見るたびに変わっている事務所は現実か幻か?(笑)

遠征から帰ってきたら、TOSBOI STUDIO事務所の隣の家がなくなってて(笑)、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

遠征から帰ったら隣の家がなくなってた(笑)

一夜明けたら、今度は、足場が組んであって、幕が張ってあった(笑)。

 

見るたびに、知らない間に見慣れぬ風景になってて、明日はどうなってるんだろう?(笑)。

ってかいうか、どうなっていくんだろう?(苦笑)。

 

さすが60年近くも立ってた古い家屋、色んな箇所が明らかになればなるほど、色んな現実と問題が露呈していきます(苦笑)。

 

開けて見るまでは、何がどうなるかさっぱり分からないのは、私の講演スタイルと同じだったりして(笑)、

大枠の方針や方向性が分かっていれば、細かいことは、気にしない気にしない(笑)。

 

ってか、出てくる問題、あんまり細かくねーぞ(苦笑)。

来週からまた、出たり入ったりだから、次の見た時、一体どうなってんだろう?(笑)。

 

帰ってきたら記憶と違っていたり、

一眠りしたら風景が違っていたり、

浦島太郎のお話は現実にあるということを知りました(笑)。

 

こういうのが目の前で起きてると、何が本当のことで、何が幻なのか、よく分からなくなったりするから(笑)、

「思い込み」とか、「常識」とか、「普通」とか、「日常化」とか、そういう知らぬ間に頭の中に宿ってしまっている概念ってのは、

実は、モロくて、オボロで、曖昧なんでしょうね。

 

そんなことを思いながら、次に見るときは、どうなってるんだろう?

そもそも、ちゃんとあるのかすら、疑っておこう(苦笑)。

 

家も歳とるんだね(笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ