眠れぬ夜を諦めてもアホは変わらないから安心(笑)

image

遊んでばっかりいて(苦笑)、睡眠時間そのものは少なくて、身体は疲れているはずなのに、

脳が異常にまわってしまって、なかなか寝れないということがあります。

 

まぁ、そういう時はそういう時なので、確か佐野元春の何かの歌の歌詞にあったように、

「寒い朝、夜明け近く、眠れぬ夜を諦めて、友達からの長い手紙を読み返す」

よろしく、明日は明日の風が吹くとばかりに寝るのは諦めて、気がすむまで考えるのがいいですね(笑)。

 

まるで答えなどないような、あるいは、答えを出したところで、それが本当の答えなのかどうか分からないようなことでも、

考えることでもそのものに意味があると信じている口なので、これはもうどうしようもない(苦笑)。

 

私の主張としては、諦めがつくまで考えて考えて考えてまくるべきです。

明け方近くに、少しづつ空が明るくなってきて、あぁ、今日はもうこのままダメだなぁ、と寝ることの方を諦める何とも言えない切なさは、

まるで、佐野元春の歌詞の主人公になったような気がして、案外好きだったりもします(笑)。

 

そうこうあがいている過程の中で、ごくごく稀にですが、

夢かうつつかわからぬような頃合いに、あちこち散らばってバラバラだったパーツが、一気にバババっと繋がって、あぁ、ここだったのかと、ハタと気付いて慌ててメモしたり、一気にノートに書きつらねることはあって、

予期せずやってくるその瞬間そこは、代え難い快感と言えば快感です(笑)。

 

あぁ、まるで、クチャクチャだったリボンが、キュッと綺麗に結べたみたいな感じがそのイメージ通りだなぁ、

と思え看板を見つけて、アホ自撮りしてみたはいいですが、

寝ないことのリスクは、起きている時間も果たして自分が何をやらかしているのか、夢うつつ状態であることに気づかされるのでした(苦笑)。

これじゃ、今が夢なのか、現実なのか、どっちがどっちだか、よく分かんねーじゃねーか(苦笑)。

まぁ、どっちも半々で逃避できるから、それはそれでいっか(笑)。

 

寝てても寝てなくてもアホは変わらない(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ