その先には必ず光かあると信じた結果、リアルに見えた光(苦笑)

image

自分が行きたい方向や、進みたい道があったとして、

でも、その向こうに何があるのか分からないことは日常的で、

でも信じよう、自らが信じた道を信じよう、と言い聞かせ、

そして、その向こうには必ず輝く光がある、という、

どこかで聞いたことあるようなセリフを思い出し、自らに言い聞かせ、

間違っていない、自分の進む道は間違っていない、

間違いなく輝く光が満ち溢れているのだ、と諦めず自らに言い聞かせ、

その光景をリアルに想像して進む。

進むしかない。

 

そうやって進んだのです。

私は男の子だから冒険好きだと言い聞かせて、

ジープだから大丈夫だろうと調子ブっこいて、

あり得ないような山道に行くにはこんな時しかないと、

悪路どころじゃない山道を突き進んで、

入ってみたら、途中で引き返すことすらできないような山道で、

とにかく行けるとこまで行くしかなくて、

何とか頂上まで行って、切り返して、

登った同じ山道を何とか戻ってきて、

男の子はやっぱり冒険が大好きなのさ、と思っていたら、

山道が終わって、舗装された道路の山道に入っても、

なんかタイヤがガタガタいいまくるので、

降りてみて、見てみたら、

 

 

クソ思いっきりパンクしてました(苦笑)。

 

民家もまばらな道で立ち往生しながら、

さすがGW中で、どこのクルマ屋さんもやってなくて、

雨が降り始めて、恐ろしく風も吹き始めて、このまま俺は死ぬのか?と心細くなって、

最悪、JAF呼べばなんとかなるとは思ったけれど、

こんな山の中に来てくれるまで、どんだけかかるんだよ?とか、

その前に、よくよく考えてみれば、自分が今いる場所すらよく分からなくて(苦笑)、

ナビとかスマホとか、電波悪すぎて位置表示が全然あてにならなくて(苦笑)、

 

でも、心優しいクルマ屋さんの息子さんが電話に出てくれて、

泣きそうになって状況説明したら、

「ちょっと時間かかりますけど、私で良ければ行きますよ。」と言ってくれて、

助けに来てくれたその軽トラが見えて、

朴訥とした田舎の若いクルマ屋さんが、雨の中に見えた時、

想像してた光とは全然違うけれど、

私には本当の光に見えたのでした(苦笑)。

 

何とか応急処置してもらって助けてもらったのでした(苦笑)。

 

どんなに言い聞かせても、信じても、

現実は現実なのですね(苦笑)。

 

ありがとう、クルマ屋さん。

また次回来た時に、お礼しに行きます。

マジで心細くて、光に見えた(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ