「流れに合わせて変化する自分」と「変えようのない独自のアホ自分」を考える(笑)

溜まりまくったスマホカメラロール画像を整理しようと見ていたら、

いつ撮ったのか記憶も定かではない「口出し画像」がたくさん出てきました(笑)。

 

ブログで公開しようとしまいと、あちこちで何か見つけては撮っているので、私にとっては、いたって日常的な行為なのですが(笑)、

いくつもの「口出し画像」を見ていると、さすがにというか、えぇ加減、自分で自分がアホとしか捉えようがありません(苦笑)。

 

時々、「なんで、あんなことやってんですか?」と聞かれるのですが、

当然、自分でも分かりません(笑)。

 

ただ一つ言えるのは、子供の頃からの、ウルトラマンやゴジラを代表する特撮世界の影響からか、

昔から遠近法描写に対する、強い興味があったのは確かなようで、

 

 

先日見つけた、中学2年当時の写真では、

キンチョールの噴射を、遠近法を何とか駆使して、ゴジラの放射火炎になるように、口から出しています(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

嫌がる姉に無理を言って撮ってもらったのですが、意図が伝わっていなかったのか、

遠近法のはずが、見事にズレていますが(苦笑)。

当時は、カメラしかなかったので、現像があがってくるまでどうなってのか分からなくて、

想像していた完璧な放射火炎とは出来上がりが程遠く、ガッカリした記憶が鮮明です(笑)。

 

こういうアホ丸出し遍歴を目の当たりにすると(苦笑)、

なんだかんだ言っても、変わらんもんは大して変わらんのだなと思えます(笑)。

 

 

片方で、時代や世の中の変化に対して、自分も変わっていくのは大事なれど、

もう片方で、自分のアホ根本は大して変わらない(笑)。

 

時代の流れに対しては、しなやかに順応して、

無理することはない変わらない自分は何なのか?

という二つの軸と、その接点をどこに置くか?という認識や思考はとても大切だと思っています。

 

この感覚がないと、

「変わる」ということを、それまでの自分とは全く違う新しい自分になろうとすることと思い込んだりして、

それだと、いささか無理が生じるでしょうね。

無理はキツイ。

 

自分の根本なんてのは、そんなに大して変わらないと思うのです、

というか、

私は、こういうことをなりたくなるアホ加減は、昔から全く変わってないわけだから、

自分の何かを変えようとして「口出し画像」を撮ってるわけではなくて、

昔も今も、アホ日常をただ生きているだけなわけですね(苦笑)。

 

社会の変化に対して、自分の独自性をいかに打ち出して行こう?と考える場合、

新たな何かを模索することよりも、もともと自分が好き好んで実際に行動してきたことを、よくよく振り返ってみた方が有効だと、私が思うのは、こういうことからなんでしょうね。

 

とは言っても、私の「口出し画像」遍歴なんてのは、

社会に対する独自性なんてのは愚か、

屁の虫以下もクソもへったくれもないわけですがね(苦笑)。

まぁ、現在のアホ画像をスクロールしながら、適当にそんなことを頭の中をよぎるわけです(笑)。

 

アホはやっぱりアホのままだ(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

夢だった世界って、ある日ひょっこりリアルになってるんだね

新神戸の新幹線ホームで。

電車とか全く興味のない私にとっては、見たものが見たままに新しければ、私にとっては最新鋭のものと認識していまうわけで(笑)、

たまたま止まっていた「何とか号(笑)」がカッコいいのなんのって(笑)。

なんだ?コレ?

おそらく初めて見たぞ。

すんげーカッコいい。

こんなの、列車じゃなくて、宇宙ロケットじゃん!(笑)

っていうか、ウルトラホーク1号が分離した時のアルファ号?の先端そのまんまじゃん!(笑)

どんだけ速そうなんだよ、これ(笑)。

 

日本のあちこち移動しているつもりでも、まだまだ知らないことばっかりで、

普通の日常の中にこういうことがあると、まぁ、自分ほ無知さ加減を知るいうか、謙虚になるというか(苦笑)。

 

子供の頃に、「未来都市」みたいなテーマで、ロケットとかロボットとかテレビレシーバーとか、そういうので街中が溢れているようは夢の世界をよく描いていたけど、

そん時は、子供心にはあり得ないことが前提だったわけで、でも、月日が経って、こうしてリアルで日常の中にヒョッと現れる、

こういう時に、あり得ないと思っていたことでも現実になっていくんだなぁ、と感じてしまうのです。

 

面白いなぁ、と思うのは、子供心に描いていたSFの乗り物のデザインってのが、

極端に形を変えずに、ほぼそのままで実現化されていることですね。

考えた通りになっていくし、考えた通りにしかならないんだろうな、と思うのです。

こうなったら、ウルトラホーク1号も、シュピーゲル号も、ジェットビートルも飛ぶな(笑)。

絶対飛ぶな(笑)。

 

人工知能の時代がすぐそこにやってきて、人間の仕事が奪われとか言われてて、私なんて「ふーん、そうなんだ。」程度しか認識していないけど(苦笑)、

いまそうなるっていっているということは、確実にリアルになって、色んな人工知能の何かがたくさん目の前に現れるのでしょうね。

 

まぁ、とは言うものの、そうなった時に、どうなるんだろう?という心配よりも、

キカイダーやハカイダーみたいで人形で動くのとか、バビルの塔に出てきたコンピューターとか、宇宙家族ロビンソンに出てきたすぐに「計算できません。」とか言うロボット(ロビーだっけ?)みたいなのが、

ある日、日常のリアルにゾロゾロ出て来たら、それはそれで、夢のテーマパークに行かなくても、日常がそんな世界になって、

スゲー面白そうだな、と楽しみでしかたない、程度というのが、私の「人的知能」なんですけどね(苦笑)。

 

いずれにしても、なんか色んな夢だったことが現実化しそうで楽しみだなぁ、

と脳天気に、新神戸の駅で思うのでした(笑)。

 

ウルトラホーク1号飛ぶな、絶対(笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

時間が経っていても知らないことばかりなんだね(苦笑)

気がつけば、TOSBOI STUDIO の外装工事の足場が撤去されていました。

壁面補修は何とか形になった模様です。

 

と思ったら、今度は、入れ違いに黄色い高作業車がやってきてくれて、なんかやってます(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

なんかやってます(笑)。

分かりません。どうなるのか分かりません(苦笑)。

 

「この電線って、何がどこから繋がってるのか分かりますか?」

とか、聞かれるのですが、私にも分かりません(笑)。

 

生まれてから高校生まで、ずっと当たり前のように住んでいた実家ですが、

知らないことばっかりですね(苦笑)。

ここにきて、色んな知らないことがたくさん発覚して、何にも知らねーんだな、と自覚させられています(苦笑)。

 

でも、その黄色いボックスみたいなやつに、一緒に乗せてくれたら、ちょっと教えてあげてもいいと思うから、

次に何か聞かれたら、言ってみよ(笑)。

乗ったことない乗り物には乗りたくなる(笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly

続きを見る

ページの先頭へ