その「大丈夫」は京都限定なのか?(笑)

京都から東京に向かっています。

 

新幹線・京都駅のホームで、サンドウィッチとコーヒーを買おうとしたら、

ほら、京都って外人さんが多いじゃない?

私の前で買い物してた外人さんが、手間取ってて、でも、売店のオバちゃん、英語ペラペラで、そうは見えないから余計にカッコいいの。

 

でも、そんなこと考えてたら、どんどん時間が過ぎてて(笑)、私が注文した時は、結構時間が経ってて、

新幹線がホームに着いちゃったのね。

「うわ、来ちゃった。」

って言ったら、オバちゃん、

「あぁ、大丈夫、大丈夫。」

って、全然余裕で(笑)、サンドウィッチとコーヒー準備しながら、

「砂糖とかミルクどぉします〜。」

とか言ってるうちに、新幹線止まるわけ(笑)。

 

結構、慌ててたら、私の仕草見たオバちゃん、

「あぁ、大丈夫、大丈夫、止まったとこだから、まだ全然大丈夫。」

って全然余裕なの(笑)。ホントに余裕(笑)。

 

会計とか済ましてるうちに、降りる人とか出て来てて、

ヤバくないか?これ、と思って振り向いたりしてたら、

「あぁ、まだ大丈夫、大丈夫。全然大丈夫よ〜。」

って、オバちゃん、全然余裕なの(笑)。

 

ホントに大丈夫なんかよ?と思いながら、お釣りとかもらってたら、

そんなことしてるうちに、乗り込む人達がどんどん入ってくわけ(笑)。

 

そしたら、オバちゃん、

「あぁ、領収書いるんだったわね〜。」

と言って、レジいじってて、こりゃホントにヤベーんじゃねーか?と思ってても、

「は〜い、コレね〜。」

って、領収書渡されて、そんときゃもう、ホンットにギリギリで(笑)、

大きな荷物持った外人さんが、乗り込むのに手間取ってたからいいようなもんの、

その人達いなかったら、新幹線のドア閉まってるタイミングだったっつーの(笑)。

 

もしかしたら、外人さんが多い京都駅だから、そこまで見越して「大丈夫、大丈夫。」って言ってたんかな?(笑)

だって、ある意味、大丈夫だったもんな(笑)。

 

だとしたら、あのオバちゃん、英語もペラペラだし、外人さんの動向も辞めてるし、ホントにカッコいいな(笑)。

 

今日も楽しくなりそうだな(笑)。

オバちゃん、ちょっと焦ったよ(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ