その人にしかない瞬間と記憶があるのでしょうね

image

9月に入ってちょっとは涼しくなるかと思ってたけど、

まだまだド暑い東京です。

 

道中に、ビルの隙間から東京タワーがチラリと見えるとなんだか嬉しい気持ちになります(笑)。

 

子供の頃に、陸橋を走る新幹線を道路から見えるやいなや、

「あっ!新幹線!!だぁっ!!」

ととりあえず見つけたお手柄を訴えたくなる、子供の頃の気持ちになります(笑)。

 

そうだ・・・・、

あれは、確か、姉が幼稚園の頃に、遠足かなんかで、なぜだか一緒にバスに乗って、連れて行ってもらう道中に(母も一緒だった)、

私の座った席の周りには姉と同級生のお兄ちゃんばかりで、

母は後方に座っていて、なんだか心細くて不安に包まれていた時、

バスの窓から見える、通り過ぎる新幹線を見つけたお兄ちゃん達が、

「あ!新幹線だぁ!!」

と我先にとお手柄の歓声をあげるのを聞いて、

私もつられて、仲間入りがしたくて、小さな声で、

「新幹線だ・・・・」

と言ったら、

それを見逃さなかった姉が、わざわざ自分の席を立って、母のとこまで行き、手で口を押さええて笑いながら、小声で

「いま、ひでっ君、『新幹線だぁ』って言ったよ。」

と嬉しそうに、告げ口するかのように言いに行った場面が鮮明に蘇りました(笑)。

姉を見ながら、すっかりお兄ちゃん気取りだね、という気持ちと、ちょっと嬉しいんかな?という気持ちが入り混じっているかな?と複雑な気持ちになっていたことも憶えていま(笑)。

私がまだ、幼稚園前の出来事ですが、そんな脳がサル以下とも思える(笑)当時のことが、なぜだか鮮明に記憶の断片に残っています。

 

さっき、

「あ、東京タワーだ!」

と思った瞬間、もう随分前に亡くなってしまった姉のことが急に思い出されて、

姉が、暑い中、ちょっとだけ楽しい気持ちにさせてくれたのかも知れないな、

と思うのでした。

姉貴は憶えてるかなぁ。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ