「Keisuke okunoya」ブランドの幅広さと奥深さ

image

短パン社長プロデュースの「Keisuke okunoya」のオックスフォード・ボタンダウンシャツが相当調子良い。

私の場合は、ボタンダウンは洗いざらしありき。80年代のニューヨーカーを気取ってジーンズで爽やかに着こなしても様になりますが、

同じボタンダウンでも、松林さんという人がプレスして着ると、全然違って見える程の幅広さです。

 

image

あるいは、壁下君のように、同じプレスしてもネイビーにホワイト・ショーツで爽やかに今年のトレンドを意識することもできますし、

同じボタンダウンでも、松林さんという人がプレスして着ると、やっぱり全然違って見える程の幅広さです(笑)。

 

アメカジからモード系、全然違って見える系まで、さすがの幅広さを誇る「Keisuke okunoya」のオックスフォード・ボタンダウンシャツです。

スゲー幅の広さ(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ