見えないものが見えるまでマネしてみる

この人はスゴイ、この人は面白い、この人は尊敬できる、この人みたいになりたい、

そう感覚的にでも思えたらなら、それは、思った本人の感性や感覚に近いということなのだから信じていい、と仮説を立てている。

 

信じていいけど、もっと大事なのは、それはなぜそう思えたのだろう?と考えること。

まずは徹底的にマークして、できるだけ近くで、できるだけ長い時間、できるだけ多くの回数、できるだけ多く観察して、

何度も同じ話も聞いて、何度も紙に書き出して、何度も何が違うのだろうと考えて、

最初は、できるだけそっくりそのままマネしてみてる。

最初は、形から入ってみる。

夜寝る前に、何でそう思えるんだろう?と毎晩考える。

考えながら、寝落ちする。

 

最初は、目に見えるモノやコトをマネすることをやりきってみる。

完璧にマネできた時点で、それはもしかしたらオリジナルになっている可能性はあるけど、

それでも、まだモノマネの領域で、ハリボテの状態。

 

どうしてだろう?何が違うんだろう?どうしてあの人が言うと伝わって、俺が言うとなんか違うのだろう?

と疑問をもって、関心をもって、また、同じことを繰り返す。

書き出してみる。色んな要素を書き出してみる。

面倒だし、時間はかかるし、ほとんどは無意味に思えるけど、

それでも続けてみる。

 

それを続けていくうちに、

目には見えない、現象には現れていない、形にはなっていない、一定の共通項目のようなものが見えてくることがある。

見えるまで続けてみる。

 

あぁ、そうか、なぜあの人のことを、そう思えたのか、大事なのはここだったんだ、

と確信が持てたとしたら、

自分が出せるリアルや現象に置き換えてみる。

 

人は、それを、「本質」と言ったり、「根幹」と言ったり、「思想」と言ったり、「仕組み」と言ったり、「コンセプト」と言ったり、「真理」と言ったり、

そういう言葉だけでは、分かるような、分からないような、訳のわからない概念を理解した状態になるのだと思う。

 

もし、それができた時に、人は、それを「本物」「独自性」「オリジナル」と認識するのだと思う。

 

だとしたら、

① そこまで惚れ込めるほどの憧れの対象

② そこまで続けられる努力と継続

③ 高い志だろうと、純朴な欲望だろうと、そこまでできる強い動機

が大きな要素になる。

 

その全ては、「センス」とか「才能」とか、そういう諦めのつきやすい言葉の領域ではなくて、

単なる「努力」の領域なのだと思う。

 

じゃないと、全てが生まれつきで決まってしまう、と元も子もない話で終わってしまうじゃないか。

やってまなきゃ分からないのであれば、せめてモガクくらいはしなきゃ気が済まない。

 

そう信じて、今日も私は何かを見つけてしまい、興味を持ったら、マネし、同じことをやってみるのだ(笑)。

 

どうせダメならそこまではしておきたい。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ