プロなら練習くらいしろよ

image

「プロなら練習くらいしろよ!!!!無職の俺でもやってんだぞ!!!」

いまだ、本気だかパフォーマンスだか自分でも区分けがついていないけど、つい最近に感極まって口走った言葉です。

言葉の前に、明らかに(てめー)という( )がついていたし(苦笑)、その場にいた方達は、その感情の声が聞こえていたと思います(苦笑)。

 

野球入門を読んだり、プロ野球の試合を観れば、プロ野球選手になれるとは誰も思っていない。

プロレス入門を読んだり、プロレスの試合を観れば、プロレスラーになれるとは誰も思わない。

なのに、なぜ、コンサルタントが書いた本を読んだり、コンサルタントのセミナーを受けただけで、プロのコンサルタントになれると思うのだろう?

なのに、なぜ、経営者が書いた本を読んだり、経営者の話を聞いたり、経営者勉強会に出ているだけで、プロの経営者になっていると思うのだろう?

なのに、なぜ、経営者の子供に生まれてきて、年月が経って継承した日から、自分はプロの経営者と自覚してしまえるのだろう?

なのに、なぜ、新入社員で◯◯屋に入社したその日から「私は◯◯屋の誰それです。」と自己紹介するのだろう?

人は何故、業種業態や職位についた途端、その道のプロであると認識してしまうのであろう。

プロ野球選手にはなれなくて、プロレスラーにもなれないのに、でも、他のプロなら何の練習もしてなくても、その日からプロになれると思っているし、プロになった日からも何の練習もしてない。

プロ野球選手やプロレスラーは、試合の時間以外にどれだけ練習するかにかかっているのに、

私達はどうして仕事の時間以外は何の練習もしなくなるんだろう?

 

稼げないコンサルタントはプロなのか?

食えない役者と、プロの役者は、どこで区分けされるのか?

単年度の稼ぎなのか?

 

プロの定義とは果たして何なのか?

 

他人の認識がどうかは問題ではなく、ここに明確な答えが自分に出せない以上、私は、

「代表取締役無職」

の肩書を外さずにいるのだと思う。

 

前職を退任・退職してから、丸3年が経った。

同業他社になったのならいざ知らず、

新たなステージが何であれ、新たなステージで何かやろうとしている以上、

3年程度ということは、まだその道の駆け出しなのだと自覚しています。

 

こんな私でも、人前で喋る以上、人前で喋る練習は一人でしてますよ。

時に人知れず。

時に人に見られて、独り言喋ってる変な人と思われながら。

 

プロなら練習くらいしろよ。

練習もしてないのに客の前には出るな。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ