そんな面倒なことしたくなければ諦めればいいだけなんだよ。

ビンテージと思わしきアメリカの消防隊のヘルメットを見つけました。

スティーブ・マックイーン演じる「タワーリングインフェルノ」のオハラ隊長のそれに似ていて、

(映画のは白色だけど(苦笑))

これは滅多に巡り会えない代物と思って、一応被ってみました。

実際に被れるかどうかは大して重要でないにせよ、反して被ってみてマックイーンになりきれるかどうかは重要だったりします(笑)。

 

そんで、被ってみたら、頭がデカくて、全く被れませんでした(笑)。

顔が長くなってます(笑)。

 

このヘルメットが似合うように被りたければ、方法は2つしかありません。

① 頭の大きさを縮める

② ヘルメットを大きくする

どちらも面倒くさいです(苦笑)。

だから、私は購入を諦め、改めて、コレクションとしての価値があるかどうかに切り替えました。

結果、値段と相談して、購入を諦めました。

欲しいは欲しいけど、2つの選択肢の面倒なことと引き換えにしてまで欲しいか?というと、

そこまでしてまでは欲しくないと判断したわけです。

 

恐らくは、他人に相談しても、被りたいなら、面倒などちらかを選ぶしかないし、

面倒をしたくないなら、買うのを諦めるしかないよね、

と極めて冷静で的確な判断をすると思います。

 

こういうことは、誰もが選択し、判断し、得たり、諦めたり、日常的に当たり前に判断して、そして、忘れていきます。

 

でも、経営になると、多くの経営者はその当たり前の判断ができません。

誰もが、利益を得たい、利益を出したい、と言うし、それはそれで本気では言っています。

一定期間において、今よりも利益を上げるには、2つしか方法はありません。

① 粗利額を上げる

② コストを下げる

です。

そして、それは、ヘルメットと同様に、どちらも面倒くさいです。

口で言うのも簡単だし、知識を得るのも簡単だけど、

いざ、実際に具体的行動にまで落とし込んで、一つ一つを着手しようとすると、

かなり面倒くさいです。

 

そこまで面倒くさいことをして、そしてやった結果が保証されていない、そこまでしてまで、利益は得たいのか?

 

そういう選択に対して、判断をするだけです。

 

でも、欲しいヘルメットは購入を諦められるのに、

利益に関しては、何故か諦めません。

 

諦めないなら、面倒などちらか片方を選択して進むしかないのに、

面倒なことはしたくない、でも利益は諦めたくない。

 

こと、経営における利益になると、面倒なことはしなくても、利益が手に入る魔法のランプがどこかにあると信じて、

探し続ける人がとても多いことを、私は、それが不思議で不思議でしかたないのです。

 

粗利額を上げるか、コストを下げるか、どちらでもいいけど、

どうせやるなら楽しもう、とか、好きなことでやったろう、とか、まるで遊んでるような感覚でいよう、とか、ゲーム感覚を取り入れよう、とか、

それなら、よく分かります。

 

でも、楽しむ前に、好きな前に、遊び感覚の前に、ゲーム感覚の前に、

利益が欲しいなら、どちらも面倒で難関な、どちらかを選択すべきです。

利益が欲しいなら。

 

そんな面倒なことまでしてまで、利益が欲しくないなら、

利益を得るのは、ヘルメットを諦めるように、

諦めればいいだけです。

 

 

あぁ、それにしても、

頭を縮めるのも面倒くせぇし、

ヘルメットを大きくするのも困難だろうし、

どっちもやりたくねーけど、

あのヘルメット、似合うように被りてぇなぁ(苦笑)。

 

 

当たり前のことほど意思決定できない(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ