成果を出せない経営者の姿を一発で表現できないものか?(苦笑)

ビジネス書を読んで知識を得て、そんで何もやらない。

セミナーを聞いて知識を得て、そんで何もやらない。

研修に出て感動して、そんで何もやらない。

だから、経営スキルは何も上がらない。

経営スキルが上がらないから、業績は良くならない。

業績が良くならないから、これはいかんと、また本を読んで、セミナーに行って、研修に参加して、

そんでまた何もやらない(笑)。

 

このサイクルを完璧にこなしながら、見事な破綻への道を着実に進む。

でも、大切な仲間ができた、と言う。

でも、そういう人達と時間を共にし、語り合うのは本当に勉強になるし、かけがえのない財産と言う。

でも、いざ、経営が立ちいかなくなると、かけがえのなかったはずの仲間達は、知らん顔して批判者に回る。

かけがえのなかったはず財産は、何の担保もなく、具体的な援助は一切得られない。

せいぜい、どーした、どーした、どーする、どーする、と心配顔して相談に乗るフリして、

興味本位に聞いてくるだけで、なんか言えば、だからお前はダメなんだよ、と評論して終わり、

挙句、周りの人達に、だからあいつはダメなんだよ、だから、こう言ってやったんだよ、と騒ぎまくられて終わるだけである。

 

そういうのを目の当たりにして、さぁ、困った。

困った挙句、気がつけば、頼みの綱の、本を買うお金もなく、セミナーに行くお金もなく、研修に行くお金もなくなっている。

この時点で、誰かに相談したところで、誰も助けてくれないし、誰も助けることができない。

これが現実。

 

勉強は好きだけど、成果に繋がらない経営者にはこのタイプが多い。

残酷な現実を目の前に叩きつけられるまで、夢の世界を漂っている。

それは経営者ではない。

勉強者であり、浪費者であり、研修者なのであり、友達作り者なのである。

 

反対に、同じ本を読み、同じセミナーに出て、同じ研修に出て、シコシコと着実に成果を出し続ける人は、確実にいる。

その差は何か?

 

私の経験則のみで言えば、その差は、唯一、

得た知識や経験を、実際に行動に移したか、移さなかったか、だけである。

 

では、なぜ行動できた人と、できなかった人に分かれたか?

実際に行動に移す前に、得た知識を実際の行動に移せるように、

考えたか、考えなかったか、だけである。

 

行動せよ、と多くの人は言う。

しかし、実際に行動するには、行動に移すまでに、いかに行動に落とし込めるかを考える時間と思考が、多かれ少なかれ発生する。

その思考するという脳の行動が、億劫で、面倒でしかたないのである。

 

行動を起こさない人は、行動ができないのではない。

どうしたら行動に移せるのか、考えることができないか、考えていないのである。

 

 

という内容を文章にするにあたり、適切な画像はないものか?と模索していたところ、

色とりどりのキレイで素敵な光は浴びるのだけど、寝転がっているだけで、何もしない自分の画像が見事に撮れて(笑)、

あまりのリアルさに、あたかもその通りじゃん(苦笑)、とリアルに感じてしまって、

これは他人事じゃねーぞ、どーしよー、と思えてきてしまって、出さずにいられなくなりました(苦笑)。

 

分かりました、分かりました(苦笑)。

行動しては考えます(笑)。

考えては行動します(笑)。

他人のことなんてほっといて、自分のことを世界で一番心配していろよ(苦笑)。

 

しかし、見事に撮れました(笑)。

改造手術受けてるみたい(笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ