「哲学」と「徹夜」は「てつ」が同じ(笑)

急遽、名古屋で会えたハッチィこと蜂谷先生。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

同じ対象でもアプローチはそれぞれ違う(笑)。

たらふく、ビールとウナギを一緒に食べた後は、TOSBOI STUDIOへ。

ハッチィおじさんは、オモチャや変なモノが一杯あるTOSBOI STUDIOが大好きです(笑)。

 

さっそく、心臓の模型を見つけて、手にとって、(よりによって一発目が心臓の模型かい(笑))

「うわ、心臓の模型があるじゃん・・・・・。

あのさぁ、俺の心臓はさぁ、右側のさぁ、下んとこがさぁ・・・・・・、

あれ?これさぁ、右側ってさぁ、こっちから見るとさぁ、ん~~~~、どっちになるんだっけ?????

心臓ってさぁ、こうやって見るとさぁ、一つ一つさぁ、部屋があるようにさぁ、見えるんだけどさぁ、要するにさぁ、こうさぁ、全体がさぁ、収縮してるだけなもんだからさぁ、たださぁ、全体がさぁ、こうさぁ、動いてるだけなもんだからさぁ、右側っていってもさぁ、明確にさぁ、こうさぁ、あるってわけじゃなくてさぁ・・・・・・、分かる??言ってること・・・・。」

と、要されたところで(笑)、何ととなく分かるような、何となく分からないような話をし初めてくれて(笑)、大はしゃぎです(笑)。

この時点で、夜10時。

ということは、本来の、「中部国際空港の近くのホテルを取る」か、あるいは「名古屋駅近くのホテルを取る」か、どっちにしようか?という選択に加えて、

このまま、「中部国際空港行き始発まで、スタジオで徹夜」という選択が加わったことを完全に予感するのでした(笑)。

 

 

で、どうなったかと言うと・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

名古屋の朝日に煙るハッチィ(笑)。オッさんなのに、腰の位置高くて足なげ〜んだよな。腹は出てるけど(笑)。

 

はい、朝日でした(苦笑)。

 

 

「なんかさぁ、名古屋の寒さってさぁ、やっぱりさぁ、新潟の寒さとさぁ、ちょっとさぁ、違うね〜。」

 

ハッチィ、名古屋の早朝は寒い空気感を五感で堪能です(笑)。

 

そびえ立つ、名古屋駅の高層ビルとハッチィ(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「歩いてさぁ、ものの五分でさぁ、こんなん(名古屋駅が近くにある意)だからさぁ、やっぱりさぁ、いいよねぇ、はやたん(私の意)とこさぁ、いいよねぇ。

でもさぁ、考えたらさぁ、いつもさぁ、新潟くる時はさぁ、この時間にさぁ、起きてさぁ、来てるんだよねぇ。」

 

えぇ、私がガタニイ行く時は、この時間にここ歩いて、

今からハッチィが乗ろうとしてる中部国際空港行きのミュースカイに、寒くて眠い中、乗ってんですよ(笑)。

 

50過ぎのオッさん2人して徹夜して話し込んでしまいました(苦笑)。

 

「あのさぁ、はやたんさぁ、もうさぁ、50過ぎてんだからさぁ、徹夜とかさぁ、もうさぁ、やめといた方がさぁ、いいよ。」

って、いやいやいや、それは、あなたですから(笑)。

私よりあなたの方がいくつか年上ですから(苦笑)。

 

ハッチィ先生との時間は、名古屋にいてもガタニイにいても、幸か不幸か(笑)絶えることがありません。

いつも、どちらがタイムオーバーになるか、撃沈するまで、延々と続きます(苦笑)。

 

こんなに話をし続けることなんて、何があるんか?と言えば、

アホ話もありますが、でも、どうでもいいクソ話もあるし(笑)、

いやそれだけではなく、バカっ話もあって(笑)、

いやいや、そればっかりではなくて、要するにウ◯コ話とかもするわけで(苦笑)、

・・・・・・・・・、

 

えっと、・・・・・・・、

 

哲学、そう哲学的な話が多いのですよ(笑)。

そう、哲学的なんですよ、哲学的(笑)。

哲学だから、長くなるんですよ(笑)。

 

哲学だから、お互いに、長いのですよ、しつこいのですよ(笑)。

長くなるのは、哲学的だからなんですよ(苦笑)。

サービス精神が旺盛だから、一つの概念を自分なりの解釈で、細部まで説明してくれるのですよ(笑)。

さらに、例え話や具体事例に置き換えて伝えようとしてしまうのですよ(苦笑)。

さらに、ちょっと面白くして伝えようとしてしまうのですよ(苦笑)。

ところが、それが、またあんまり面白くなかったらするんですよ(笑)。

だから、長くなるんですよ(笑)。

 

一つのことを、いっぱい喋るんですよ(笑)。

ということは、たった一つのことを、色んな視点や、角度から、切り口変えて、探求すると言えば探求してるんですよ(笑)。

そうしてるうちに、別の話に展開していってしまうのですよ(笑)。

難解なことを、シンプルに理解しようとしてしまうのですよ(苦笑)。

そうすると、また難解な展開になっていくんですよ(苦笑)。

それをまた「要するに」と、要したい欲求に向かってしまうですよ(笑)。

でも、せっかく、要したのに(笑)、「だとしたら、じゃあ、これはどうなの?」と別の疑問を口走ってしまうのですよ(苦笑)。

また、最初から始まってしまうのですよ(苦笑)。

「人生ゲーム」でルーレット回して、コマ進めて、コマに書いてある文字を見たら、「振り出しに戻る」って書いてある状態になるんですよ(笑)。

 

話したい本題に入る前に、前提となる要素から話に入るので、本題に入るまでが長くなるのですよ(笑)。

いや、前提を話しているうちに、本題そのものがどこに行ったのか、分からなくなる場合も往々にしてあるのですよ(苦笑)。

 

そう、哲学。

哲学なんですよ(笑)。

ハッチィとの話は極めて哲学的なんですよ(笑)。

それ言ったら元も子もねーじゃん、というとこまで行って、それを何とか、元かか子はあるようにしようとするから(笑)、キリがなくなるんですよ(苦笑)。

 

そうか、そんなことやってるから、

だから、徹夜になったんだな・・・・(苦笑)。

 

意味があるのかないのか分からないかもしれないけど、それを延々とやってるから徹夜になったんだな(笑)。

 

哲学なんだな(苦笑)。

哲学だから、徹夜になったんだな(苦笑)。

哲学も徹夜も「てつ」が一緒だから、徹夜になったんだな(苦笑)。

二文字だけ一緒だもんな(笑)。

 

 

ハッチィ先生、ありがとうございました。

堪能させて頂きました(笑)。

 

無事に帰れていますように。

 

 

そう言えば、また明後日、ガタニイでお会いしましょう(笑)。

今日、ハッチィが乗った朝イチの便で私も向かいます(笑)。

できれば、もう話すのはやめておきましょう(苦笑)。

お互いに(苦笑)。

ちゃんと寝ましょう(笑)。

 

 

楽しかったです(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ