自分のモチベーションはどこにあるのか?

中部国際空港のタバコが吸えるカフェから更新です。

相変わらず、落ち着きなくあちこち行ってて、んで、さっき名古屋に帰ってきて、落ち着いてお茶しようとして、

でもブログを書こうとし出して、結局落ち着きません(苦笑)。

 

今回、名古屋を出たのがいつで、何日前にどこで何やってたのか頭の中でオボロになってて、

でも、よくよく思い出してみると、つい3〜4日前程度のことだったりして、初日のことがもう随分前のことのように頭の中ではなってるだけで、

そんな大したことでもないじゃん、と思いながらも、

ということは、きっと一日一日・ひとつひとつのお仕事を、俺はスンゲェ集中してやってるってことだろうな、

と、何の根拠もなく、都合の良いように思っています(笑)。

 

日頃からの情報発信は、現代ビジネスにおいては何より大切であることは分かっているものの、

例えば、私の場合で言うと、人前で喋っている時間や、人の話を聞いている時や、一人でいたとしても集中して何かを考えていたり、作業をしていたり、

(あるいは、一人で気がすむまでグダグダしている時も(笑))、

そういう、ひとまとめに、情報発信よりも優先する時間(あるいはせざるを得ない時間)は、その時間と同時に、情報発信の作業はできないわけで、

そもそも、お仕事が増える為に情報発信するというのが目的であるなら、それくらい何かと忙しくなるのであれば、情報発信はしなくていいじゃん、という考え方もあるのかと思います。

何かの作業や行動というのは、そもそもの目的が達成されれば必要がなくなります。

 

私がブログやSNSで情報発信(どうでもいい情報だとしても(苦笑))するのは、

私の場合は、ビジネス前提であったりするのですが、

そのビジネスそのものが忙しくなれば、一時的にでも目的が達成されているわけで、

晴れて、「毎日毎日、いちいち、こんな面倒くせぇこと、もうや〜めた。」とか言って(笑)、とっととやめればいいのでしょうが、

こうして、性懲りも無くブログ更新しているということは(笑)、

情報発信する目的は、少なくとも「一時的にでもお仕事が忙しくなって儲かる」ということ【だけ】ではない、ということになります。

 

【だけ】ではないのだから、他にも理由や目的はあるわけで、それが何なのかを一つ一つ理解しておいて、

状況や環境に合わせて、その優先順位が変わっていく程度までは、頭の中を整理しておきたいとは思うのです。

例えば、一時的でないとしたら、向こう20年くらいお仕事の依頼が来てスケジュールがパンパンになってたら、もう俺は書かないのか?、いや、それでもきっとアホなこと書くな、きっと、とかね(笑)。

 

 

何しろ私は、「それをやった方が良いか悪いか?」という概念にはあまり興味がなく、

「それをやるだけのモチベーションは自分の中にあるのかないのか?」が大事ですから(笑)。

 

要するに、根っからの面倒くさがりのグダグダ好きなので、できれば、何もせずにグダグダと生き続けれていれば、幸せなんだろうなという程度の人間なわけで(笑)、

そりゃ、子供の頃から、勉強しろとかは四方八方から言われ続けて、でも、何で勉強した方がいいのか?という理由は、それなりに頭では理解はしていたものの、

頭の中で理解しただけでは、結局やらなかったですもんね(苦笑)。

やるだけの動機がなかった、あるいはまるで見つけられなかったということです。

やった結果の快感や、やったらどれくらい嬉しいことがあるのかを憧れるほどにリアルに感じさせてくれる対象がなかったのでしょうね。

 

でも、図画工作や美術だけは、楽しかったし、結果、成績は良くて、成果が上がったということは、恐らくは、他人よりも情報に触れたり、行動してた時間が多かったからで、

私の中では、やるだけの理由、何らかのモチベーションがあったのでしょう。

 

こうして書きながら思うのですが、私にとってブログ更新とかSNS発信というのは、子供の頃からの図画工作と同じで、

なんか描きたいから描き、いやんなってやめ、でもまたなんか描き始め、

なんか造りたいから造り出し、飽きてはやめ、でもまた造りはじめ、

そうこうしながら、50年近く経って、プロでもないし、仕事でもないのに、まだ同じようなことやり続けていて、

要するに、明確な理由などなくて、ただそうしてたいからそうしている、

要するに目的や理由などどうでもよくて、ただ好きだからやってんだろ?

ということと、ブログ更新も本質的には同じ欲求なのではないか?と思うわけで、

なんか書きたくなったから書きはじめ、面倒くさくなったらやめて、でもまたなんか書きたくなったから書き出し、みたいな(笑)。

 

口では、「現代ビジネスで成功したいならブログとSNSの発信はマストです。」なんてこと偉そうに言いながら、

ただ、好きなことやってるのを、公的に正しいことだと肯定的に主張したいだけなんじゃねーか?と、自分に疑いを持ってしまいます(笑)。

 

でも、もし、そうであるなら、

ただ好きで、何の明確な目的も理由もあるわけでもなく、ただ本能的に何かを表現することが好きだから書いていて、

たまたま時代的にブログやSNSがビジネスに有効だという歯車に合っている、としたら、

それはそれでスゲぇラッキーなのかも知れません(笑)。

 

って言うか、最強じゃん、それって、とすら思えます(笑)。

好きでやってるだけのことが、ビジネスに直結するのですからね(笑)。

そんな有効かつ楽しいことはありません。

 

「ビジネスにおいてブログは書いた方が良い。」という人がいたとして、その人の言うところの、「なぜならば」の理由や根拠はちゃんと聞くし、参考にはして、なるほどと思うことはあれど、

だからと言って、私のモチベーションが上がるかと言えば、そんなこと、ほとんどありません(苦笑)。

「ふーん、そうなんだ。」と思うか(笑)、「なるほどねぇ。」とただ頭で理解するだけです。

まして、「毎日書く方法」とか「読まれるブログの書き方」なんてのには、まるっきり興味が湧きません(苦笑)。

だって、「漢字ドリルを毎日やる方法」とか「良い点数取る為の勉強方」みたいなのと、私にとってはまるで同じだから(笑)。

大人になってからの情報発信方法論も、子供の時の勉強方法も、私にとってどうでも良いという価値観はまるで同じで、

私が欲しいのは、「自分にとってそれをやる意味がどこにあるのか?」をちゃんと自覚しておくということなのだと思うのです。

 

というか、「今の時代、ビジネスで成功したいならブログやSNSで情報発信した方が良い」という程度の知識なら、誰でも知ってはいるけど、

でも、それを理解してたところで、やってない人もとてつもなくいるわけで、

知らないからやってないならいざ知らず、知っててもやらないというのは、

それはもう、そんなことより、人生時間で優先したいことが一杯一杯あるんだろうから、それはそれで自分で選択してるのだから、いいのでしょう。

 

私も、書きたければ書くし、書きたくなければ書かないし、書きたくても書けない状況なら書かないし、書きたいけど優先したい煩悩が多ければ書くわけないし(笑)、

まぁ、そんなもんでいいのかなぁ、と思ったりします。

 

だって、結局は、こうしてまた書き始めるのですから(笑)。

 

お仕事させて頂いている企業さんから頂くご相談の多くは、

「やることは決まるのだけど、社員がなかなか動かない。強制的にやらせてもダメなことは分かっているし、条件を釣っても本来ではないことは分かっている。

分かってはいるけど、でも、じゃあ、どうしたらいいのか分からない。

どうしたらいいのでしょう?」

といった類が圧倒的に多いです。

 

そんなの、私だって分からないし(笑)、面倒臭いし(苦笑)、私もずっと苦しんできたことだけに「知らんがな、私だって。」と言いたいところですが(笑)、

ご依頼を受けたからには、そうともいかず(笑)、そして、私も同じようなことで、苦しんでは真正面から色んなことをやってきた経緯を持っている以上、他人事とも思えず、

だから、脳天気にお茶してる時間ができた時に関わらず、こんなどぉでもいいこと考えるんでしょうね(笑)。

せっかく移動だけで、何も考えずにいられそうで、髪の毛もボサボサのままの日に(笑)、何もこんなこと考えては、ブログアップせんでもいいだろ、とも思いながら(笑)、

目の前のことで一所懸命の連続があったからこそ、こうしてクールダウンしてる時に頭が冴えるのかも知れません。

それは、それで、まぁ楽しくていいですけどね(笑)。

 

「努力する方法」はいくらでもあるような気がします。

でも「努力する意味」は、自分で考えない限りは手に入りません。

 

私の経験則の上では、そういう考えに基づいてアプローチできれば素敵だなぁ、と思っています。

 

ただ生きてるだけなのに仕事になったら素敵(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

仮説を証明したいなら実験してみよう(苦笑)

人が、見た目に異常値を感じる時は、大きく2つのことを認識した時にあります。

① 普通はそこにないはずのものが、普通にそこにある

②  そこにあることが普通なものが、必要以上の量で普通にそこにある

 

人に役立つかどうかは別として、人が異常値を感じたり、逸脱していると感じたり、独自性を感じたりする場合、現象としては、大きくこの2つになるでしょう。

「普通」や「一般」や「常識」というのは、その時代と生息している地域における人類の多数決で決まるのが妥当ですから、

異常値を出したかったり、逸脱したかったり、独自性を出したければ、行動を圧倒的少数へと選択し続ければ良い、と論理的には言えることになります。

そうすれば、こと独自性や逸脱や異常値というのであれば誰でも発揮できます。

 

ただし、ビジネスが前提となると、わけが違ってきます。

ビジネスにおいては、異常値や独自性や逸脱というのは、意識的に発信したいのであれば、

常に、もう片方の常識や一般や普通というものを認識しておくというのが前提となります。

誰かに役立たないと、ビジネスそのものが成立しませんからね。

「自分以外の誰か」をどれだけ認識できているか?が前提となるわけで、

ここが、単なる「誰からも相手にされない変な人」と、「独自のビジネスで成功している人」の初動段階の大きな違いです。

 

メインカルチャーがないと、サブカルチャーは生まれないし、

多数がないと、少数は存在しないし、

常識がないと、逸脱はあり得ないし、

社会がないと、発揮される個人はありません。

 

私から見て、その人らしさ(異常値・独自性・逸脱など)を発揮しながらも、

社会的実績(業績・売上・年収など)も上げ続けている人、

すなわち、好きに生きてるように見えて、社会的に成功している人というのは、

いかにも自分の好きなことばかりやってるように、「見た目」には見えて、

上記したようなことのバランス感覚が卓越している人です。

非常識に見えて、極めて常識的であったり、

感覚的に見えて、一方でとてつもなく論理的思考があったり、

何も考えてないように見えて、とても思慮深い側面があったり、

表層や現象で認識できること以外の、目に見えないもう片方の側面を、表層や現象と同じくらいの深さやエネルギーで持っているというのが共通しています。

 

好きに生きているように見えて、前提として他人のことをちゃんと見ている。

好きなことだけを仕事にしているように見えて、社会や市場環境や世の中の流れを前提に見ている。

独自性を持ちながらも、社会で成功している人は、皆そろってそういう人達です。

 

ただし、見た目には文字通り「見た目」ですから、他人が客観視できた時だけ見えるその姿というのは、片方だけしか見えません。

その人の頭の中の思考や、あるいは、誰も見れない一人の時に何をやっているかといった行動は、他人からは見えないわけで、

見えない時の行動や、見えない時に何を考えているのかは、その人にしつこくしつこく聞くか、あるいは寝食を共にしてよくよく観察しまくるくらいしか手がありません。

 

さらに、よくよく知ったところで、パクれるか?というと、これがなかなか難しい。

例えば、これはもう才能なんじゃないか?とか、センスがいいという言葉でまとめるしかない、とか、生まれてから今日に至るまでの経験値が違い過ぎるとか、こんなのもう生まれつきじゃん!とか、そういう元も子もねーよ的なとこに行き着くことがほとんどだったりして手に負えません(苦笑)。

よって、ちょっとやそっとでは簡単にはパクれないのです。

私の場合は、知れば知るほどに難しいと感じ、知れば知るほどに遠くなっていくような感覚に見舞われます。

それでも、自分なりに見えてくることがあるまで徹底的にパクろうとすればいいのだけど、それはそれで時間がかかります。

 

よって、異常値・独自性・逸脱に対して、すぐにできる効果的な方法は、私としては、

「好きなことをやり続ける」

ということになります。

ここまで書いてきて何ですがね(苦笑)。

 

「好きなことを、人目もはばからず、徹底的にやり続けてみる」というのが、一見不効率に思えて、最も早く実践的な方法です。

最初に記載した、

① においては、仕事中も「好きなこと」や「好きなモノ」「好きな格好」に、どこまで囲まれるかどうか徹底的にやってみれば、それは、他人から見れば一般的ではなくなるし、普通ではなくなります。

② においては、勝手にどんどんやり続けるので、ちょっとやそっと好き程度の人よりも量で圧倒差がつきます。

好きなんだから、努力もへったくれもありません。ただ、好きでやりたいことをそのままやって生きてればいいのです。

これは、中小・零細・個人企業にはやりやすくて、大手企業ではやりにくいことでしょうね。

我々が圧倒的に有利なビジネススタイルのあり方です。

まぁ、やってみて、ただし、周りの反応はちゃんと見ておくことは必須で、

やりながら、ちゃんと「ビジネスにおける独自性として成立するかどうか」を精査していくことが必要でしょう。

 

私が「好き」なことは、ほぼ固定されたこともあるなら、

その場で思いついた「面白そう」なことを実際にやってみたくなるというのもあって(苦笑)、

特に街を歩いていると、何かを見て、やってみたいなぁ、と思ったことはやってみたくたってしまいます(笑)。

街を歩いていると、それがとても多くて楽しい。

 

ただ、思いついたことをやってみるリスクがないか?というと、それは結構あるわけで、

欲求を引き止めようとする最大のリスクは何かと考えてみると、

他人からどう見られるか?恥ずかしい思いをするのではないか?ハジをかくのではないか?ということ程度なわけで、

そんなもん、私なんて生まれつき恥ずかしくて(苦笑)、生きていることそのものがハジなわけだから(苦笑)、まぁ、いいかと(笑)。

 

と、いうわけで、とある街を歩いていたら、店頭にたくさんの風船で飾ってある集客施設があって、

恐らくは、② を狙ったものではないか?と予想できたのですが、

でもその程度の量じゃあ、今やどこでもやってる程度、珍しくも何ともない程度で、

① にも② にも属さなくなってて、誰も見向きなんてせずに、足早に通り過ぎるばかりだったので、

それなら、

「全部が風船だと思って見てたら、一個だけ人間の顔が出てたら ① に該当して、人は見てしまうのではないか?」

という仮説が頭をよぎり、やってみたくなって、

ちょうどうまく撮れるように、何度も何度もやってたら、道行く人達に国際を問わず不思議そうにジロジロ見られて、

 

別の意味で、① の事例になってしまったような気になって、結果として、実験は失敗したような気持ちになるのでした(苦笑)。

 

ちなみに、恥ずかしかったです(笑)。

当然、誰の役にも立っていなかったし、誰の喜びにも貢献していませんでした(苦笑)。

 

仮説があるなら実際に実験してみましょう(笑)。

仮説→実験→検証、この連続なのです(笑)。

「迷わず行けよ。行けば、分かるさ、恥ずかしい。」(笑)

 

迷わず行けば、ちょっと恥ずかしい(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

「質と量」は別モノなのか、密接に関係するのか?(笑)

もう11月なんですね。

紅葉が綺麗な時期になるんだろうな、と思って、環境や周りの人達や自然としなやかに調和していくのは大事だな、と思って、

サングラスも紅葉にしてみましたが(笑)、

まだ自然の紅葉なんてどこにもなくて(苦笑)、

でも、歩いていたらディスプレイの紅葉を見つけたので、撮ってみたけど、別に大して面白いというわけでもありませんでした(笑)。

 

いつも面白い画像を投稿している人を見ながら、スゲェなぁ、と思うのですが、

何がスゲェって、スゲェ面白いことなんてぇのは、私のような凡人には、ただ生きてるだけでは滅多に起こらないわけで、

ということは「これが面白いのではないか?」という想定と実験をいくつもいくつもして、

その中の、ほんの少し、ごくごく僅かの面白いと思える事例があるわけで、

それが連続しているということは、一体とれだけの量をこなして、手間をかけているんだろうか?と思えて、それがスゲェなと思うわけです。

 

面白いことは、無尽蔵に埋没している大して面白くもないことの中から、ほんの少し湧き出ているのだろうな、と思えてしかたありません。

 

「質と量」というのは、全く違う側面を持つと認識できる反面、

「質は量が生む」という、密接な相関関係もあるのだと思うのです。

 

となれば、大して面白くもないこの画像も意味を持つのではないか?と思いながら(苦笑)、

11月も面白くなりますように、と他力本願丸出しで行きます(笑)。

 

 

11月のテーマは「他力本願」(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

続きを見る

ページの先頭へ