「恥ずかしい」を越えるだけの「やりたい」はあるのか?

先日、友人と一緒に名古屋駅の商業施設を徘徊していた時のことです。

夏の納涼祭をイメージしたような提灯の飾り付けがあったので、

「なんか閃いた時に頭が光るイメージの画像に面白そうなんじゃないか?」

と思って、自撮りしてみたんですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

そしたら、大して面白くなかったので(笑)、

友人にスマホを渡して撮ってもらったのが最初の画像です。

これも、まぁ大して面白くなかったわけですが(笑)。

 

撮ってもらっているときは、人通りが結構多くて、撮ってることに気づかなくて、友人と私の間を通り抜けていく人もいれば、

撮ってることに気を使って、わざわざ迂回してくれる人とか、

私の姿を見て笑いながら通り過ぎる人もいればで、

要するに結構な人に変な顔で見られるわけです(笑)。

 

なので、撮ってもらってる途中で、

「ダメだ、恥ずかしい。やめよ。」

と友人に言ったら、

「えぇ?ツヴォイさんでも、恥ずかしいんですか?」

と言うんですね(笑)。

 

いや、私も恥ずかしいですよ、普通に(笑)。

通行量の多い一般の場で、見ず知らずの人の前で何かやるのは、恥ずかしいに決まってますってば(笑)。

でも、恥ずかしいことを越えてでもやりたいことはやりたいだけで、

要するに「恥ずかしい」と「やりたい」のどちらが重いかだけの話ですから、

「恥ずかしい」の量が多くなればやらないのです(笑)。

 

そんなアホ会話をしながら、あ、そうかと気づいたんですね。

人は、恥ずかしいからやらないんだ、と(笑)。

少なくとも私の場合は、やりたいことはあっても、他人の目を気にしてやらないことは多々あります。

自分が他人からどう見られるか?というのは結構大きな問題です。

失敗したら恥ずかしい、間違えたら恥ずかしい、変な人だと思われたら恥ずかしい、恥をかくようなマネはしたくない、カッコ悪い自分は見られたくない。

そんなことばかりです。

いらぬクソプライドが色んなことを邪魔するんでしょうね。

人様に対するプライドが高い理由なんて何もないのにね(苦笑)。

プライドが高い理由なんてないのに、プライドだけが高いなんて、そっちの方がなんとカッコ悪いことか。

そういう奴は腐るほどいるけど、かくいう私もそうなんですね。

まったくカッコ悪い。

 

裏を返せば、

「恥ずかしい」を越えるだけの「やりたい」があるかどうかですね。

 

「好きなことをやろう」「やりたいことをやろう」というのは、よく言われますが、

それは「恥ずかしい」を越えてでもやりたいことなのかどうかということになります。

 

確かに「こいつ、強いなぁ。」と思うのは、よくよく聞いてみると「恥ずかしい」のハードルが低くなる体験・経験してる奴ですもん。

そういう奴には敵わないと思うもんね。

 

そこまで分かっていても、恥ずかしいものはやっぱり恥ずかしいわけだから、

それを我慢してでもやると、それは無理が出る。

無理は続かない。

だから、またやらなくなる。

その繰り返しとなるわけです。

 

でも、無理をするくらいなら、やらない方がいいでしょうね。

大事なのは、無理をしてでもやりたい動機や衝動があるかどうかです。

「恥ずかしい」ことを越えてでも、やってみたくなるほどの動機や衝動があることを「好きなこと」「やりたいこと」

とするのは、全てではないにせよ、一つの基準ではありますね。

 

よく「好きなことが見つからない。」とか「やりたいことがない。」と、悩んでいる人がいますが、

ないものはないのだから、悩む必要はないと私は思うのです。

無理せず、そのまま生きて、死んでいけば良い。

それで十分に幸せなのではないのでしょうか?

(笑)

 

とは言うものの、それもまたなんか嫌だ、という人は、

「恥ずかしい」と思えることを、あえてわざわざやってみる。

先に人前に出て、恥ずかしい思いを、まずしてみる。

大事なのは、そこで感じた感情をしっかり認識することでしょうね。

「恥ずかしい」けど「楽しかった」。

「恥ずかしかったけど」「でもまたやってみたい」。

「恥ずかしいかったけど」「でも、なんかドキドキして楽しかったから、またやってみたい。今度はもっと上手くなって喜ばせたい。」

そう感じられることが、「好きなこと」「やりたいこと」の最大ヒントなのだと思うのです。

 

人前にさらされて、他人の基準で一方的に評価されるのが、社会のそもそもなのですからね。

我が道を進むというのは、「恥ずかしい」を越える「やりたい」を続けることなのでしょうね。

 

そういう意味では、家業の廃業経験した時の信頼を失ったり、後ろ指を指されていると感じた経験はじめ、

やりたくもない学級委員や生徒会長や勉強会のリーダーをやらされれては、無責任な脳無しの批評にさらされてズタズタになった経験は、

今になって思えば、とても大切な経験なのだとも思えると共に、

そんなに大切な経験をしていると言い切るのなら、

あの画像程度で諦める私は、まだまだ青くてダメなウンコ男だと反省させられるのでした(苦笑)。

 

そもそも、生まれてきただけで恥ずかしい程度の奴だし(笑)、

生きてるだけで恥ずかしい程度の奴なのにね(苦笑)。

なのにプライドだけはあるなんて、なんてカッコ悪いのだろう?(苦笑)

そう思うのです。

クソみたいなプライドは醜いね。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

「好き」も「趣味」も「得意」も「遊び」も全部出せば良い

ボートの似合う、イカス海の男です(笑)。

ひょんなことから、友達のボートに乗せてもらうことになって、遊びに連れてってもらいました。

 

ある勉強会で長年に渡ってお付き合いしてきた友人ですが、

こんな楽しい趣味を持っているのを初めて知りました。

 

一つのコミュニティーというのは、何らかの目的を持っているわけで、

通常で集まるのは、その目的を達成する為というのが基本です。

 

が故に、その目的以外の、メンバーの日常や側面というのは、知っているようで、知らなかったりする、

ということがあったりして、一人一人、個人のことをどれだけ知っているか?と言えば、

案外知らなかったんだな、ということをある日突然知ったりしますね(笑)。

 

今日、遊んでくれた旧知の「ノコ」こと加藤さんも、その一人。

(何で「ノコ」っていうかっていうと、「ノコギリ屋さん」だから、という安易すぎる異名(笑)。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

別の奴から、「ノコがボートを所有してて、日常的に楽しんでて、その海の趣味の領域がプロ級で、何でも知っててスゴイ。」と聞いて、

俄然、興味が湧いてしまって(笑)、連絡したら、快く体験させてくれました(笑)。

 

今日のノコは、いつもの私の知ってるノコと違って(笑)、何から何までカッコいい!!(笑)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人よりも突き抜けている好きなことや、得意分野で、他人を楽しませようとする姿のなんと素敵なことよ(笑)。

通常は、優しくて控えめで余計にシャシャリ出てこない印象の加藤ノコが、

何も知らない私の全てを完全リードしてくれて教えてくれて、楽しみをアシストしてくれる姿のなんと頼もしいことよ(笑)。

まるで、人生全てに全幅の信頼を寄せてしまう勘違いを生み出します(笑)。

何しろ、長年に渡って色んなことやりまくってるもんだから、何から何まで色んなこと知ってるんですよ(笑)。

 

ちなみに、いらんムサイ奴らも付いてきましたが(笑)、同じ印象だったよう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

私は特に、アウトドアとかマリンスポーツに興味があるわけじゃないから、

それそのものだけには、特に動機は起こらない。

 

でも、長年の付き合いの加藤ノコが、そこまでハマりまくって、創り出している世界観ってのは、一体どんなもんだろう?と、

にとても興味が湧いた。

 

その興味に違わぬばかりか、もう予想以上の体験と、人の魅力を知ることができて、ホントに素敵な時間でした。

いや〜、面白かった。

 

アウトドアで頼り甲斐のある男がモテるって感覚が分かりましたね(笑)。

スゲェ、頼り甲斐があって守ってくれそうで、何でも知ってそうでカッコ良く見えますもんね(笑)。

容姿とかは関係なしに(笑)。

 

会社であれ、勉強会であれ、そもそもの目的があるから、その目的の為に人は集まっている。

でも、そこで見るその人の姿や、認識している印象というのは、その人の全てか?と言うと、違いますもんね。

ということは、その人の魅力というのは、一側面だけでは分からないということ。

これ、実は、会社や仕事内容においても同義だと思うのです。

 

確かに、知ってましたよ、それは。

言い尽くされてるし、私も経験していることだから。

でも、今回は、ノコちゃんが、長い付き合いの相手だっただけに、改めて強烈に認識させてもらえるのでした。

 

自分のことをよく知ってもらう。

会社の中においても、仕事内容においても、それそのものだけではなくて、

情報発信というのは、自分の「日常」や「趣味」や「好き」や「得意分野」や「楽しいこと」や「人生」や「家族」や「履歴」や、

それをドンドン出していくのは正解ですね。

 

周りに理解されるかされないという環境の問題や、

やりたいけれど、周りの理解を心配する気持ちというのは、

それは、これまでの固定概念や、同調していたいという心理的側面から、分からないでもないけれど、

やった方が間違いなく、会社や自分の魅力が伝わり、仕事の内容も良くなり、周りからの印象も良くなり、

結果、業績に影響するということに、私は確信が持てますね。

反対する人っていうのは、実は「自分本来の魅力」に、そもそも自信がないのですよ。

私はそう疑ってしまう。

 

だって、自分の色んな側面を伝えた方が、それに共感する相手にとって、本人の「魅力」が増すのですから。

人は自分にとって魅力的な対象に惹かれるのです。

 

そんなことを改めて考えるのでした。

 

ノコちゃん、今日はありがとね〜。

カッコよかった!(笑)

そして、勉強になりました。

また連れてってね〜。

 

応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

喫煙ルームの討議を聞きながら、日本経済はまだ伸びしろがあると思った(笑)

東京へ日帰りです。

サングラスは、自分がなんだかカッコ良くなった気がするから(笑)好きですが、

老眼鏡もしているので、付けたり外したりするのが面倒です。

それより、無くしたりしないか心配で、以前、これと同じやつを新幹線で無くして、クソ泣いたことがあります(苦笑)。

 

そんなことはいいとして、もうすぐ品川というところで、タバコを一本吸おうと思って、喫煙ルームに向かったら、

3名さま満室状態で、通路で待ってたんどけど、なかなか出てこない。

やけにおっせぇなぁ、と思ってガラス越しに中をよく見てみら、サラリーマン風のおじさん2人が、

タバコ吸い終わってるのに、何やら話に夢中になって、中にいたまま話し込んでいる。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

(まったく何やってんだよ、こっちはずっと待ってんじゃねーか?もうすぐ品川着いちゃうんだから、吸い終わったんなら、熱く語ってんじゃなくて、はやく出ろっつーの。

っていうか、どんなに熱く会社をより良くしようと語っても、そうやって周りに配慮できないからダメなんだろ。)

と、自分のことは棚に上げて長文に渡るほどの文句を心の中で言いながら、写真撮ったったら(笑)、

片方が、もう一本吸い出しやがって、つられるようにもう片方もタバコに火を付けやがった(笑)。

 

(あぁ、もう吸うの諦めて、品川着いたらゆっくり吸お。)

と、諦めかけたら、別の3人目の人が出てきてくれて、やっと中に入れたのでした。

 

で、タバコに火を付けて、何をそんなに一生懸命熱く語り合ってんだろう?そこまで熱くまるんだから、よっぽど重要な案件なんだろうか?と思って、話の内容聞いてたら、

「・・・・・・でな、ラ〜イン(SNSのLINEのことね)で討議しろってよぉ、そぉんなもん、いくら何でもなぁ・・・・。

そりゃ、ちょっとした連絡とかなら、いいかも知らんけどなぁ、と〜ぉぎ(討議)までLINEってするっていうのは、どぉなんかと思うわなぁ。

やっぱり大事な話はこうして顔合わせてやらんとなぁ・・・・、

んぐ、ぐふ、ふぁ〜〜〜・・・・、ん、あ・・・・・・・、んん〜〜〜、

ふぅ、今日はいい天気だなぁ、

こりゃあ、今日は暑くなるだろうなぁ・・・・、

お、もう品川着く・・・・・・。」

と言いながら、出て行った(笑)。

 

いやいやいや、あんたら、

「LINEで討議なんてダメで、重要な話は顔合わせてやらんといかん」

って、

こうして、次に待ってる人のことも気にならないほどに、実際にこうして顔合わせて熱く語ってる討議内容は、

「LINEで討議なんてダメで、重要な話は顔合わせてやらんといかん」

って、

「LINEで討議なんてダメで、重要な話は顔合わせてやらんといかん」

てのは、そこまで重要なことなんない!?(笑)

顔合わせて喋ってる重要なことは、愚痴かい!?(笑)

会社の方針批判かい!?(笑)

あるいは、今日のお天気のことなんかい!!!!(笑)

 

いい、もういい、

重要な討議を、SNS使おうが、リアルで会って話そうが、どっちでもいい!(苦笑)

それが重要なら、出張コストかけて人件費かけて、延々と重要な討議してていい!(笑)

何が連絡程度で、何が重要な討議なのか、その定義は君達の自由でいい!

だから、せめて、一本吸ったら、そこで重要な討議してなくていいから、早く変わってくれ!!!!!

おかげて、俺は、半分しか吸えなかったんだぞ!!!!!(苦笑)

 

 

私は思う。

なんだかんだいって、日本経済はまだまだ伸びしろがあると(苦笑)。

明るい未来の可能性を示唆してくれて、ありがとう、オジさん(笑)。

俺こんなこと嬉しそうに投稿するなんて、人のこと言えた義理じゃねーだろ(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

続きを見る

ページの先頭へ