これぞ男の闘いのロマン!「あの、すーさん」VS「暴君・壁下」宝生亭ロビー全激闘録(笑)

「宝生亭なんとかセミナー」の講師の為に、久しぶりに行けた「加賀の宿 宝生亭」。

どっかで会えると思っていた「宝生亭三男」である「あの、すーさん」。

入った当日に7階客室フロアーを懐中電灯を持って探検しているところに遭遇しました。

「お、すー君、久しぶりじゃん、おじちゃんのこと覚えてるかぁ?」

「う・・・・・・・・・ん、どっかであったようなぁ・・・・・・・・・・。」

とのこと(笑)。

そりゃそうだよな、毎日忙しくて覚えてなんていないよな(笑)。

「いくつになった?」と聞いたら、4歳になってて、すっかりお兄ちゃん。

しかし、この時には、後に起こる「笑って後ろで写っている暴君・壁下」との屈辱の激闘が待っていることを、彼は予測すらしていなかったでしょう(笑)。

 

 

研修が終わった翌日、帰りの準備をしてフロントで休んでいる時に、子供スペースの中二階でなにやらごそごそ動く気配。

「あの、すーさん」が、お星さまの窓からお星さまのオモチャを出し入れして一人で遊んでいました(笑)。

下に降りてきた「すーさん」は、何故かご機嫌で(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

一人絶好調のブランコ遊びを堪能で、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

私の存在など、どこ吹く風(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

自慢の力持ちを披露するほどでしたが、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

私が目を離した、その瞬間、

 

「やめろーーーーーーーーーーー!」

と叫ぶ「すーさん」の叫び声。

 

 

何があったのかと振り返ると、それまで大人しくしていた、あの暴君・壁下が、後ろから「すーさん」のズボンをずり下げるという暴挙に(笑)。

 

 

保育園の相撲大会で優勝するほどの力持ちの「すーさん」、プライドを傷つけられたのか、

自分で、ズボンをずりあげ、それまでの朗らかな気持ちが切り替わり、怒り心頭で暴君・壁下に立ち向かいます。

「こっのっ、じっじぃぃぃぃぃぃぃぃっ!」

暴君・壁下は「じじい」だそうです(笑)。

「来るか!?来い!」

 

「すーさん」の闘争本能に呼応するように、暴君・壁下、臨戦態勢に入ります。

かくして、「あの、すーさん」対「暴君・壁下」との激闘が始まるのでした(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

保育園相撲チャンピオンの「すーさん」、プライドにかけて、暴君・壁下に果敢に挑みます。

 

しかし、

 

保育園では超重量級の「すーさん」も、暴君・壁下の前では、単なるチビスケ(笑)。

簡単に持ち上げられ、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「うぉりゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 

カナディアンバックブリーカーからの、パイルドライバーの連続攻撃に成すすべもなく、撃沈(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

またしても、ズボンをずり下げられます(笑)。

 

 

またしてもプライドをズタズタにされた「すーさん」、怒りが頂点に達します(笑)。

「こっのっ、こっのっ、じっじぃぃぃぃぃぃぃぃっ!」

体制を整えた「すーさん」は、同じセリフを絶叫しながら(笑)、またも暴君・壁下に襲い掛かりますが、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まったく同じ手で、やられます(笑)。

あげく、今度は、空中ズボンずり下げの屈辱を味わいます(笑)。

 

 

「こっのっ、じっじぃぃぃぃぃぃぃぃっ!」

聞いているこちらが、「すーさん」は、この言葉しか知らないのかと思えるほど(笑)、同じ言葉を発しながら、

半狂乱状態で、またまた暴君・壁下に立ち向かう「すーさん」ですが・・・・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

過去と同じ、

「バックブリーカー」→「パイルドライバー」→「ズボンずり下げ」

という単調な技を食らい続け(笑)、

(前の画像をもう一度ご参照下さい(笑))

あげく、今度はパンツまでずり下げられ、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ケツまで露呈させられるに至ります(笑)。

 

それでも、諦めず、自分でパンツを履き直し(笑)、ズボンをずり上げ(笑)、同じセリフを絶叫しながら、立ち向かう「あの、すーさん」(笑)。

しかし・・・・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

暴君・壁下のワンパターンの連続攻撃に対する学習能力はなく(笑)、

時に「弓矢固め」(笑)。

 

 

時に「揺り椅子固め」(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

時に「回転エビ固め(ケツ丸出し)」(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

最後には「パンツ脱がされ固め(笑)」。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

この、

「この、じっじぃぃぃぃぃぃぃぃ!」→「カナディアンバックブリーカー」→「パイルドライバー」→「ズボンずり下げ」→「パンツずり下げ」→「ケツ丸出し」

の全く同じパターンの展開を、両者、飽きることなく、数えること何と、6回もくり返します(笑)。

 

しかし、最後には、さすがの「あの、すーさん」も力尽き、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

泣き出します(笑)。

悔し涙をリアルに流して、リアルに「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」と絶叫で泣き出します(笑)。

 

その姿が、あまりに痛々しく(笑)、私は、思わず「すーさん」に助言します。

「すー君、すー君、そのままでは何度やってもダメだ。力だけじゃなくて、頭を使え。頭を使うんだ。」

泣きながら、パンツとズボンを履き直す「すーさん」に、私の無責任なアドバイスが入ります(笑)。

 

それが功を奏したのか、ピタリと泣き止む「すーさん」。

何かを思いついた様子。

 

「武器を持ってくる・・・・・・。」

(笑)

思い立ったように、キッズルームの中二階に走って向かう「すーさん」(笑)。

 

そうだ!頭を使うんだ「すーさん」(笑)。

 

間もなく降りてきた「すーさん」が持っていた武器は・・・・・・・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「変な棒」(笑)。

 

頭を使ったはずなのに、「変な棒」(笑)。

 

 

 

しかし・・・・・・・・、

勝ち誇ったような不敵な笑みを浮かべる「すーさん」の前に・・・・・・・、

 

立ちはだかるように待ち受ける、暴君・壁下が持っていたものは・・・・・・・・・、

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さっきまで「すーさん」が得意満面で遊んでいた巨大ブランコ(笑)。

 

 

「すーさん」せっかく頭を使ったからには、必死で攻撃するも・・・・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まったく、歯が立ちません(笑)。

まるで、歯が立ちません(笑)。

 

この後、前記した状況と全く同じ展開へ(笑)。

写真を撮るのすら無意味と思えるほど、全く同じ展開へ(笑)。

DVDの同じ場面を再生しているかのように、全く同じ展開へ(笑)。

最後に「すーさん」が精根尽き果て泣くとこまで、全く同じ展開(笑)。

 

 

ここで、終わるかと思いきや・・・・・・・・・、

頭を使い始めた「すーさん」、なんと、武器を強化し始めます(笑)。

すごい精神力と闘争心と創意工夫です(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

なんと、「変な棒」に、「自分の靴」を装着(笑)。

 

「もっと、強いのにしてやるからな・・・・・・。」

独り言を言いながら、

 

「すーさん」の編集力発揮!!!!!(笑)

組み合わせの妙!!!!!(笑)

今回の研修で、私が参加者に何度も伝えた「新たな価値創造=編集力」の定義を、

まだ保育園児の「すーさん」が目の前で実践している!!!!!!(笑)

 

見よ!!!!!全ての経営者・ビジネスリーダーが見習うべき、この勇姿!!!!!!!!(笑)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「新たな価値」=「変な棒×靴」の武器、完成の瞬間(笑)。

 

 

この後、新兵器で暴君・壁下に立ち向かうも、案の定、8回目のDVD再生・・・・・・・・・・(笑)。

 

ここで、しかたなく私が再度のアドバイス。

「すーくん、ちっちゃいのはダメだよ。それだと、カベシタにはかなわないよ。もっとおっきい武器を持ってくるんだ。」

 

このアドバイスを聞いて、何かを閃いた「すーさん」、またもキッズルームの中二階へ向かい・・・・・・、

そして、持ってきたものは・・・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「変な棒+大きいぬいぐるみ」×2

(でも今度は、靴は履いている(笑))

(笑)(笑)(笑)

 

考えました(笑)。

「すーさん」考えました(笑)。

確かに大きい(笑)。

それは、大きい(笑)。

柔らかくて、優しくて、可愛いけど、確かに大きい(笑)。

 

さらに、それが二つ(笑)。

のっけから二丁拳銃状態(笑)。

 

 

正真正銘完全武装(笑)で、本当の最後の戦いに挑む「すーさん」!!!!!(笑)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

しかし・・・・・・・・、

やはり、しかし・・・・・・・・・・、

案の定、しかし・・・・・・・・・・・・・(笑)、

 

暴君・壁下、なんの躊躇もなく、なんなく二つのぬいぐるみを振り払い(笑)、

バックブリーカーのまま、

 

 

最後には、宝生亭のロビーを走り抜け・・・・・・・、

 

雪の降る正面玄関の自動ドアが開き・・・・・・・・、

 

そのまま外へ出ていき・・・・・・・・・、

 

そのまま自動ドアが閉まり・・・・・・・・・・、

 

そこから先は、私は何が起こっているか、まったく確認ができませんでしたが・・・・・・・・・・、

 

 

 

ちなみに、これは、キレイな中庭の画像(笑)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

数秒後に、雪の積もる外で、「すーさん」の泣き叫ぶ声がこだまするのが、悲しく聞こえてくるのでした(笑)。

 

 

 

「すー君」、よくやった。

今回の君の闘い、ツヴォイのおじちゃんは、最後までしっかと見させてもらったよ(笑)。

立派だった(笑)。

そして、最後の最後まで闘い抜いて、そして散って行った自分を誇って欲しい(笑)。

いつか、君が大人になった時、このブログを読んで欲しい。

そして、世界中の経営者やリーダー達に、君がやってきた大切なことを教えてあげて欲しいんだ。

 

プライドを持つこと。

何度でもチャレンジすること。

決して諦めないこと。

他人の助言を聞くこと。

創意工夫すること。

編集すること。

新たな価値創造すること。

仮説を立てること。

実験してみること。

まず行動してみること。

闘争心を持つこと。

失敗を恐れぬこと。

失敗を失敗と思わぬこと。

学習すること。

何度でも立ち上がること。

ともかくやってみること。

やってみてダメなら、変えること。

強い強い精神力を持つこと。

魂で闘うこと。

弱い自分も認めること。

時に絶叫してみること(笑)。

 

 

今回の君の闘いには、これからの時代に必要なリーダーとしての要素か全て詰まっているんだ(笑)。

それを君は、実践し、立証してみせたんだ(笑)。

 

ツヴォイのおじちゃんは、君に教えられたよ。

夜空にこだました、最後の断末魔の声の響きは、決して忘れないよ(笑)。

 

 

そして、帰りの加賀温泉駅の近くのマクドナルドで、暴君・壁下にハッピーセットを買ってもらって、おまけのリラックマで、すっかりご機嫌になっていた、現金な君も忘れないよ(笑)。

 

 

大丈夫、あの天敵、暴君・壁下は帰っていったから(笑)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

もう二度と君の前に現れることはないだろう・・・・。

(と、思う(笑)。)

(と、いうか、君はすでに忘れていると思う(笑)。)

 

 

また会おうな、「すーさん」。

思い出は、蜃気楼のように、消えていくけど、

また大きくなった君を楽しみにしているから(笑)。

また会えるのを楽しみにしています。

暴君・壁下と一緒に(笑)。

 

教えられた闘いでした(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ