アホ画像3体追加に見る「私は何を期待してブログ制作を依頼しているのか?」

制作者「ハカセ」が坪井アホ画像3体追加

バナー05

バナーに現れる私のアホ画像が3体追加されました(笑)。

 

今回は、上の「商業界」撮影時の定番アホ・ポーズに加え、3年に一回着用するかどうかの貴重なアホ・タキシード姿(笑)と、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バナー03

沖縄でマックイーン仕様のサングラスがずり落ちかけているマジアホ面画像(笑)も・・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バナー04

更新したり、別のページを開ける度に、10種類(くらい?)のアホ坪井画像が出てきます(笑)。

 

追加してくれたのは、このブログの制作からずっとお世話になっている(株)ウィザップの「ハカセ」こと海津博士。

先日の、原宿講演の際にちょっとだけ前に出て、喋ってもらいました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

image

ガタニイ講演の時は、ホントは前に出てハカセ式WEB論を語ってもらおうとしてたのですが、短パン社長と私が炸裂させ過ぎてしまって(苦笑)、しっかりと時間を取ることができませんでした。

今回の原宿講演は、時間に余裕を持ったから、しっかり話してもらうから準備しといてね、という前提で、わざわざガタニイから来てもらったのですが、松野先生と私が炸裂させ過ぎてしまって(笑)、やっぱり時間がなくなってしまいました(苦笑)。

制作者「ハカセ」の本質論

ハカセは人生観にも近いと思える程のWEB論とか仕事観を持っていて、それだけに独自のクソ理屈を持っていたり(笑)、逆に「やる」と決めたらコスト以上の時間や手間をいとわないほど相手への想いと自分の仕事に情熱とプライドを持っていたりして、だからややこしい(笑)。

ややこしいけれど(笑)、一旦自分事にしてしまうと、自分と相手が同化するほどの真剣勝負と日常化で、依頼もしていないのに、私の意を汲んで色んなことをしてくれます。

要するに、私のことを知ってくれている、ということです。

前に出て喋ってもらった時に、「時間がないから一言で答えて欲しいんだけど、私のブログを創る時に一番大切にしてくれたことって何?」って聞いたのですね。

私はてっきり技術的なこととかデザインに関するコダワリを言うのかと思ったら、「リアルな坪井さんと、ブログで表現される坪井さんに乖離があってはいけないと思って、坪井さんをまず理解しようと思って、過去のブログ記事を全部読みまくって、坪井という人間を理解しようとしたことですかね・・・・。」

少々の驚きと嬉しさと共に、だから私はコイツに100%お任せっきりでいいや、とういう安心感があるんだな、と納得したわけです。

自分のことを知ろうとしてくれている、いつも見てくれている、理解しようとしてくれている・・・・、これほどの嬉しさや安心感・信頼感はありませんもの。

私のようなグウタラ系は、100%安心してお任せしていけるということですね(笑)。

ここがハカセのスゴイところと、こういう変わり者を保有(笑)してくれているウィザップのスゴイところの一つ目です。

制作者「ハカセ」の企画力と技術力

二つ目に、これで3回目になる私のアホ画像の追加ですが、最初からアホ画像追加していく構想があった上で、企画をしているということですね。

言ってみれば、ブログの制作としうのは、最初に相手に気に入ってもらって納品すれば、それで一つの取引が終わるということですから、一回納得させてしまえばそれでいいということにもなります。

しかし、継続していく上で、きっとこうなるだろう、あるいはこういう楽しさが増幅されることが予測されるだろうことを、最初から考えて手を打っていたということでしょうね。

このブログで言うなら、私がブログを続けていくうちに私が言い出すであろうことを予測して、最初のプレゼンをしてくれているということです。

実は、このブログの作成を依頼する際に、私は私でコンセプトや全体イメージや基本デザインの注文と、素材の全てを渡しました。

ここまでは、私の意図です。

だから、制作者としては、それをただ技術的に形にしてすれば良いと言えば良いのです。

 

しかし、私が何故にウィザップに依頼したかと言えば、私だけが考える以上に何かが生まれる化学反応の期待があったからで、その一点が理由と言えば理由です。

ただ形にしてくれるというだけの作業なら、世の中にゴマンとWEB会社はあるのですから、安い方を探せばいい。

しかし組んだうえでの化学反応を期待できる相手と、関係性が構築できるだけの相手がなかなかないのです。

よって、組ませてもらったら、何らかの化学反応が起きて、私が自分で考えていた以上の破壊的な何かが創出されるかどうかの可能性を事前に感じさせてもらえるかどうかは、大きな価値であり、それを実現していくのもさらに大きな価値ということだと思っています。

制作者「ハカセ」との継続性

そういう意味で、ここまでの経緯を振り返ってみたり、今回の原宿講演に間に合うようにアホ画像を追加しておいてくれたあたり、(株)ウィザップさん、ハカセに依頼してて、本当に良かったなぁと思っています。

当然、今のところは、となりますが(笑)。

だって、そうでしょ。世の中はドンドン変わっていくし、私の価値観や考え方もそれに合わせて変わっていって次に何を言い出すか分からないし、ウィザップさんも変わっていく。

変わり続けていくのだから、互いに継続していくというのは常に「今のところは」の連続というのがリアルだと思うのです。

でも、そういう緊張感をいつも持ちながら進んでいくのが私は心地良いと思っているし(笑)、あぁ生きているな、と実感したりするのです(苦笑)。

安定ほどつまらないものはない。

安心ほど暇なものはない。

いつもとは言わないまでも(笑)、時々そう思うのです。

 

そういう訳で、私のバナー・アホ画像のバリエーションはこれで10体くらいになりました(笑)。

今後もたくさん増えて行って、見るたびに違うアホ坪井がいて、他も観たくなるから更新し続けるという、アホ連鎖が起きていくことを願いながら(笑)。

 

ハカセ、今回もありがとね~。

365日、全部違うアホ坪井画像が出てくるように頑張りましょうね~。

って、やるのは君だけど(笑)。

人形が一つ一つ増えてくのは楽しい(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ