで出ていますから、今更、私が書くようなことじゃないんでしょうが、

街に出ると、やっぱり実感してしまうということがよくあります。

 

「売上を上げるにはどうしたらいいですか?」

と聞かれたら、時間がない時に私が答える結論はたった一つ、

「顧客接点を上げて下さい。」

とだけ言います。

講演やセミナーの基本軸にもしています。

 

誰をもってして「顧客」と定義するのかは考える必要はありますが、

要するに、

「用もないのに行きたくなる店」「用もないのに会いたくなる人」になるということです。

こうなると強いですね。

 

だって、実際に、私のような男性が、レディスショップに「商品を見たい」という目的なんてナシに、別の動機で行って、

プラプラと店内を見てて知らぬ間に「欲しい」という動機が働いてしまったわけですから。

そこには、店(人)と私の接点があっただけです。

 

レディスの服屋というと、どうしてもレディスの服を買う女性だけが「顧客」として考えてしまいがちです。

車屋さんというと、車を売っていて、車を買いに来る人のことを「顧客」と考えてしまいがちです。

それはもちろんそうですが、

でも、もう一回り枠組みを広げてみると、次のビジネス展開のヒントや可能性がたくさん出てきて、

それは、独自のものへとなっていく可能性はかなり大きいですね。

 

私の知っているビジネスで調子を上げている人達は皆、

「商品軸」よりも、「人軸」が先にある人達で、

そして、大した用もないのに(笑)あれやこれやと何かと色んな人達といつも会っていたりします。

「ほんまにこいつら大丈夫か?」(笑)と思えるほど、人と楽しく関わっている人達が多い。

すなわち「ビジネス目的じゃなくて、用もないのに会ってるし、用もないのに行っている。」という魅力に長けています。

一見、ただ遊んでいるだけのように見えますが、

ただ「楽しむ」というだけではなくて、楽しむ中から次のビジネスにリンクさせていくセンスがとてもいい。

見ていて、本来の商品開発とか事業展開というのは、そういう「センス」がものをいうんじゃないかなぁ、と思えるのです。

 

そういう「センス」のことを、私は「編集能力」と呼んでいるのですが、このあたりは、まぁ、一緒に話しをしながら進めていかないと、分かるようで分からないですから(苦笑)、

文章でちゃんと書けるようにできるかどうかは研究の余地ありですね。

 

簡単に言っていまえば「商売の基本は人と人」、なんていう根幹論程度で誰でも分かったようなことを書けてしまうのですが、

その意味合いとか、思考というのは、書いている本人がどこまで分かっているのかがそもそも分かりませんからね。

もちろん、私も含めて(苦笑)。

 

まぁ、そんなようなことを考えながら、次のお仕事のミーティングに行ってきますね。

 

あぁ、それにしても、あのサングラス、「もしかしたらこういう時に使えるかも知れない。」「こんな場面で有効かも知れない。」「だから、買っておいた方がいいかも知れない」、と、

必死になって自分の「理性」を納得させようとしている自分が困ります(苦笑)。

なんで、あんなの欲しいんだろ?俺(苦笑)。

世の中には欲しくなる色んなものがある(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

続きを見る

ページの先頭へ