「やりたいこと」と「似合う」かどうかは別物であることは自覚しておこう(苦笑)

帽子が似合いません。

被ってみたいんだけど、どのタイプもイマイチ似合いません。

 

よって、被り物である以上、カツラもイマイチ似合いません(笑)。

被ったら面白いんじゃないか?と思ってやってはみるのですが、

別の意味で面白いとしても(笑)、似合うかどうかという意味で、あまり面白くありません(苦笑)。

(まぁ、そんなもん、どっちでもえぇんだけど(笑)。)

 

やりたいことと、似合うこととは違います。

両方がぴったり合えば、そりゃ最高なんだけど、なかなかどうして合いません(苦笑)。

 

はたから見て、やりたいことをやって成功しているように見える人も、100%やりたいことだけで生きているか?というと、案外そうでもなかったりするわけで、

でもそれを受け入れて、いまの自分にできることの中で精一杯で素敵に生きているから、

そういう生き方そのものがとっても素敵なんだろうな、あぁ素敵だな、と思うのです。

 

「やりたいことを、やりたいように、やればいい。」

「やりたいことだけやればいい。」

という言葉は、言葉だけ聞けばとても心地良いだろうし、自分らしく生きていく上で大切な考え方であることはよくよく分かってはいるつもりですが、

でも、それは、断片的にだけ捉えると、時として、とても無責任だったりもするわけで、

その道だと、能力もセンスも実力もキャラも、全然違うだろ、似合わないだろ、というのに関わらず、

その人をその気にさせてしまって、取り返しのつかない方へ向かわせる危険性もあるわけで、

それが、ビジネスの世界となればなおさらで、実際に人の人生のリスクを伴う以上は、相手を見て言うべきだし、

聞いた方も、いくらなんでも少しくらいは慎重に考える思考力は必要でしょう。

そもそも「やりたいことをやりたいようにやる」だけでいいなら、3歳児と変わらないっつーの(苦笑)。

いくら何でも、3歳児にはまだビジネスはできませんから(笑)。

 

こういうのは、えぇ年こいてんだから、言う方も言う方でしょうが、聞く方も聞く方だろ、ということになるんでしょうね。

簡単にその気になるのはいいとして、簡単に何の策もなく突っ込んでくなよ、と(苦笑)。

 

この被り物、被ってみたら面白いかなぁ?というのと、

実際に被ってみて面白いかどうかは別なわけで(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

似合わないものは、どんなに格好つけても、視点を変えたところで、似合わないものは似合わないわけで(笑)、

それは、他人がどうおだてようと、無責任に持ち上げようと、自覚する側が自覚せねばならないということを、

全力でカツラを被ってみて実感するのでした(苦笑)。

 

そういえば・・・・、

周りからは「成功している」と評されている、ある経営者の方が言っていました。

「私は、今まで必死で走ってきたから、改めてやってきたことを振り返ってみて、

この仕事がしたかったとか、この商品を愛しているとか、好きで好きで仕方ないとか、

そういうのなんてなくて、なんとかやってかねばならなくて・・・・、

今まで自分がやってきたことの中で、今の自分ができて、何とか仕事になることを何とか選りすぐって、必死でやってきただけ・・・、

それがホントのとこであって、もともとはこの仕事を始めた時には、そのものに高い志なんてなかったんですよ。」

と教えてくれました。

 

私には、その姿に、その人の本音と、その人のリアルな「やりたい」と「似合う」があると感じたのを、フと思い出しました。

 

 

被り物は何しろ似合わない(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ