子供の頃は、夏の雲も出会う子もすぐにお友達になれた

今日からまた遠征に入るってことで、東京行きの新幹線の中から更新です。

昨日、名古屋事務所で長時間のミーティングしてて、当然遊びながらになるので(苦笑)、

なにげに、置いてある麦藁のテンガロンハットかぶってみたら、

「そうやって見るとホントに白髪のハゲみたいですねぇ(笑)。」

と言っていたので、鏡を見てみたら、ホントにそうでした(笑)。

 

その時の画像を撮り忘れたので、新幹線の中で、上の髪の毛をカットして自撮りしてみたんだけど、でも、大して面白くありませんでした(苦笑)。

 

一応傘持ってこうかな、とか思ってたら、名古屋駅に行くまでに、いきなり雨が降り始めて、

なんか知らんけど、また荷物が多いです(苦笑)。

 

 

今日の富士山はどんなんかな?と思って見ていたら、今日は雲がモクモクでした。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

子供の頃に、夏の雲を見ながら、あの雲はあの怪獣、あの雲はあの宇宙人と、妄想していて、夏の雲はお友達だったなぁ、と思い出していました。

 

会議もミーティングも、参加者が、み〜んな、みんな、お友達になって、遊んでいるみたいになれば、楽しくて効果的になると思うんです。

人は、ホントは、子供の時みたいにすぐにみんなお友達になれるし、子供の時みたいに何でも楽しくなる工夫ができると思うのです。

 

とか何とか考えながら、今日の研修に、ある新ネタをどう盛り込んだり組み合わせるかを考えたりもしていて、

脳は落ち着きがありません(笑)。

 

今回の遠征も、私も皆さんも楽しいことが一杯になるといいなぁ。

子供のまま、お仕事に行ってきます〜。

みんなお友達になれる。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ