知っている知識を全部教えることが正しいとは言えない(笑)

昨日の東京でのお仕事の帰りに、光る東京タワーを口から出してみようと思って、

自撮りしてたんだけど、なかなか上手くいかなくて、

ちょうど一緒にいた(株)ウィザップのバブこと藤田君に、「撮って」とお願いしました。

 

初めて撮らされるバブは、東京タワーが完璧に口径に合うように意図するも、撮っては、

「こ・・・、これ難しいなぁ。」

と日頃の私の苦労を理解しながら(笑)、予想外の完璧な一枚を撮ってくれました(笑)。

 

その様子を見ながら、

(そうか、あれこれ全部教えるのでなく、目的に対して、本人が創意工夫しながら、一つ一つ色んなことを憶えて、完璧にできるようになっていくんだな・・・・。)

と教えられました(笑)。

 

その日、ずっと心残りだったことの一つを思い出しました。

向かう途中の山手線の品川ー浜松町の車両の中で、

ママに抱かれた二歳くらいの男の子が、一番前の車両の前部窓から、

モノレールや新幹線を見つけては、「あ、モノレールだぁ!新幹線だぁ!。」と、まだ発音もたどたどしく嬉しそうにはしゃいでいました。

手に持ったプラレールの新幹線を振りながら、

「コニカ♪コニカ♫プラレール♬

コニカ♪コニカ♫プラレール♬」

ずっと歌っていました。

 

それを微笑ましく見ながら、どうしても

「ねぇ、ボク、それを言いたいならね、『コニカ』ではなくて、『トミカ』なんだよ。

コニカはね、もともと日本のフィルムメーカーでね、2003年にミノルタと合併してね、今はコニカミノルタになっててる日本の電気機器メーカーなんだよ。

手に持ってる新幹線のオモチャはね、『トミカ』って言うんだよ。

だから、歌うんならね、『トミカ♪トミカ♫プラレール♬』が正しいんだよ♡。」

と、どうしてもちゃんと教えてあげたくなったのですが(笑)、

余計なことかもしれないと躊躇して、言うのをやめたのでした(笑)。

 

本当にそれで良かったのか?

私は、自分がどう思われるのかという保身の為に、相手の間違った知識を教えてあげなかったのは本当に正しい判断だったのか?(笑)

 

そんな自己嫌悪の気持ちと共に、この日一日、ずっと頭の中で

「トミカ♪トミカ♫プラレール♬」

とリピートし続けていた悪夢は、バブが撮ってくれた会心の一撃のおかげで、払拭できたのでした(笑)。

 

まだできていないからといって、全てを教えるのではなく、

その人が自分でできていくことが成長であり、喜びであることを、

改めて教えられるのでした(笑)。

 

 

あの男の子、いつか、『トミカ』とちゃんと言えるようになるといいなぁ(笑)。

元気に楽しく、すくすくと育ってね、と、心から願うのでした。

 

まだ、頭ん中を「トミカ」の歌が巡っていますけど(笑)。

願うばかりです(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ