喧騒と切なさの果てに人を知る

image

昨日の帰りの画像です。

ほとんどの人達が、新宿方面へのホームへ向かう中、

田舎方面へと泊まりに行く人と、田舎方面そのものが帰りの人と、

要するに「ゆかりん」先生と勝村先生と一緒でした(笑)。

 

私は町田で降りて、

町田は何度か訪れた街でしたが、泊まったのは初めてでした。

なんだか新鮮で、ゆっくり探索したい気持ちを抑えて電車に乗ったところです。

 

昨日の夜に戻します。

小田急線・和泉多摩川駅の人気の少なくなった駅は、

楽しかったり興奮したりしたひと時が、気がつけばあっと言う間に過ぎ去ってしまっていて、

少し寂しくて、切なくて、喧騒のままドタバタも終わっていく中、もう少し一緒にいたくて・・・・、

あの、子供の頃に、お祭りが終わった後や、プロレスを見終わってしまって会場を後にしていく時の、

駅を乗り継ぐたびに日常へと戻っていってしまう感覚に似ていて、

郷愁という病に相応しい感傷的な気持ちになれました。

 

きっと、人というのは、そういう幾多の感情を心に刻みながら、

人になっていくんだろうなぁ、などと思いながら、

今日も、出逢える人達と、そんな1日になると素敵だなぁ、

などとも思いながら、

今日も一日頑張ろうと思うのです。

 

切なさは素敵。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ