全てはまるでグラデーションのように・・・・

image

移動先がどこもいい天気で心地良いです。

飛行機の窓から、青空が広がっていました。

近くの海と、遠くの海と、薄っすらとかかる雲と、空の青の区分けのつかない曖昧なグラデーションがとっても素敵だなぁ、と思って眺めていました。

 

こういう場面に出くわすと、世の中には明確な区分けなんてのは、本当はないんだろうなぁ、と思えてきます。

 

白がいきなり黒になることはなくて、

白がいきなり青になんてなってなくて、

マリンブルーとスカイブルーの変化ですら明確ではなくて、

 

入学して初めて会った子も、1年経って、知らぬ間にお友達になっていたり、

部活で初めて会ったメンバーも、3年経って、気づけば強固な絆ができていたり、

好きになった人も、初めて会ってから時が経って、気がついた時には好きになっていたり・・・・、

 

本当は、どこがどうなったなどという明確な区分けなんてなくて、

最初があって、それからほんの少しづつ少しづつの関わりの中から、

気がつけば、空のグラデーションのように曖昧で形容のし難い変化を経過して、

気がつけば別の色や気持ちになっている、

というのが本当なんだろうなぁ、と思うのです。

 

ビジネスの現場でも、自然や恋愛のグラデーションと、まるで同様に、

初めて出逢った人が、いきなり顧客になるのではなくて、

最初は他人だったのが、いきなりファンになるのではなく、

少しづつ少しづつ歩を進めながら、近づきながら、

だんだんと、徐々に、青のグラデーションのような過程があって、

気がついたらそうなっていたというのが本当で、

そうなって行く過程の中に本当の価値があるのだと思いながら・・・・、

 

自分の講演では、いつも、

「会って、いきなりエッチしようなんて言わないでしょ?

言われても、する奴なんていないでしょ?」

なんて、えげつない例えじゃなくて(苦笑)、

空のグラデーションがどうのこうのと、

もっと綺麗で素敵な例えができんもんかねぇ、と自分に言い聞かせ、

反省させられるのでした(苦笑)。

 

心は綺麗、表現はえげつない(苦笑)
応援クリックお願いします~。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • follow us in feedly
ページの先頭へ