「商業界」笹井編集長が来て下さって最後に衝撃と興奮!

20150206-1
お会いしたかった方にやっとお会いできました。

株式会社「商業界」の笹井編集長!が「TOSBOI STUDIO」に来てくれました。

こんなに光栄なことはありません。

私が社会に出てからというもの、かれこれ、月刊「商業界」・「ファッション販売」・「販売革新」の各紙では、ずっと勉強させて頂いていました。

戦後の日本の商業界をずっと支えてきたとも言えるビジネス月刊誌の編集長です。

実は、以前の「商業界」の特集記事で、私のターゲットプロファイリング手法(寄稿はエクスマ・藤村先生)をご紹介頂いた際に、お電話とメールで何度かお話させて頂いたり、Facebook等で交流はありましたが、実際にお会いするのは今日が始めて。

この25年以上に渡って、日本の多くの経営者・商人を生で取材し、日本経済を見つめてきた方とのお話の時間は、私にとっては本当に豊かで至福の時間となりました。

私も、これまでのことを時間の許す限り全部お話させて頂きました。

ここまでリラックスして自分のことを話させて頂けたことはあったのか? と思える程、気がつけば、さすがの人を引き出すプロ中のプロであり、そして文字通り「編集」のプロだと気づかされました。
(だから、この17年間、編集長だっつーの(苦笑))

おこがましいながら、こんな気持ちにさせられた人は初めてです。

20150206-2

それで、「あぁいい時間をもらえて良かったなぁ」で終わるかと思いきや、最後にお話頂いたのは、度肝抜く内容!

私にとっては、今までにないほどの興奮と高揚と衝撃が待っていました(笑)

まだ詳しくは言えませんが、とんでもないことになるかも知れませんぜ!

急遽のアポだっただけに、いや、あのご提案は予想外でした。

これについては、明確になり次第、また報告させてもらいますね。

ってな脳内炸裂を実感しながらも、最後に一緒に撮る写真でお願いしたのは、「商業界」編集長に、「週刊大衆ヴィーナス」と「週刊短衆」を持ってもらう暴挙!(笑)。

(最初の画像(笑))

さすがの大きな器で快く引き受けて下さいました(笑)。

だって、一見関係なさそうに思える、この3冊だけど、

20150206-3

(うち一冊はモロエロ本だっつーの!(苦笑))

ここ最近に発売されたこの3冊の全てに共通しているのは、

20150206-4

全部、この男が載ってるっつーの!(笑)

笹井編集長とお会いできて、かつ、発売直後の3冊一緒で撮れるという編集離れ業は、今しかないっつーの!(笑)

笹井編集長、お陰様で凄まじい編集を実現することができました(笑)。

そんな「短パン原人つながり」のどうでもいい話は置いといて(笑)、最後に頂いたお話、本当に光栄で、ありがたく、こんなに嬉しいことはありません。

全力でやらせて頂きますので、ご指導の程よろしくお願いいたします。

衝撃と興奮と高揚と。
↓応援クリックお願いします~。

  • follow us in feedly
ページの先頭へ