気持ちがあればきっと伝わっているから(笑)

image

電車に乗っていると、何故か、結構な頻度で、外人さんに声かけられます(笑)。

 

今日も、電車の中でスマホいじってたら、

「ちょっと、すいません、いいですか?」

みたいな感じの英語で外人さんがなんか聞いてきたので、

「なぁに?」

みたいな感じの英語で、応えたら、

「この電車って、◯◯駅まで行くんですかね?」

みたいな英語で、目的地まで行く電車かどうか聞かれたので、

「俺もよく知らないんだけど、ちょっと調べてみるよ。」

みたいな感じの英語で、スマホの「乗換案内」のアプリで、外人さんの発音通りの駅名で調べてみたら、

そんな駅なくて(笑)、

発音に近そうな駅名出してみて、

「これのことかい?」

みたいな英語で、確認してみたら、

「いや、日本語分からないんだよ。」

みたいな英語で、答えてきたので、

「そんなの俺にも分かんねーーーー!」

みたいな英語で、さらにジェスチャーして(笑)、

「それなら、一緒に、電車の中に貼ってある路線図見て見ようぜ。」

みたいな英語で、誘って、ドアの上にある路線図見てみたら、

「あ、これ、こんなとこにあったんだ。これ見たかったんだよね。」

みたいな英語で、言うもんだから、(そっか、これが見たかったんだな)と思いながら、一緒に見たら、

彼が探してた駅名があって、発音が微妙に日本語のそれと違ってて、

「あぁ、この駅だったんだね。」

みたいな英語で、聞いたら、

「そうそうここだよ。これ乗ってれば着くんだよね。」

みたいな英語で、確認してきたから、

「うん、この駅だったら、あと5つ目で着くよ。」

みたいな英語で、答えてあげて、

2人で安心して席に座って、

「どっから来たんだい?」

みたいな英語で、出身を聞いたら、

「イタリーから来たんだ。」

みたいな英語で、教えてくれて、

「そっか・・・、楽しかったよ。俺はもう降りるから一緒に写真撮ろう。」

みたいな英語で、聞いたら、

「もちろんさ。いいよ。」

みたいな英語で、笑顔で応えてくれて、一緒に自撮りして、

「この画像、FacebookとかのSNSでアップしてもいいかい?」

みたいな英語で、確認してら、

「もちろんいいさ。」

みたいな英語で、快諾してくて、

「じゃ、俺はここで降りるから。元気で、素敵な旅をね。」

みたいな英語で、挨拶したら、

「ありがと。君もね。」

と返してくれて、

握手してお別れしました(笑)。

 

でも、どうも彼はイタリア人だということは分かって、

お互い「みたいな英語」しか使ってないから、

ちゃんと伝わってたのかどうかは明確でもなくて(笑)、ちゃんと、目的地に着いてるといいなぁ、と今もずっと願っています(笑)。

 

きっと伝わっている(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ