4/12・13・セミナー&オープンコンサル「ストロベリー&ツヴォイ」IN沖縄の正式お申込みフォーム確定してます

沖縄の敏腕コンサルタント「ストロベリー」こと末次先生との沖縄セミナー&グループコンサルを4/12(水)と4/13(木)に行います。

ということは、既にブログに書きましたが、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

沖縄「セミナー&オープンコンサル」告知です

 

「詳細と申込みフォームが完成したら、また改めますね。」みたいなことを書いておいて、

既に完成していのに、改めていませんでした(苦笑)。

 

なので、改めて告知&宣伝です(苦笑)。

 

4/12(水)の「ストロベリー&ツヴォイ・コラボセミナー」詳細とお申込みはコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

独自の価値を発見&口コミ大旋風セミナー IN 宜野湾 2017/4/12

 

 

4/13(木)の「ストロベリー&ツヴォイ・オープンコンサル」詳細とお申込みはコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

独自の価値を発見!オープンコンサルティング 2017/4/13

 

 

ストロベリーとはご縁があって、この4年の間に、東京・沖縄・新潟と3回に渡って一緒に講演・セミナーを一緒にやらせて頂きました。

実は、私にとって、とても相性がいいと言うか、コラボするのにとてもやりやすいお相手です。

ある意味で、一番やりやすいと言っていい。

何でかって言うと、ストロベリーは一言で言って「地味」だから(笑)。

 

私のビジネスセミナーの、基本軸は「独自性」にあります。

「独自性の創造」「独自性の伝え方」「独自性と業績アップの相関関係」諸々・・・・・・。

でも、私のようなキャラの者が、独自性だ、個性だ、逸脱だ、そういう言語を使って伝えると、

「そういうのって、ツヴォイさんだからでしょ?」

と言われること、あるいは印象を持たれて、

「私はタイプず違うから・・・・・。」

となることが少なくない。

奇をてらうとか(苦笑)、変なコトして目立つとか(苦笑)、時別な何かをやるとか・・・・・、

そういうことが、「独自性」だと、やっぱり思われてしまうリスクが、

私のような人間が伝えるが故に(笑)、思われてしまうことがあるんですね(苦笑)。

 

いや、いや、いや、いや、そうじゃない、伝えたかったことはそうじゃなくって・・・・・・、

と言ったところで、言ってる本人が、また私なもんだから、そういう意味で説得力に欠ける場合があったりするのですね。

そこ、苦労するんです。

 

んで、ストロベリーです。

ストロベリーは、派手さありません(笑)。奇をてらうことしません(笑)。無理しません(笑)。いわゆる「普通」っぽいと言われそうな人です(笑)。

 

最初の画像は、以前、沖縄で一緒に撮った写真ですが、私は私でアホポーズ取ってますが、それはそれで私の「普通」なのですが、

後ろのストロベリー、全然楽しそうじゃありません(笑)。笑ってません(笑)。いや、むしろ、私に付き合って、むしろ無理してるくらいです(笑)。

でも、それもストロベリーの「普通」なのです。

 

ところが、そういう見た目のストロベリー、実は、強烈な独自性を持った敏腕コンサルタントです。

私から言えば、これほど強烈な独自性と、独自のビジネスモデルを持っているコンサルタントは知らないです。

知ったところで、マネができるかと言えばできない。

 

自身の独自性を活かした他にはいないコンサルタントで、

そして、クライアント先の独自性に対してはシンプルに見抜き、浮き彫りにし、しっかり伝えて、業績アップに寄与、「商い」の本道へと導いたりしています。

私が、いつも伝えたい「独自性」の本質を見事に体現している同業の人なのです。

 

ただ、そういうことを、私みたいにギャアギャア言いません(苦笑)。静かに、そしてしっかり理解しやすく相手に合わせて進めていくし、自分の顧客は誰なのかもよく分かっているから、マイペースで自分のビジネスを構築していっている人です。

よって、こういうセミナー情報も、派手に外に出して、集客に躍起ならないし、とにかく集めるだけ集めようとしないんですね(笑)。

(ってか、今回のはもっと情報出せよ(笑))。

 

だから、セミナーでは、私は私でお伝えできることを伝えるし、ストロベリーはストロベリーで伝えるのだけれど、

その対比がリアルに目の前にあること自体に、私が伝えたいことの事例になると言えるのです。

だから、とてもやりやすい相手だし、相性がいいと思っているということなんですね。

互いに言っていることはほとんど同じです。

というか、コンサルタントの「知識」なんてのは、誰もがほとんど同じなのです。

ところが、同じモノなのに、全く違って見えるし、それぞの持ち味や魅力が違って見えるとしたら、

それこそが「ザ・リアル独自性ライブ」になると思ってるんですね。

これは、2人が揃うライブじゃないと対比体験できないわけで、そういう意味で、私としては今回のライブのおススメポイントの一つですね。

「ビジネスに活かせる独自性は誰にでも必ずある」という私の信じる主張を、ただ一緒にいるだけで見事に体現してくれる相方は他にはいませんから(笑)。

 

次に・・・・・・、

ストロベリーと打ち合わせしてて、

「今回のセミナーは、セミナー単発で完結させるんじゃなくて、次へと繋がるシナリオや、全体像・グランドデザインを考えて、それを前提とする一日にしよう。」

という枠だけは決まっています。

 

それが何なのかはここではとても書ききれませんが、

(まだ確定していないとも言える(苦笑))

何が言いたいかと言うと、今まで私が一話完結タイプでやってきたセミナーとは違うアプローチで、この日は進めてみようと意図しているということです。

もしかしたら、定期的に沖縄遠征になるかもしれないので、そういう意味では私にとっては実験的要素も含まれていて、

だから、二日間の内、一日目はセミナー形式。二日目はオープンコンサル形式でやることにしたんですね。

だから、もし可能なら、できればですが、二日間ともお時間頂けたら、とっても嬉しいし、面白くなるように、いらんこと画策(笑)してるところです。

こういうのは、沖縄でストロベリーとでしかできないかなぁ、と思って、だから沖縄なんですけどね。

って言うか、沖縄ってのは、とっても好きだし、それだけで私はモチベーション上がりますから(笑)。

 

この4年間、とてもありがたいことに、あれよあれよと言う間にご依頼を頂き続けて、

その経験を基に、ツヴォイが次の展開をどう考えているか?を見て頂いて、それもご参考頂けたら、とっても嬉しいです。

 

まぁ、そんな感じ(笑)。

そんな感じでセミナー&オープンコンサルの二日間をストロベリーとやります。

 

 

ストロベリー情報によると、すでにご参加頂ける方はいめと思いますが、

いま、どんだけ、参加者がいらっしゃるのか、実は知らないんですけど(笑)、

私の予測では、両日とも、まだまだ全然大丈夫だとふんでますので(笑)、

良かったら、ご参加お待ちしています。

 

参加者が少なければ、少ないで、少ない用の設定にして、個別アプローチできるよう滅茶苦茶コアな時間にしますから、それはそれで価値が高まると思うから、いいんですけどね。

 

と、いうわけで、沖縄で一緒に遊んで頂ける方、お会いできるのを楽しみなしていますね~。

一緒に何か変なことやって(笑)、お互いに自身のビジネスや人生に役立てましょうね~。

 

 

 

かなり楽しみです~。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

「哲学」と「徹夜」は「てつ」が同じ(笑)

急遽、名古屋で会えたハッチィこと蜂谷先生。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

同じ対象でもアプローチはそれぞれ違う(笑)。

たらふく、ビールとウナギを一緒に食べた後は、TOSBOI STUDIOへ。

ハッチィおじさんは、オモチャや変なモノが一杯あるTOSBOI STUDIOが大好きです(笑)。

 

さっそく、心臓の模型を見つけて、手にとって、(よりによって一発目が心臓の模型かい(笑))

「うわ、心臓の模型があるじゃん・・・・・。

あのさぁ、俺の心臓はさぁ、右側のさぁ、下んとこがさぁ・・・・・・、

あれ?これさぁ、右側ってさぁ、こっちから見るとさぁ、ん~~~~、どっちになるんだっけ?????

心臓ってさぁ、こうやって見るとさぁ、一つ一つさぁ、部屋があるようにさぁ、見えるんだけどさぁ、要するにさぁ、こうさぁ、全体がさぁ、収縮してるだけなもんだからさぁ、たださぁ、全体がさぁ、こうさぁ、動いてるだけなもんだからさぁ、右側っていってもさぁ、明確にさぁ、こうさぁ、あるってわけじゃなくてさぁ・・・・・・、分かる??言ってること・・・・。」

と、要されたところで(笑)、何ととなく分かるような、何となく分からないような話をし初めてくれて(笑)、大はしゃぎです(笑)。

この時点で、夜10時。

ということは、本来の、「中部国際空港の近くのホテルを取る」か、あるいは「名古屋駅近くのホテルを取る」か、どっちにしようか?という選択に加えて、

このまま、「中部国際空港行き始発まで、スタジオで徹夜」という選択が加わったことを完全に予感するのでした(笑)。

 

 

で、どうなったかと言うと・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

名古屋の朝日に煙るハッチィ(笑)。オッさんなのに、腰の位置高くて足なげ〜んだよな。腹は出てるけど(笑)。

 

はい、朝日でした(苦笑)。

 

 

「なんかさぁ、名古屋の寒さってさぁ、やっぱりさぁ、新潟の寒さとさぁ、ちょっとさぁ、違うね〜。」

 

ハッチィ、名古屋の早朝は寒い空気感を五感で堪能です(笑)。

 

そびえ立つ、名古屋駅の高層ビルとハッチィ(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「歩いてさぁ、ものの五分でさぁ、こんなん(名古屋駅が近くにある意)だからさぁ、やっぱりさぁ、いいよねぇ、はやたん(私の意)とこさぁ、いいよねぇ。

でもさぁ、考えたらさぁ、いつもさぁ、新潟くる時はさぁ、この時間にさぁ、起きてさぁ、来てるんだよねぇ。」

 

えぇ、私がガタニイ行く時は、この時間にここ歩いて、

今からハッチィが乗ろうとしてる中部国際空港行きのミュースカイに、寒くて眠い中、乗ってんですよ(笑)。

 

50過ぎのオッさん2人して徹夜して話し込んでしまいました(苦笑)。

 

「あのさぁ、はやたんさぁ、もうさぁ、50過ぎてんだからさぁ、徹夜とかさぁ、もうさぁ、やめといた方がさぁ、いいよ。」

って、いやいやいや、それは、あなたですから(笑)。

私よりあなたの方がいくつか年上ですから(苦笑)。

 

ハッチィ先生との時間は、名古屋にいてもガタニイにいても、幸か不幸か(笑)絶えることがありません。

いつも、どちらがタイムオーバーになるか、撃沈するまで、延々と続きます(苦笑)。

 

こんなに話をし続けることなんて、何があるんか?と言えば、

アホ話もありますが、でも、どうでもいいクソ話もあるし(笑)、

いやそれだけではなく、バカっ話もあって(笑)、

いやいや、そればっかりではなくて、要するにウ◯コ話とかもするわけで(苦笑)、

・・・・・・・・・、

 

えっと、・・・・・・・、

 

哲学、そう哲学的な話が多いのですよ(笑)。

そう、哲学的なんですよ、哲学的(笑)。

哲学だから、長くなるんですよ(笑)。

 

哲学だから、お互いに、長いのですよ、しつこいのですよ(笑)。

長くなるのは、哲学的だからなんですよ(苦笑)。

サービス精神が旺盛だから、一つの概念を自分なりの解釈で、細部まで説明してくれるのですよ(笑)。

さらに、例え話や具体事例に置き換えて伝えようとしてしまうのですよ(苦笑)。

さらに、ちょっと面白くして伝えようとしてしまうのですよ(苦笑)。

ところが、それが、またあんまり面白くなかったらするんですよ(笑)。

だから、長くなるんですよ(笑)。

 

一つのことを、いっぱい喋るんですよ(笑)。

ということは、たった一つのことを、色んな視点や、角度から、切り口変えて、探求すると言えば探求してるんですよ(笑)。

そうしてるうちに、別の話に展開していってしまうのですよ(笑)。

難解なことを、シンプルに理解しようとしてしまうのですよ(苦笑)。

そうすると、また難解な展開になっていくんですよ(苦笑)。

それをまた「要するに」と、要したい欲求に向かってしまうですよ(笑)。

でも、せっかく、要したのに(笑)、「だとしたら、じゃあ、これはどうなの?」と別の疑問を口走ってしまうのですよ(苦笑)。

また、最初から始まってしまうのですよ(苦笑)。

「人生ゲーム」でルーレット回して、コマ進めて、コマに書いてある文字を見たら、「振り出しに戻る」って書いてある状態になるんですよ(笑)。

 

話したい本題に入る前に、前提となる要素から話に入るので、本題に入るまでが長くなるのですよ(笑)。

いや、前提を話しているうちに、本題そのものがどこに行ったのか、分からなくなる場合も往々にしてあるのですよ(苦笑)。

 

そう、哲学。

哲学なんですよ(笑)。

ハッチィとの話は極めて哲学的なんですよ(笑)。

それ言ったら元も子もねーじゃん、というとこまで行って、それを何とか、元かか子はあるようにしようとするから(笑)、キリがなくなるんですよ(苦笑)。

 

そうか、そんなことやってるから、

だから、徹夜になったんだな・・・・(苦笑)。

 

意味があるのかないのか分からないかもしれないけど、それを延々とやってるから徹夜になったんだな(笑)。

 

哲学なんだな(苦笑)。

哲学だから、徹夜になったんだな(苦笑)。

哲学も徹夜も「てつ」が一緒だから、徹夜になったんだな(苦笑)。

二文字だけ一緒だもんな(笑)。

 

 

ハッチィ先生、ありがとうございました。

堪能させて頂きました(笑)。

 

無事に帰れていますように。

 

 

そう言えば、また明後日、ガタニイでお会いしましょう(笑)。

今日、ハッチィが乗った朝イチの便で私も向かいます(笑)。

できれば、もう話すのはやめておきましょう(苦笑)。

お互いに(苦笑)。

ちゃんと寝ましょう(笑)。

 

 

楽しかったです(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

同じ対象でもアプローチはそれぞれ違う(笑)。

ガタニイに行く時はいつもお世話になっている「はっちぃ」おじさんこと、蜂谷先生。

実は三重県・鈴鹿市の出身で、

今日は急遽のご用事で日帰りの予定が、

帰りの飛行機にすんでのところで乗り遅れて(笑)、

中部国際空から、わざわざ名古屋にやって来て(笑)、私に会いに来てくれた。

 

せっかくなので、近くのオススメの鰻屋さんに、閉店間際に飛び込んだけど、

はっちぃ先生、大忙しの人気者なので、お客様からの電話鳴りまくりの捕まりまくりで(笑)、

ラストオーダー時間なのに、料理発注できずなので、私だけ「ひつまぶし」頼んで食べようと思います。

 

しかし、この人、財務・会計コンサルタントを長年やってるだけあって、

経営における財務や会計の知識を土台にした意思決定プロセスは、話をしてて本当に面白いです。

 

経営は経営という概念に基づくのではなくて、

経営者に経営は委ねられるのが前提であることが、

私とは全く違うアプローチからの話で、改めてよく分かります。

 

よって、注文のアプローチも、電話してるオッさんはほったらかしで、私だけ違うアプローチでしたいと思っています(笑)。

 

結局2人とも頼みましたけどね(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

続きを見る

ページの先頭へ