そこにあるはずのものほど儚く虚ろで曖昧なのさ

image

今にも持てそうな太陽なのに、なかなか手に取れませんでした。

ずっと、見つめていたい美しさなのに、一瞬であるがゆえの美しさを知っている虚ろな時。

太平洋側にいても、日本海側にいても、山にいても、川にいても、海にいても・・・・、

そこにある現実ほど虚ろで、永遠にしておきたいものほど一瞬で、手に入りそうなものほど儚く・・・・・・、

裏腹に、時を越え、人の想いを過ぎ、歴史を刻むあれこれを目の当たりにする・・・・・。

「Can not stay gold・・・・・」

多くの自然と、人の想いを積み重ねたであろう歴史から教えられるのは、高校の映画鑑賞会で観た「アウトサイダー」のワンシーン、あまりに儚く切なく意味深いセリフを思い出してしまうのです。

持てそうなのに・・・・・。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ