一つの情報は受け手によって変っていく(笑)

私にとっては、すでに月一回の楽しみの恒例となった

「(株)ウィザップ東京支店・ウェルカムホワイトボード・お絵描きコンテスト」(笑)。

この日も素晴らしい精鋭達の名品が勢揃いです(笑)。

 

この日の「#今日のお絵描き」テーマは・・・・・、

 

ゴジラ!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

おぉ、そうか、さすがウィザップ・メンバー、私の嗜好に合わせて気を使ってくれていたのだっ!

と一瞬思ったものの・・・・・・、

 

君達、何にも描いてねーじゃねーか!(笑)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

あ〜の〜な〜、

テーマも何も、書いた本人達が描いてなきゃ、ウェルカムもクソもねーだろっ、つーの!(苦笑)

 

 

と、いう訳で、その場で全員描くことに(笑)。

時間がなかったので、ルールは「何も見ずに」(笑)。

 

まず、トップバッターは、

紅一点の「ジュンコ」こと西山ちゃんのゴジラ。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あ~、の~、な~、・・・・・・・・・、

これ誰だったっつーの・・・・・・・・(苦笑)。

どう贔屓目に見ても、「ピグモン」か「ジャミラ」だよ。

本人、どっちも知らんだろーけど(苦笑)。

 

 

 

 

続いて描いたのは・・・・・・、

萌えキャラの分別がつく青年(笑)「カイト」こと古川君・・・・・・・・・・。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・・・・・・・・・、

トカゲですか・・・・・・?

口から何出してるんですか・・・・・・・・?

どう贔屓目に見ても「ベムラー」じゃねーか???

本人それすらも知らんと思うけど・・・・(苦笑)。

「影があったらゴジラになるんですよ、影。」

と言いながら、影つけても、トカゲ怪人のままなんですけど・・・・・・・・。

 

 

 

続いては、いよいよ、大御所の「バブ」こと藤田君。

後輩2人を前に、

「お前ら、全然ダメじゃねーか。ゴジラっていうのはなぁ・・・・・。」

と余裕しゃくしゃくで書き始めたのは・・・・・・、

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・、

・・・・・・・・・・・・・、

 

贔屓目に何かに見ることすらできない程に(笑)、もはや、ただの物体と化しています・・・・・(苦笑)。

 

 

「そうか、黒くすればいいんだな、黒くすれば。黒くすればゴジラになるんだな。」

と独り言を言いながら、藤田君が修正したのは・・・・・・・、

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

・・・・・・・・・・・、

・・・・・・・・・・・、

 

黒くしたところで、誰ですか?これ・・・・・・。

 

何ですか?これ・・・・・・・・・。

 

口から出してるのは、ゲ〇か何か吐いてるんですか・・・・・・・?

 

 

 

スゴイです、この人達(笑)。

同じ場所に描くのすら躊躇しましたが、一応ルールなので、私のゴジラも描いておきましたが・・・・・、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

もはや、彼ら3人の画伯の作品の迫力の前には、何の意味も持たない状態です(苦笑)。

「あ、そうか~、ゴジラは背びれがあるんだな、背びれが・・・・・。」

「あ、そうか~、影じゃなくて、皮膚の感じが大事なんだな、皮膚の感じが・・・・・・。」

「あ、そうか~、目が大事なんだな、目が・・・・。目が点だと怪獣に見えないんだな・・・・・・。」

「あ、そうか~、黒色にするんじゃなくて、点々を描けば良かったんだな、転々を・・・・・・・。」

「あ、そうか〜、尻尾が長いんだな、尻尾が。ゴジラは尻尾なんだな・・・・。」

 

・・・・・・・・、私が描いていくのを見ながら、様々な「あ、そうか~・・・・」を連発する3人の画伯達(笑)。

 

だからと言って、もう一度描いても変わらないと思いますが・・・・・・(苦笑)。

 

 

情報は、常に一つなのです。

しかし、受け手によって様々な意味と解釈が発生するのです。

この本質を、彼らは見事に証明してくれています(苦笑)。

この4体のゴジラ達が(笑)。

ありがとう、ジュンコ、カイト、バブ・・・・・。

君達の才能のお蔭で、この日も中身の濃い、学び多き研修を行うことができました(苦笑)。

 

スゴイ才能です、この人達は(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ