意味などない中に意味があるのかもよ

image

「ブログやり始めても、どーせ続かないなら、やんなきゃいーじゃん。」

と思う反面、でも、それは、

「生まれてきたけど、どーせ死ぬんだから、今すぐ死ねばいーじゃん(笑)。」

という論法と同じにも思えて、あまり賛同もできなかったりもします(笑)。

 

ブログを書くことを前提にしながらも、書くことがないだの、時間がないだの、なんやかんやと悩み(そんなの悩みと言うんかい?(笑))をぶつけられることはあって、

そういう気持ちは私にもあるから、分からないではないのだけれど、私の場合は、ブログを書かない時は、書くことをがないとか、時間がないとか、そういうことではなくて、「ただ書きたくないから書かないだけ。」というのが理由なので(苦笑)、

書けないと悩んでいる人には、「別に書きたくなきゃ書かなくてもいーじゃん。そんなの自分の人生の勝手だろ?」と言い放ちはするんだけど(笑)、

そうすると何故か異様に冷たい奴に思われて(苦笑)、

私からすれば質問されたことに対して私なりにコン詰めて考えた結果を伝えてるだけなのに、そんなこと言うなら最初から聞くなよ、とは思うけど(笑)、

余計に角が立つし面倒だから言わないようにしてます(笑)。

 

でも、まぁそれは、「生きてる意味が分からないの。」なんてことを、そこまで深くは考えたり、深刻な問題として認識しているわけじゃないけど、気を引きたくて言う程度の人に、

「じゃあ、もう死ねばいいじゃん。別に、あんたの人生だしね。」と言ってるのと同じなんじゃねーか?と思うと、ちょっとは反省するわけです(笑)。

あぁ、もう面倒くせーなぁ(苦笑)。

 

そもそも、生まれてきた意味とか、生きている意味なんてのをちゃんと考えて日々を生きているわけでもないし(苦笑)、

仮に何かの研修とかのきっかけで「あぁ、この為に生きているんだ。」と自覚することはあるけど、それが本当の本当にそうなのかはどこまでいっても分からないわけで(苦笑)、

ただそう自分で自分に思い込めること自体が本人にとって大切程度には思うけど、だからと言って、だから私は正しい、素晴らしいと吹聴しまくったり、人に教えたがるのもアホ丸出しに思えるわけで(笑)、

自分だけが自覚して勝手に生きていればいいんだろ?程度に思っています(苦笑)。

 

そういう考えが根底にある私にとっては、逆説的に考えると、ブログを書くことにそこまでの意味は果たしてあるんかい?とも思っているわけで、

でも、結果として良かったと思うことがあったり、ビジネスに繋がったりする現実も十二分にあって、

そうなると、後付けで、その結果の為にやっている、ということは言えるには言えるのだろうけど、

今度はそれが目的になると書くのが何だか苦しくなってくる、という心理も芽生えてきてしまったりするわけです(苦笑)。

こうなると、迷宮入りです(笑)。

そういえば、1986年のアメリカ映画・デヴィッド・ボウイが出ていた「ラビリンス/魔王の迷宮」ってのがあったけど、まるでそんな感じだな(笑)。

 

たから、ブログも同様で、書く意味が明確だからその為に書いているというよりも、書きたいからただ書いている程度、と一旦割り切ってしまった方が気が楽になるというか、継続することに意味があるとすると、気が楽な方が継続するからいいと思うわけです。

だって、生きいる意味があってもなくても、考えても考えなくても、どーせ、今日もまた目が覚めたら起きて、飯食って、クソして、また寝て、それを死ぬまで続ける、所詮、続けるわけでしょ(笑)。

意味がないと継続できないとか何とか言いながら、意味が分からなくても人生を継続している自分が現存しているのですよ(苦笑)。

しかし、こう書くと、元も子もねーな(苦笑)。

 

私から見て、ブログを継続的に書いて発信して、結果として何らかの成果を上げている人達というのは、よくよく見ていると、なんだかんだ理由は言うけど、どう考えても、書きたいから書いているんだろ?という人がほとんどのような気がするのです(笑)。

意味があるから書いているんじゃなくて、書き続けていることに意味があることを知っている人達です。

そういう人達は、だから、生きている意味が分かって生きているんじゃなくて、生きていることそのものに意味がある、と感覚的に分かってるんだろうな、とも思えるし、そういう姿がそれこそ根拠もなく(笑)、私からは素敵に見えてしまって仕方ないのです。

 

そう思えば思うほど、「意味がないことに意味がある。」なんておかしな表現に正しさを覚えてしまうのです。

 

とはいえ、書くことがない、と言っている人に、少しでも参考になれば、と思い、「そんなに考えることなく、些細で小さな日常の中にこそ、何か大切なものがあるんだよ。」ということを言いたくて、それに適した画像を撮りたくて、ちょうどイメージ通りの場面があったからやってみたけど、頭に描いていた映像とは全然違って気持ち悪くなってしまった画像になってしまいました(苦笑)。

イメージとしては、「インディー・ジョーンズ」主演のハリソン・フォードが、何か財宝を見つけた感じだったんですってば(笑)。

 

我ながら、なんて意味がなくて、意味がありそうに思えるんでしょう(笑)。

 

 

ただ書きたいから書いているだけは継続できる(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ