心の目を開けば妖精はきっと見えるさ(笑)

最近、何かとまとわりついている、骨みたいな人なのか、骨の妖精みたいなのか、よく分かんなかったんだけど、

先日も、お茶しようとカフェにいたら、気がついたら目の前に座ってて、

あんまりよく見るもんだから、「君はだぁれ?」と聞いたら、

「僕は骨の妖精の『ボーン』っていうんだよ。」って言うから、

そのまんまやん、と思いながら、フと見上げると、そこには、壁に鹿の骨が飾ってありました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ちなみに、このカフェの壁面はガチネタです(笑)。

 

その後、お気に入りのビンテージアメリカンカルチャーのお店に行ったら、

また、気づいたら目の前にいて、楽しそうに、鹿の骨みたいのと同化していました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

骨の妖精はホントにいるんだな、と思いました。

 

ありがとう、ボーン。

心の目を開けば、見えないものでも見えるんだね。

大切なことを教えてくれて、ありがとう、ボーン。

本当は「骨の亡霊」なんだよね、ボーン。

 

きっと、もう二度と会えないと思うけど、君のことは僕の心の中にずっといるからね。

でも、すぐ忘れるに決まってるけど(苦笑)。

もう二度と会えないんだね、ボーン(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ