服装自由にしたらどうなるかバレてました(苦笑)

スーツで行くかどうか分からない経営者勉強会の集まりがあって、

分からないのであれば、レザージャケットにジーンズで行こう、と思ってたら、

「服装自由にして放っておくと、ツヴォイさん、革ジャン着てくるので、一応、全員スーツにしときましたから。」

と直前に連絡が入って、逃げきれずにスーツ着用(苦笑)。

 

バレてるね、完全にバレてたね(苦笑)。

いいです、スーツでもカッコいいから(笑)。

 

 

まぁ、どっちでもいいんだけどね(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

「表現」の前提となる必要なスキルとは何か?(笑)

私にとっては、もはや毎月の恒例となっている、(株)ウィザップ東京支店・ウェルカムボードの「今日のお絵描き」特別参加。

今回は、一体何がテーマなのかが楽しみ、と言うか、テーマに対するウィザップメンバーの作品が、いかに悶絶させてくれるか(笑)が楽しみなわけですが・・・・・、

 

今回のお題は「ガッチャマン」。

って、お前ら、自分達の実力分かってて、テーマ決めてんのかい!?(苦笑)

 

お題に対して、何も見ずに描くのがルールの、この「今日のお絵描き」シリーズ。

 

私が到着した時は、どうなっていたかというと・・・・・、

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

案の定、さすがの画伯達です(笑)。

 

 

もはや、一点づつ紹介することに、何の意味もないことは明白ですが(苦笑)・・・・、

 

とりあえず、何とか原形は留めていそうな、バブこと藤田君のガッチャマンに、彼を見直したものの(苦笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

(何で、ガッチャマンがHeyと言ってるのかは不明(笑)。)

 

 

大学の後輩にあたる、エックスこと岩澤氏は、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リーゼントのフランケンシュタインでも描いたのでしょうか?(苦笑)

マントのつもりで描いたのでしょうが、フタコブラクダ怪人外人誕生したとしか思えません(笑)。

同じ大学の先輩であることが恥ずかしくなります(苦笑)。

 

 

 

続いて、JKこと西山ジュンコちゃん。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘルメットから描き始めようとした痕跡だけが伺えますが、どっかの子供以下です(苦笑)。

 

 

途中から入ってきた、カイトこと古川君。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

運動会で鳥の羽つけて楽しく踊った時の思い出でも描いたのでしょうか?(笑)

ヘルメットのつもりでしょうが、赤白帽にしか見えません。

楽しく遊んでそうで良かったですね。

 

 

極めつけは、今回から参戦し始めた、高橋社長の息子、エイジ。

時期社長候補の彼がどんなガッチャマンを描くのかによって、ウィザップのこれからが問われるプレッシャーを一身に受けて、描いたのは、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

絵ではなく、ただの線です(笑)。

原始時代の壁画でも、これよりは絵になっているはずです(苦笑)。

 

 

私は、子供の頃から、ウルトラマン・仮面ライダーの代表される、特撮実写版の方が好きで、

アニメは苦手です。

苦手ですが、苦手なりに、これくらいは、何も見ずにガッチャマンは描けます(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

これを見た、ウィザップメンバーが、

「ガッチャマンって、こんなオッさんくさくないよねぇ。」

「色は何となくこんな感じで似てるんじゃないの?」

「いや、髪型はこんなんじゃなかったんじゃない?」

・・・・・・・・・、

 

私が声を失って、営業研修の開始が遅れたのは言うまでもありません。

 

 

しかしながら、彼らの名画を見ながら、大変重要なことがよく分かりました。

 

「表現」できる人と、できない人の違い、

それは、表現力そのものの能力の前に、

「観察力」と「記憶力」が前提となるということです(笑)。

おそらくこれは当たっています。

 

皆さん、もし、あなたが様々分野で表現をしたいと望むならば、

まずは、観察力と記憶力を高める訓練をしましょう(笑)。

 

その証明は、このホワイトボードが物語っています(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

生で見たい方は、(株)ウィザップ・東京支店へどーぞ(笑)。

3Fエレベーターが開いたら、目の前に現れます(笑)。

 

テーマそのものから無理なんだよ(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

心のストックを大きくしていきたいのです

思い通りにしたいとか、

思い通りにしようと意図したりとか、

思い通りにならないことを悲しんだり、憂いたりとか、

 

そういうこと自体が、そもそもおこがましいことなんだな、と無性に謙虚にさせられる瞬間というのがあって、

それは、私の場合は、「自然」の圧倒的存在から徹底的に叩きつけられることが多いです。

 

せっかく来たのに、曇っていたから、一瞬ガッカリしても、でもガッカリすることなく、

青のグラデーションの出逢えることに喜びを感じ、

 

目が覚めれば、予想だにしない朝日に出くわし、

オレンジ色に染まる世界があることを知り、

 

出くわすかどうか分からない、可能性があるのかないのかも分からないけれど、

時に自然の一瞬の場面に触れておきたいと思うのは、

そういう自分のおこがましさを自覚させられて、

謙虚な気持ちにさせられるからなのかも知れません。

 

何かを求めて、何かを叶えようとして、何かを得ようとして、何かを期待して、

そういう前提で物事にあたるのは、

特にビジネスの場となれば、損得が基本となるだけに、至極当然なれど、

それが違っていたり、叶わなかった時に、一つ一つ悲しんだり、憂いたり、打ちひしがれることなく、

普通にただ受け止めて、受け入れて、自然体で生きていけるようになれれば、

どんなに素敵なんだろう、と。

 

損得の世界に生きていれど、損得に縛られない生き方という、

おぼろで、虚ろで、しなやかでありたいと思うのです。

 

せっかく来たのに曇りだから残念、

晴れたからついている。

安くしてもらえたからラッキー、

余計に請求されたから損した。

 

どんなに綺麗事を言っても、どうしても損得勘定と感情が働く自分を知っているだけに、

ビジネスとは、損得の結果が問われるわけで、

余分に求め過ぎることなく、余計に抗うことなく、

かと言って、ちゃんと準備をしておくことは怠らずに、

仮に相手の都合や変化によって、出たとこ勝負を余儀なくされても、

しなやかに対応できるだけの心のストックがあることが、とても素敵だと思える。

かといって、ことなかれ主義や、他力本願ではなく、

意図しながらも、結果は受け入れ、静かな心でいられたら、

それはきっと幸せなのだろうな、と思うのです。

 

曇りは曇りで、そのままに楽しめて、

 

朝日が昇れば、その世界に素直に喜べて、

 

起こる全てを受け止めながら、

アホはアホらしく、らしい自分のあり方でいられれば、

どんなに素敵なんだろうと、そう思うのです。

 

今回も、一見、無造作とも思える時間の中に、かけがえのない一瞬一瞬があったことに感謝しています。

 

損得であって、損得でない。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

続きを見る

ページの先頭へ