ファッションは戒めの果てに(苦笑)

image

たまに着るビジネススーツスタイルというのは、たまに着るが故に気づくことが多くて、

それは、購入した時は特に違和感なく着れたのに、月日が経って腹回りがキツくなってることを自覚させられまくる程度のことですが(苦笑)。

 

ファッションというのは、生活に彩りや楽しさを感じさせてくれたり、個人の主張を表現したり、お会いする方々への想いを表現するものだったり、その用途や意図、TPOは様々ではありますが、

何を隠そう、私としては、「自分への戒め」という意味では、体重計や鏡なんかよりも何倍も効果的であることは確かなようです(苦笑)。

 

などということを考えながら、ベストのフロントボタンをかけると、息苦しくはち切れそうなのを、今日も1日我慢しなくてはならないのか、何とかしないきゃな、と100%自分ごととして捉えるのでした(苦笑)。

何より、本来楽しくあろうとする前提のはずの装いというものが、現実には拷問極まりないものになっているのはおかしいんだな(苦笑)。

容姿の中で、体型だけは言い訳なしの自己責任なわけで、単に腹が出てるだけってのは、恐ろしく愚鈍な印象与えるもんなぁ(苦笑)。

いい加減戒めよう(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ