秋の訪れとデニムJKに切なさを憶える

image

何気ない言葉で傷ついてしまったり、悪気ない一言で傷つかせてしまったり、些細な一言が切なく心に刻まれてしまって残り続けてしまったり・・・・、

そういうことがあると、もう、人との関わりが深くなることや、気持ちが近づくことが怖くなったり、こんな思いをするくらいなら、ずっと一人の方がいいや、人の言葉なんてもう信じない・・・・、

そんなような気持ちを、誰もが一度や二度は思うものなんでしょうね。

そんなことすっかり忘れて調子にのって生きていると、また忘れた頃にやってきたりするものです。

 

そういう切なさや痛みは、何故か懐かしさもまた伴うもので、あぁ、そうか秋の訪れなんだろうかなぁ、と短かくて切ない季節の到来を感じさせてくれるような気もします。

この時期に無性にデニムJKが着たくなるのは、ほんの少しだけ温かさと勇気が欲しくなるからなのかも知れません。

誰にも言えない痛みを知るほどに人に優しくなれるような気がするのは、傷つくほどに自分らしく素敵さを増すデニムに良く似ていたりしますものね。

 

そうか、秋の始まりのデニムJKに、何故だか切なさを憶えていたのは、いつの間にかそんな記憶が刻まれていたからなのかなぁ・・・。

秋の訪れとデニムJKは何故か切ない。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ