独自性と普遍性は相関関係にあると思うのです

私は、ブっ飛んでる人(私の基準ながら)を見てると、やっぱり面白いし、惹きつけられるし、新しい価値や世の中を創ってきている人が多いから、

そういう人が周りにいると、強烈な興味を持って知りたくなります。

 

中小・零細・個人ビジネスにおいては、どこで独自性を出すかというのは重要で、それは言い換えれば、ブっ飛んだ部分をどこにするか?ということと同じだと思っています。

 

ただし、ブっ飛び過ぎてると、個人においては、社会不適合の印象になって、多くの人が近寄りづらくなるし、あるいは変人とか変態というレッテルを貼られて相手にされなくなるし、

特にビジネスにおいては、一定の共感者が必要なわけで、一定数に満たないと、収益の面で成立しない、というジレンマが付きまといます。

 

仮に、ブっ飛んでいるとして、受け入れられるとしたら、今度は、受け入れられているのだから、それが時間の経緯と共に普通になってくるわけで、最初はブっ飛んでいても、いつしかブっ飛ばないことになるわけです。

 

市場における独自性と普遍性というのは、どっちがどっちというわけではなくて、互いに行ったり来たりするものであるというのが正しい、と私は思うのですね。

 

だから、今、ブっ飛んでるから、私はブっ飛んでいる人である、という自覚は大変危険で、

それは、今、独自性で収益を上げているビジネスでも、やはり同様なのだと思います。

 

私は、アホだから、過去に何度も、今度こそ私は誰もやったことのないカテゴリーを作ったと勘違いしたり、

ちょっと経験して分かったつもりになって、15年は持つとタカをくくってあとは走ればいいだけと思っていたカテゴリーが、10年どころか8年くらいで終わっていて、慌てるというようなことをしてきました。

 

ブっ飛び続けながらも、世の中に受け入れられるにはどうしたらいいのか?

と、そこで初めて悩みながら、仮説と実験の数を増やせる人というのが、ビジネスにおけるブっ飛んだ人ということができるのだと思っています。

 

ブっ飛ぶというのは、他から見たら、強烈なバランスの悪さです。

何かを、一定の成果が上がるまで徹底的にやり切ったかどうかだから、

徹底的にやるということは、それ以外はしない、というくらいまで優先度を上げて、他から見たら異常とも思えるほどやるということです。

 

それが、勉強なのか、スポーツなのか、音楽なのか、芸術なのか、業績なのか、ボランティアなのか、勉強会なのかは知らないけれど、

一つの分野で、何をどこまでやったら、周りが認めるのか?認め始めるのか?心が動かされるのか?空気が変わるのか?というラインやハードルを体感で知っているかどうか?

というのは、とても大きな要素に思えて仕方ありません。

 

ところが、そんな人はゴロゴロとはいないわけで、私のような凡人はどうしたらいいか?ということになります。

 

私が価値創造において、いま最も興味があるのが、このあたりなわけで、

私なりの仮説に基づいて実験をしてみたいと思っています。

実験だから、外す確率の方が高いわけですが(笑)、よしんば、そこでまた何か気づいたら、報告できたらと思っているところです。

 

思いつきは、その時は楽しい(笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

久しぶりに圧倒量をこなすやり方してみた

遠征もなく来客もない、という、いかに人気がないかということを象徴するような(笑)、纏まった時間が久しぶりにとれて、

こうなったらクソ思いっきりグダグダしてやろうと目論んだものの(苦笑)、

考えてみたら、日頃からグダグタしているので、すぐ飽きて(笑)、

そうだ、と思いついて、買ったはいいけど読めていなかった本や、途中読みの本や、読んだはいいけど曖昧だった本とかを、

この際、徹底的にイヤんなるまで読んだろうかと思って、完全引きこもりになって、

簡単に読める本から、難解な内容のか本に至るまで、限界になるまでやったろうと、片っ端から読みまくるということをしていました(笑)。

 

経営に関わるようになってから、これまで沢山の本を読んでは、自分や自社に置き換えて、その仮説を実践してみることを繰り返してきました。

無論、多くの失敗と少しの成果があって、そこで初めて自分の実践事例というものが生まれてくるわけで、

本を読んだところで、実践者としての機能が上がるわけではないにせよ、

一つの事柄の意味合いがなかなか解明できずに、興味を持って調べようと選んだ一冊の本を読んでいると、

その中の一つの章節や一文から新たな興味や疑問が湧いては、また別の本を読み、さらに同じことが起きて、と、

そういうのを繰り返していくと、先人の知恵や考え方というものが、知識として、これだけいとも簡単に手に入る環境はすでにある、ということに改めて気づいたりします。

 

問題なのは、簡単と言いながら、その簡単なことをまるでやっていないことなんだろうな、ということですね。

簡単だというならやってりゃいいのに、やってない(笑)。

簡単なんだから、やってる人は簡単にどんどんやってて、簡単と言いながらやってない人との差はどんどんついていって、

気がつけば、もう追いつかないほどの圧倒差になっていく。

 

知識をどんなに得たところで、実践しないのであれば何も変わらないし意味がない、というのは分かってはいるつもりですが、

何かを実践しようとした時に、その何かに対する知識がまるでなければ、何も動き出すこともできないという側面は何度も経験しています。

 

今回、本来、個人的にはあまり好きではない、まずは圧倒量をこなすというアプローチからあえて入ってみたのですが、

それはそれで、本そのものの内容とはまた違う新しく気づくことや、別の場で言われている言葉の意味を理解させられることがたくさん出て面白いですね。

あるいは、やっぱり、そんなこと言ったら、もう元も子もねーじゃねーか、と思うようなことも(笑)。

 

本というのは、読む人によって、読む意味や、読む面白さが違うと思うわけで、

私は私なりの意味と面白さの気の向くままに、久しぶりに堪能してみたいと思っているところです。

 

子供の頃、「本くらい読みなさい。」とよく言われたなぁ(苦笑)。

穴のあくほど、プロレス雑誌を読んでたのに、何で言われるんだろう、と意味が分からんかったな(笑)。

 

読んでる人ってどれくらい読んでるんだろう?
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

やる気があるないは持続しないから(苦笑)

何にもする気が起きない時は、もうどうしようもなく何もしたくないわけで、

そういう時に、これではいかん、と無理やり何かをやり始めようとすると、ロクなことがないから、

何もしたくなければ、何にもしなくていいと思うわけです(笑)。

 

そういう時は、何かがしたくなるまで、焦らず、慌てず、何もしないで、何かがしたくなるまで、じっと待つ。

 

SNSとかで精力的に動いている他人がどうしても目に入ってくるから、それらと比較して、自分はどうしようなどと、あれこれ考えるのではなく、

本来、自分は何がしたいのかだけに集中して、

何かがしたくなるまで、ただひたすらに待つ(笑)。

 

そもそも、やりたいことがなくなる、というのは、欲しいものや、渇望するものを一旦叶えてしまったとも言える状態なわけで、

贅沢といえば贅沢な時間なわけだから、飽きるまで堪能して、そういう時にしかできないことは必ずあるはずだから、あれこれやってみる。

と、思いつつも、何もやる気が起きないのだから、その「あれこれ」というやつにもやる気が起きないのだから、何もしない(笑)。

 

と、さらに割り切ってみる(笑)。

 

そういう時は、頭を振ってみても、何も出てこないのだから、無理をしない、

という画像を自撮り遠近法で、何とか表現しようとしたことには、すげぇやる気が起こってしまって(笑)、

やる気がある、とか、ない、とかは、些細な対象によって変わるものだから、

何かに対して、やる気がある、とか、ないとか、まぁ、そこまで問題視したり、深刻に考えたり、

誰かが、やる気が出ないんですよぉ、とか深刻そうに言ったとしても、そんなに気にしなくてもいいんじゃないか、と思うのですよ(苦笑)。

 

そういう時もあったり、なかったりして、どっちも永遠に続くわけでもなくて、どっちも行ったり来たりして、その連続が人生だったりして、

無理やり楽しくするのも疲れるし、毎日楽しいことばっかりってのも人間らしくないわけだから、

やる気が起こらないとしたら、そのままにしといて、やる気がみなぎる時は勝手にテンション上げて、

でも、ギャアギャア言って、自分の感情に他人をひきづりこむような子供じみたことはせずに、いつも平静を装えるくらいにクールでいられたら、

あぁ、なんてカッコいいんだろう?と思うわけです。

 

まぁ、そもそも100年後なんて、きっといないんだから(苦笑)、刹那的な気分なんて、誰かに聞かれないなら、自分の中に留めときゃいいんでしょうね。

 

そもそも何もやる気がない(笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

続きを見る

ページの先頭へ