何でも叶えてくれる「ランプの精」はいるのか?いないのか?(笑)

「アラジンと魔法のランプ」に出てくる「ランプの精」みたいに、

3回こすったら何でも夢を叶えてくれる奴が出てきたら、スゲー嬉しいなぁ、と思って、

アイスコーヒーのミルク入れを遠近法で撮ってみたらどうなるか?と思ってやってみたら、

自分が「ランプの精」側になってて、夢を叶える側になってるじゃねーか?(苦笑)。

逆だよ、逆(笑)。

俺が叶えて欲しいんだよ(笑)。

俺は何にも叶えられねーよ(苦笑)。

 

 

時々、言われるんですね。

「経営状態を良くする為にどうしたらいいですか?なんかいい方法はないですかねぇ。」

と、「良くなる方法」が、どこかにあると思って、ずっと探し続けている人が。

 

私は自信と責任を持って答えます。

「知りません。

なぜなら、私は、あなたではないから。

あなたに才能があるのかないのかも分かりません。

私が伝えられるのは、あなたがする努力の方法だけです。」

私はその答え方は完璧に正しいと思っています。

言うか言わないかは、相手を見て決めますが、言おうと言わまいと、心の中は、そう決まっています。

 

1つ目に、

業界や環境や市場のことを調べたり、人に興味を持って何かアクションを起こしたり、自分とは違う価値観の人達と関わったり、

そういう自分以外の誰かのことを、よくよく観察したり分析したりすることや、

 

2つ目に、

自分だけの誰にも負けない得意分野や好きを、独りよがりではなく、客観的によくよく考えたり、

そうやって、「他人軸と自分軸の接点」を考えたり模索するのは、

それは、本人の「努力」の領域です。

そして、その2つの軸の接点がどこにあるのかは、私でも誰でもなく、「あなた」にしか分かりません。

 

そんなことは、独自のビジネスで圧倒的成果を上げてきている人なら、誰でも知ってるし、やってるのです。

言うか、言わないかは別として。

あるいは、意図しているか、天然でやっているかは別として。

 

その「努力」の方法を知っても、努力すらしたくないのなら、それは、私の手に負える範囲ではありません。

だから、私は知らない。

 

繰り返しますが、なぜなら、私はあなたではないから。

 

 

ということを、日頃考えたり、言っていたりするけれど、

かく言う私は、

3回くらいこすって呪文を唱えたら、

何でも叶えてくれる「ランプの精」が出てこないかと、地道な努力をしているのです(笑)。

 

いねーかなぁ、どっかに(笑)。

いねーよな、そんなもん(苦笑)。
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ